ミニコラム

【キャンドル好き必見!】この冬試したくなる、キャンドルの飾り方

     
キャンドルの飾り方

色々な色合いやデザインがあって、ただ飾っていても、火をともしても癒されるキャンドル…。最近はおしゃれな雑貨屋さんでも売っているのをよく見かけます。皆さんの中にもキャンドルを持っている方は多いのではないでしょうか?

ただ、中には「一目ぼれしてキャンドルを買ったのはいいけど、飾り方が分からなくてそのまましまいっぱなし…」なんて方もいるのではないでしょうか?今回は、しまいっぱなしでは勿体ない!キャンドルの飾り方・楽しみ方をいくつかご紹介します!

■インテリアの一部に!キャンドルを「寄せ集めて」ディスプレイ

 

キャンドル

まず、玄関収納の上やリビングシェルフ、ベッドサイド等、ちょっとディスプレイ出来そうなスペースを探してみましょう。そして、ディスプレイできそうなスペースがあったら、お気に入りの小物や、観葉植物、写真立て、キャンドル等を1ヵ所に寄せ集めて飾ってみましょう!小物を少しずついろいろな場所に飾るのもいいですが寄せて集めて飾ると、お部屋の雰囲気を演出してくれる素敵なインテリアになります!

キャンドルの飾り方

寄せ集める小物や植物などは、飾るキャンドルの色味に近い方がまとまりが出ます。例えば…

  • 薄いグレーや茶色、白系、パステル系のキャンドル→飾る小物や植物も、少し白味が入ったような色のもの
  • カラフルなキャンドル→原色や色味の濃いもの

飾るときは、飾るものの背の高さをバラバラにし、全体を見て三角形△になるように置くのが簡単に素敵にディスプレイできるコツです。ぜひ、キャンドルを使って自分だけの癒し空間をディスプレイしてみてください!

■キャンドルを中心に「周りを飾る」

 

キャンドル

そんなにたくさんキャンドルを持ってない!という方でも安心です。準備するものはたったこれだけ!ちょっと手を加えるだけでキャンドルをおしゃれに飾る方法をご紹介します!

*準備するもの*

  • キャンドル(白・LEDキャンドルなども〇)
  • キャンドルを入れる器(ビーカーやボウル、大きめのグラスなど)
  • 飾る小物(ドライフラワーや木の実、石、貝殻等なんでも○)

 

キャンドル

キャンドルを器に入れて、その周りに小物を詰めてみましょう。シンプルなキャンドルでも簡単におしゃれにすることが出来ます。

■実は2度おいしい!?火をつけた後のキャンドル活用法

「かわいいキャンドルは勿体なくて火がつけられない!」なんて方もいらっしゃいませんか?いえいえ、キャンドルは1回使ったら終わり…ではありません!大き目のキャンドルだと、燃やしていくうちに外側だけ溶け残ります。底の方まで溶けて、外側が残ったら、100円ショップなどでも売っているような小さいキャンドルや、LEDキャンドルを入れるランプシェードとして使うことが出来ます。お気に入りのキャンドルを使い終わった後も、ずっと使っていけるのは良いですね!

他にもこんな使い道があります…!

キャンドルの飾り方

出典:haconiwa(http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2013/02/feu_wax/)

いかがでしょう?使い終わったキャンドルに観葉植物を植えて、植木鉢として使えます!これなら溶けてしまっても寂しくないですね。世界に1つしかない鉢のできあがりです!

自分だけの飾り方で、キャンドルを楽しみましょう♪

何点かご紹介しましたが、キャンドルの楽しみ方は様々です。もし、しまいっぱなしのキャンドルがあったら、ぜひ飾って楽しんでみてください。簡単に素敵なインテリアの仲間入りです。

 

合わせて読みたい

candle-topほんとに家でキャンドル焚く人いるの?という貴方へ送るキャンドル入門
インテリアのおしゃれアイテムとして名高いキャンドル。雑誌に出てくる素敵女子のお部屋には高い確率でキャンドルが写っていますよね。...

おすすめのリードディフューザー香りで飾る!インテリアにもなるリードディフューザーを楽しもう
いい香りのするお部屋って素敵ですよね。集中力を高めてくれたり、ストレスを軽減したり、空間の印象を強めてくれたり・・・香りには様...

家カフェ素敵な家カフェの作り方!「インテリア」×「雑貨」コーディネート術
いつでもお家がカフェになる。そんな素敵な暮らし始めてみませんか?カフェで食事をしているみたいに、お気に入りの食器を揃えてみたり...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+