リフォーム

見上げてみましょう。天井材を知って、1ランクおしゃれな空間に。

     
天井の素材

お家の中で、壁や床と同じくらいの面積がある天井。不思議なことに床材や壁材にこだわられる方は多いのに、天井材にまでこだわられる方はあまりいらっしゃいません。すごくもったいないです…!。

「そうは言われても、まず天井材にはどんな種類があるの?」とお思いのあなた、今回は実例をふまえて、色々な天井材の種類と選び方を分かりやすく紹介していきたいと思います。天井材をうまく使いこなすことで、もっとあなたのお家を今よりもオシャレで、快適なものにしましょう!

まずは定番のクロス

始めにご紹介するのが「クロス」です。近年和室の代わりに洋室が増え、それに伴って一般的になった素材です。特徴としては…

  • 比較的安価で施工期間も短く終わる
  • 色や柄がたくさんある。(最近では木やレンガのテクスチャのものまで!)
  • 汚れが付きにくいものや、消臭効果をもったものがある

一口にクロスといっても様々な種類があるので、下地の凸凹をひろいにくいよう、なるべく厚みと凹凸があるクロスを使用することをおススメします。(おまけに天井は照明が近いので、クロスに出てしまった凸凹は結構目立ちます…)

天井の素材

 

柔らかい雰囲気を出したい人は羽目板

続きまして、自然な風合いでコテージや山小屋などで見られる「羽目板」。羽目板とは板を横に貼り合わせていく建材で、腰壁などにも使われます。それを一般の住宅の天井に板を貼るなんて、圧迫感があるんじゃないかと思いますよね。でも意外とそんなこともなく、床のフローリングとも合わせやすいので、むしろ自然な木目が優しい風合いが居心地の良い空間を演出します。

特徴としては…

  • 調湿性がある
  • 断熱性がある

(※あくまでクロス等と比較してであり、断熱材代わりに使用できるわけではありません)

天井に羽目板

 

実はとっても優れものの漆喰天井

そして次に紹介しますのが「漆喰」。漆喰は機能的にとても優れた素材です。

  • 防カビ効果がある
  • 防火性に優れている
  • 消臭効果がある

といった特徴があります。素材を貼り合わせる必要がないため、継ぎ目なく綺麗な仕上がりになります。さらに塗り方によって表面にパターンをつけることで、違う雰囲気を出すことができます。

ただし地震などの強い力がかかるとヒビが入りやすいです。また、施工上どうしても、乾燥させるために作業を中断せざるを得ないので、どうしても工期は長くなり、費用も割高になってしまいます。

天井に漆喰

漆喰について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

その他、ちょっと特殊な天井材たち

おまけで特殊な天井材をいくつか紹介します。

みなさん、お洒落なカフェなどでたまに立派な梁が天井についているのを、見たことはありますか?リフォームで天井高を上げる工事をする場合、今まで隠れていた梁が出てしまいます。そこでせっかくの立派な梁を、綺麗に塗装などしてみせる場合が多いです。ちなみ梁が出るほどの工事ではないけど、天井に梁があるようにしたいなんて場合は、化粧梁といった飾り付けの梁をつけることができます。

化粧梁

梁見せ天井についてはこちらに詳しく書いてあります。

この天井材は独特の質感がおもしろいOSBボード。小さな木片を圧縮させてつくられた木質ボードです。このように、遊び心あふれた素材も最近ではみられるようになってきました。

天井の素材

 

材料だけでなく色の濃さなども大切!

そして最後に、実は色の明るさを考えることも、大切だということをご紹介したいと思います。天井の色を壁の色より明るくすると、部屋全体が明るい印象になります。

天井の色

逆に天井の色を壁の色より濃くすると落ち着いた印象になります。

天井の色

 

お部屋ごとにこだわってみましょう!

このように天井材といっても色んな素材があり、壁や床などとの組み合わせによって、同じ部屋でもまったく違った表情になります。部屋ごとに必要な天井材を選ぶことで、その素材のもつ効果を十分に引き出すことができるでしょう。

ここまで読んでくださったあなた!実際にお家をリフォームされるときは、天井材も使いこなして快適で素敵なお住まいを実現させましょう!

 

合わせて読みたい

勾配天井「勾配天井」って実際どうなの?その魅力について解説します
皆さんは、『勾配天井』というのを知っていますか?あまり馴染みの無い言葉なのですが、もしかするとおしゃれな住宅のモデルルームが掲...

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+