家づくり

ママ必見!子育てしやすい間取りをつくる3つのポイント

     
子育て間取り

突然ですが、子育てをしやすい家ってどういうものでしょう?
子育てというと幼少期をイメージしがちですが、実は成長を見越した間取りを考える必要があります。『今だけでなく、未来のことも考えて間取りを考えること』が大事なのです。

今回は子育てと間取りのポイントを、成長過程と合わせてご紹介します。

第1段階 乳幼児期

乳幼児は少しも目が離せない時期。静かにしていると思ったらいたずらに夢中だったり、階段など段差のある場所にいてヒヤッとすることもありますよね。そんな時期はキッチンにいながら子どもの様子が見えるオープンキッチンが非常におすすめです。

子どもが見えるキッチン

子どもの面倒を見ながら家事もしなくてはなりませんし、子供もママの姿が見えなくなると不安になるので、お互いに存在が把握できるが空間が理想です。リビングから直接洗面所につながる間取りや、2階にいても声が届くようなリビング階段・吹き抜けはさらに安心。

また、リビング脇に和室があると乳幼児期は重宝しますよ。

和室

寝かしつけ時は座布団を敷けばママも一緒に寝転がれますし、おむつ交換の時も和室ならラクラク。仕切りがついていればお客様が来ていてもサッと交換できますね。

さらに畳はクッション性があり転んでも大きな怪我になりにくいので子どもがはしゃぐスペースにはもってこい。また、取り込んだ洗濯物を和室に置いておいて、時間が空いたら家族の様子を見ながら畳むなど使い勝手が良いので忙しいママの強い味方になるでしょう。

第2段階 学童期

幼稚園~小学校低学年くらいの学童期は、少しずつ自分のことは自分でするようになります。帰宅したら荷物を片付けて、手洗いをする。この流れを身に付けさせるには動きに合わせた間取りにすることがポイントです。玄関近くにカバン置きを設置したり、洗面所と玄関を近くにするといいでしょう。

片付けを教えるには収納スペースの工夫も大事です。おもちゃの置き場所、絵本をしまう本棚など、しっかりと収納場所を確保しておくことで片付けの習慣をつけさせ、モノを大切にすることも同時に教えることができます。

子どもの収納

勉強をはじめるのもこの時期ですが、まだまだ精神的に不安定で一人きりで行う作業を嫌います。子ども部屋で一人で勉強するよりも、ダイニングテーブルやリビングで勉強するほうが親に見てもらっている安心感があって集中力がアップする傾向があります。

もしダイニングテーブルを落書きや消しゴムのカスで汚されるのが嫌であれば、リビングに勉強スペースをあらかじめ作っておいた方がいいかもしれませんね。

ダイニングで勉強

第3段階 思春期

小学校高学年以降は急に大人びて、家族と距離を取ろうとします。親としてもどんな友達と遊んでいるのか、どんな交際相手を連れてくるのかなど心配が絶えないですよね。子どもがどんなことを考え、どんな行動をしているのかを知るためにも常に変化をキャッチして、コミュニケーションを取ることが大事だと言えるでしょう。

コミュニケーションを取るにはリビングの位置が重要と言えます。例えば玄関と子ども部屋の間に配置したり、リビングを通らないとお風呂に行けないようにするなど、リビングを中心とした間取りにすることで、自然と会話が増え、家族の様子をキャッチしやすくなるのです。

リビングの位置

意外と大事なのは子ども部屋を大きくしすぎないこと。勉強と寝るスペースが確保できる6畳程にするのが妥当と言えるでしょう。また、壁紙などを可愛くし過ぎると、のちのち嫌がることがあります。一人の時間を大切にし始める思春期の為に、シンプルなつくりにしておくのが安心かもしれません。

子供部屋

家族と間取りの関係とは

子どもの成長に合わせた間取りのポイントを紹介してきましたが、最も大事なのは家族との関わり方です。

間取りを考えるのは家族のありかたを考えるのと同じこと。今の姿だけでなく未来を想像していくことで、しっかりとコミュニケーションが取れる子育てしやすい間取りになるのではないでしょうか。5年後、10年後をイメージしながら、間取りと将来を設計していきましょう。

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメント

コメントを残す

*

+