リフォーム

あのメゾンも!世界的なファッションブランドが提案するインテリア

     
ファッションブランドインテリア

突然ですが、あなたが憧れるファッションブランドはありますか?
もしあなたに憧れのファッションブランドがあるとしたら、部屋のインテリアもそれに合わせられたらワクワクしませんか?豊かな日常を送るためには豊かな「衣・食・住」がとっても大切な要素になります。その中でも「衣」と「住」は密接に関わっているといえます。なぜなら「わたしはこういうファッションが好き(シンプルだったり明るめ、モノトーンなど)」という感情と「わたしはこういう雰囲気の空間が好き」という感情はとても似ているからです。服を選ぶように家具を選び、家具のように服をディスプレイしたりできると、より心が豊かになりステキな生き方に繋がっていくことでしょう。
今回は、憧れのファッションブランドから身近なファッションブランドまで、幅広い視野から「衣」と「住」の関係について解説していきたいと思います。

【Ⅰ】GUCCI(グッチ)発、イタリアモダンな空間

まずはイタリアを代表するハイブランド「GUCCI(グッチ)」。GUCCIといえば、対で組み合わせた「GG」(ダブルG)のロゴや蜂、目のモチーフなどが有名です。そのブランドの世界観をそのままインテリアに反映させたシリーズ「グッチデコール」はとってもカラフルで、それでいて色が喧嘩することはなく上品な色使いになっています。
ファッションブランドインテリア
おススメはクッション!シンプルなソファに一個アクセントの小物があると、それだけで一気に「イタリアモダンなグッチスタイル」に!すべて職人の手作業で作られているというのだから、さすがと言う他ありません。
ファッションブランドインテリア

【Ⅱ】HERMES(エルメス)発、シンボルカラーのオレンジが映えるフレッシュで優雅なインテリア

次に、ファッションブランドの中心地パリで発祥した歴史あるブランド、「HERMES」(エルメス)。上品な素材や使いやすさにもこだわったエルメスですが、家具の歴史は意外と古く、初めて家具を作ったのはなんと1920年代のこと!その後時を経て、2011年に家具のコレクションを発表しました。
その中で、あるデザイナーは発表したチェアのデザインについて、「まず座りたいと感じ、次に触りたいと感じる、そして長く共に過ごしたいと願わずにはいられなくなるもの」と語っています。この言葉から、豊かな生活に欠かせない「衣・食・住」の「住」の部分の重要性を感じとることができます。
「なかなかハイブランドの家具は手をだせないな・・・」という方におススメなのは、「エルメスの空き箱や袋を使ったインテリア」です。「エルメスオレンジ」と呼ばれる、ブランドを象徴するカラーが全面に使われている空き箱や袋は、部屋の一角に飾るだけでもとってもキュートなインテリアに変わります。
ファッションブランドインテリア

【Ⅲ】DIESEL(ディーゼル)発、多彩な素材を操る男前インテリア

DIESEL(ディーゼル)と言えば、イタリア発祥の比較的身近なファッションブランドです。
デニムはもちろん、ファッション小物も有名ですが、すでにお持ちな方も多いのではないでしょうか。
「(当時画期的な燃料であった)ディーゼル燃料のように世間を活気づけたい」という想いで名付けられたように、カッコよさと斬新な素材使いが特徴の「DIESEL Livinng(ディーゼルリビング)」。2008年にコレクションを発表して以来、これまでの概念にとらわれない、唯一無二の存在感を主張しています。
ファッションブランドインテリア
そのなかでおススメなのは「チェア」。ブランドを象徴するデニムカラーの塗装で仕上げていたり、鉱物の美しい幾何学模様のチェアでありながらも人間工学的な座り心地を追究したものもあります。
ファッションブランドインテリア
世界観が好みであれば、他の家具の色味や壁紙、床材の素材感なんかも統一すると、これ以上ないくらいの価値ある空間へと変わっていくことは間違いありません。

【番外編】あのアパレルブランドも!?意外と知らない身近なアパレルショップ発インテリア

journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)
日本のjournal standardが手掛ける、どこか西海岸の海の風が吹いてくるような涼しげなインテリア。観葉植物や流木などと一緒にコーディネートすればさらにお部屋の中に心地いい空気が流れてきそうですね。
また、ヴィンテージ感がたまらなくかっこいい収納や、華奢で繊細なフォルムが特徴のダイニングテーブルやチェアなどのラインナップも多彩です。
ファッションブランドインテリア

最後に

いかがでしたか?インテリアに様々なテイストがあることは、リフォペディアを見ていただいている方ならイメージしやすいかと思います。
また憧れのファッションブランドの世界観をその自分好みのテイストに取り入れる、またはブランドの世界観に合わせて空間を作っていけたならとイメージするとワクワクしませんか?「ハイブランドすぎて手が出せないわ」という方は、先ほど紹介したような、ブランドの空き箱や袋、またアートポスターを飾るだけでも一気に特別な空間へと変えてくれるはずです。
「衣・食・住」の「衣」と「住」。その人の「ひととなり」が現れるそれぞれの存在において、一度自分が一番ワクワクして帰るのが楽しみな、それでいて落ち着ける空間はどんなものだろうと見直してみるのもステキな生き方の一歩だと感じます。

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+