リフォーム

本好きの方必見!本と暮らす生活。

     
読書する家

本好きのみなさん!「本に囲まれた生活がしたい…」と、きっと一度は思ったことがあるのではないでしょうか。私にとっても、それは実現させたい夢の一つです。好きな本を読みながら過ごすその時間は本当に幸せですよね。本がもっと好きになる、あこがれの本と暮らす生活を実現させるためのアイディアをご紹介します!

ちょっとした壁のスペースを利用しておしゃれに

今あるスペースを利用したい方におすすめなのが壁付けのラックです。何冊も本を入れることはできないので、大好きな本を入れてディスプレイしたり、読みかけの本をいれたり、使い方は様々です。

壁つけラック

気軽に手を伸ばせるところに本があるのは、子どもにとっても良い環境ですよね。こんなものはどうでしょう。

壁つけラック

本が浮いてるように見えますが、L字型の金物を壁に取り付けて、その上に本を載せています。見た目にもおしゃれですよね!下の本を取るのに、上の本をどかさないといけないのが難点といえば難点ですが…。

壁一面を本棚に

本に囲まれた生活に憧れる方が必ずほしくなるであろう、壁面収納。壁一面の本棚にずらりと並ぶお気に入りの本たち…。考えるだけでわくわくしてきます!こちらはリビングにつけた本棚。

壁面収納

リビングに本棚があるメリットは、ちょっと手を伸ばせば届くという、本と人との距離の近さだと思います。本を手に取る回数も多くなるでしょうし、家族の会話のきっかけにもなるかもしれません。

蔵書量が多すぎて…という方におすすめなのは廊下の壁を本棚にしてしまうこと。

壁面収納

最近は、廊下が無かったり、あっても短かったりするお家も多いようです。冬の廊下はとても寒くて部屋から出たくない!と思うことも多く、廊下が無いと移動するのには楽ですよね。でも、こんな使い方ができるなら長い廊下があっても良いかなーなんて思ってしまいます。

もうひとつ、広い面積の壁があるのが階段です。

階段壁面収納

これだけ大容量の本棚があれば、何千冊の本がもてるのでしょう!私もマイホームを持つときには取り入れてみたいアイディアです。上の方の本はどうやって取るのだろうという疑問はありますが、図書館にいるような気持ちになれそうです。

とっておきの読書スペースをつくろう

あなたは普段、どこで本を読みますか?お気に入りのカフェ、書斎、ベッドの中、お風呂、電車の中、みなさんそれぞれにとっておきの場所があると思います。そんな特別な場所を家の中に作りたい!という方にいくつかアイディアをご紹介します。

部屋の隅に座り心地の良いイスをひとつ置くだけで、そこはたちまち読書スペースになります。小さいサイドテーブルを脇に置いて、飲み物を準備したらもう完璧ですね。

読書スペース

本棚の一部にデスクを作ってしまうのも一つの方法です。椅子に座った時、正面の壁も暗い色なので落ち着いて本が読めそうですね。

読書スペース

こちらも壁一面を本棚にして、真ん中にデスクを作っています。ぐるっと囲まれているデスクが、部屋のアクセントになって見た目にもおしゃれです。上から本が落ちてきてもパソコンには当たらなそうですね。

読書スペース

 

あなたにとって本とは?

あなたにとって本はどんな存在ですか?どんな時にどんな本を読んでいますか?自分の読書生活を振り返ることも、本と暮らす空間をつくる大きなヒントになるはずです。とっておきの空間をつくって、よりどっぷりと本の世界を楽しみましょう!

【合わせて読みたい】→「木」と暮らす、「木」と生きる

【合わせて読みたい】→好みのスタイルから内装デザインを考えよう!参考コンセプト8選

【合わせて読みたい】→知らなきゃ損!?植物をおしゃれに飾れる簡単な方法

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+