リノベーション

新生活はここで!納屋の使い方、悩んでいませんか?納屋だけに!

     
納屋のリノベーション

二世帯住宅でお互いの生活スタイルが合わないため、苦労しているという話をよく耳にします。新築を建てようにも中古住宅購入にしても費用がかかるし、リフォームしても結局水廻りは共用だし。愛着の家に住みたくても様々な理由で改修ができない。どうしよう。。。

そんなあなた!家の敷地内に納屋や小屋はありませんか?その納屋をリノベーションして新しい暮らしをスタートさせる家とすることができるのです。コストを抑えて、さらに自分の理想の生活スタイルを手に入れる。納屋リノベーションに興味が湧いてきませんか?そんな納屋リノベーションのお話しをしていきます。

本当にここに住めるの?納屋リノベーションの始まり!

現状の納屋はどんな感じですか?

イメージしやすいのは、農家の納屋かと思います。農作物や農機具を保管したり、そこで作業したりというのが納屋の用途であるでしょう。それ以外でも単純に物を置くためだったり、車を停めておく車庫を兼用しているようなものもあるでしょう。

納屋のリノベーション

「本当に直せるの?」「ここに住めるの?」という声がまず上がると思います。しかしよく見ると、大工さんがしっかりと作った建物で柱や梁などもそっくりしていませんか?その構造体を活かして、住宅として再生をしていくのです!

スクラップ&ビルドではなく、古き良き物をアレンジし、リノベーションしていくのです!

納屋をどう使う?あなた好みの使用方法を!

あなたは何のために納屋をリノベーションするのですか?皆さん納屋をリノベーションするのには、それぞれ目的や用途があるはずです。先程の話のように子世帯の新生活の場や趣味のガレージ、アトリエなどあなた色の空間へ変えていけるのです!

納屋のリノベーション

近年、納屋や小屋、蔵を住まいにという関心が高まってきており、「小屋フェス」といった小屋専門の展示会などを開催されているようです!詳細が気になる方は「小屋フェス」で検索してみてください。納屋や小屋に住む。なんだか秘密基地のようで楽しくなりますよね!

思いのままの空間、納屋リノベーション。でも断熱など、機能性が気になりますよね…

納屋リノベーション!機能性は?コストは?

確かに構造はしっかりしていても機能性はどうでしょうか?納屋としては風通しが良かったけど、サッシも古いし住むには冬寒いでしょう。壁も土壁でぼろぼろ。隙間も空いていている。

納屋の断熱

そんな改善点の解消方法は住宅のリフォームと全く同じです。新しい外壁材を張り、壁には断熱材、床天井にも断熱材を充填します。サッシも断熱サッシを取り付けし、住居として申し分ない機能を備えさせます。

この写真のおうちも元は納屋だったのですが、断熱サッシに入れ替え、外壁を貼り直したことにより見た目には普通の新築と変わらないような快適な空間になりました!

納屋のリフォーム

一般住宅のように既存水廻りの解体もなければ、間仕切り壁や床の解体なども少なく済むため、コストもかなり抑えることができるでしょう。

納屋をお持ちの方、新築、リフォーム、中古旧宅も良いですが、目の前にある納屋をリノベーションする!という最善の方法もありますよ!

納屋には無限の可能性

納屋のリノベーションは住まい方、用途によって無限の可能性を秘めています。また「納屋リノベーション」という言葉を聞くだけで、子供の頃に作った秘密基地のようなワクワクした感情が溢れてきます!そして古き良き物を再生するという行為は現代の時流に沿っていることです。

あなたにしかできない納屋リノベーションを実現し、夢溢れる納屋生活を送られてみてはいかがでしょうか?

【合わせて読みたい】→元店舗や倉庫・ガレージ・納屋がリノベーションで住宅に生まれ変わる

【合わせて読みたい】→間取りから考える『リフォーム』と『リノベーション』の違い

【合わせて読みたい】→憧れの古民家リノベーションをしよう!

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+