リフォーム

アイディアが湧いてくる!?アトリエ風リノベーションの3つのコツ!

     
アトリエ風リノベーション

アトリエのような家。家なのになんだか作業したくなるような、そんな雰囲気の家。画家が住んでいるようなアトリエ、デザイナーのアトリエ、建築家のアトリエ。最近カフェやショップでもそんな雰囲気の空間が多い気がします。今回は自分の家をそんなアトリエのような空間にしたい!という人のために、アトリエ風リノベーションのアドバイスをお伝えしていきます。

壁紙で造る?!

アトリエ風と言っても様々な雰囲気があります。

  • 無機質な雰囲気
  • カラフルなカントリー風な雰囲気
  • 雑然としたものがたくさんある雰囲気

皆さんの「アトリエのような家」はどんなイメージですか?例えば無機質で男の作業場!という雰囲気の空間。この場合やはりコンクリート打ちっぱなしのイメージですね。倉庫のような広い空間に、コンクリートやレンガの壁、タイルの床など。

じゃあ、そんな空間に仕上げるにはどうしたらいいのか。うちは木造住宅でそんな空間無理かな、、、と思ってしまった方!壁紙と床の貼替をしてみませんか?各メーカーさんから出ている壁紙は本当にたくさんあります。その中にはこれがクロス?!って思うような柄もあります。例えばこちら。

アトリエ風

もっと女性らしい雰囲気がいい!という方はこちら。

アトリエ風

この壁、皆さんの部屋にも貼れるんですよ。部屋の広さによっては一日で工事を終わらせることもできます。でも、壁だけじゃあちょっとうちのフローリングとは相性が悪いな…。と、感じた方は次へ!

床材で造る!

壁は気に入った素敵な柄が見つかっても、もう一つ重要なポイントとなるのは、やはり床!

床材選びの大切さについては、「床材の選び方(デザインと特徴を学ぶ編)」「床材の選び方(フローリング選びのポイント編)」にも書いてありますので読んでみてください。

じゃあアトリエ風の家にする際のおすすめの床はどんなものがあるのか。ちょっとご紹介します。まずはこちら。

アトリエ風床

やっぱり無垢板ですね。アンティーク加工されたウォールナット材だと尚良いです。

次はこれ。

アトリエ風床

ウッドワンのコンビットワンダー ウォールナットです。1.2mm天然木板が表面にはられ、オイル仕上げとなっているフローリング材です。無垢材よりは抑えた価格で施工も可能です。

いやいや、やっぱりタイルがいい!という方はこんなのはいかがですか?

アトリエ風床

床を変えると空間がガラッと変わります。でも、まだ足りないんです!空間を決めるもう一つ大事なもの。忘れてませんか?

インテリアで造る。

そう。インテリアです。内装はかっこいいアトリエ風の空間ができたのに、そこにいままで使っていた家具を置いちゃってもいいんですか?空間のイメージを決定づけるものはインテリアです。ここにもちょっとこだわってみませんか?

アトリエのような空間に合いそうな家具。私のおすすめはこちら。

アトリエ風家具

「CRUSH CRUSH PROJECT」アンティーク風なインテリアが豊富なこちらのブランド。アトリエのような雑多な雰囲気や、大人の隠れ家的な空間にも似合うものが多いですね。

ちょうどいいサイズの家具が見つからない!そんな方は作っちゃったらいいんです!

アトリエ風家具

好きなテイストに合わせて塗装もすれば、あなただけの特別な空間が完成するはずです。

憧れのアトリエがあなたの家に

ここまで見たら、もうあなたのイメージも固まってきたんじゃないですか?あとは実行するのみ。いきなり工事ができないのならば、手始めにインテリアを探してみたらどうですか?あなた好みのインテリアが見つかったら、それをベースに内装材を探してみるのもいいでしょう。

全部トータルで提案してほしい!という欲張りなあなたは、ぜひプロのアドバイザーに相談してみてください。あなただけのアトリエハウスがきっと完成しますよ。

 

【合わせて読みたい】→ヴィンテージ家具の映えるリノベーション・インテリアのすすめ

【合わせて読みたい】→時代はカッコいい男前なリノベーションを求めている!?

【合わせて読みたい】→参考にしたい海外インテリア!【国別】テイストを作るポイント

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+