家づくり

子育てママ必見!子育てがしやすい間取りをつくる3つのポイント

     
子育て間取り

子育てがしやすくて、子供のためになる家って、どういう家なんでしょう。実は、それには『今だけでなく、未来のことも考えて間取りを考える』ことが大事になってきます。

子どもは、成長します。ずっと小さいままではありません。子育てというと、つい幼少期の子育てをイメージしてしまいがちですが、子供の成長段階を考えて間取りを考える必要があります。ポイントを3つに分けて説明していきたいと思います。

第1段階 乳幼児期

この頃の子供は、目が離せません。静かにしているなぁと思ったら、いたずらをしていたり、気づいたら動き回って階段や玄関の段差のところなど危ないところにいたりと、一瞬たりとも気を抜けません。ママがキッチンにいながらでも、ダイニングやリビングでの子供の様子が見えるオープンキッチンなどはお勧めです。

子どもが見えるキッチン

ポイントは、家事をしながら子供の様子が見えることです。忙しいママは子供の様子を見ながらでも家事をしなければなりません。子供もママの姿が見えなくなると急に不安になります。ママの愛情を感じながら、いつでもコミュニケーションをとれるのが大事になってきます。リビングから洗面所に行ける間取りや、2階で洗濯物を干していてもリビングの子供に声が届くようなリビング階段や吹き抜けもお勧めです。

また、リビング脇の和室はこの頃の子育てには重宝します。

和室

畳の上に座布団を敷いて、子供を寝かせてママも一緒にゴロンとしたり。おむつを交換するときも和室はとても便利です。間仕切りがついていればお客様が来ていてもサッと交換できます。ミルクを上げるときも便利ですね。

そして、畳はクッション性もあるので、転んでも痛くありません。子供がはしゃぐスペースにはもってこいです。洗濯物を畳むスペースにも使えます。取り込んだ洗濯物をとりあえず和室に置いておいて、時間が空いたら子供の様子を見ながら洗濯物を畳むなど、忙しいママには大変役立ちます。

第2段階 学童期

学童期とは、幼稚園~小学校低学年ぐらいの子供のことを言います。

この頃の子供は、少しずつ自分のことは自分でやれるようになってきます。それまでは、親がしてあげていた片付けや手洗い、着替えなども自分でやるようになっていきます。幼稚園や学校から帰ってきたら、荷物を片付けて、手洗いをする。これを身に付けさせるには動きの流れに合わせた間取りにすることがポイントです。玄関近くにカバンの置き場所や上着を掛ける所を作ったり、手洗いのスペースも玄関近くに設置するのもお勧めです。

片付けを教えるには収納スペースも大事です。おもちゃの片付け場所、絵本をしまう本棚など、しっかりと収納場所を確保しておくことで、『おもちゃはここにかたづけようね』と言いながら教えてあげることができ、モノを大切にすることも同時に教えることができます。

子どもの収納

そして勉強をし始めるのもこの段階の大きな変化の一つです。この頃の子供は、まだまだ精神的に不安定で一人きりで行う作業を嫌います。子供部屋で一人きりで勉強するよりは、ダイニングテーブルやリビングにおいた机やカウンターで勉強するほうが親に見てもらっている安心感があって集中力がアップするというのです。

もしダイニングテーブルを落書きや消しゴムのカスで汚されるのを嫌うのであれば、リビングに勉強スペースをあらかじめ作っておいた方がいいかもしれませんね。

ダイニングで勉強

 

第3段階 思春期

小学校高学年になると急に大人びてきて、親との距離をとろうとすることも出てきます。そうでなくても、どんな友達と遊んでいるんだろう、どんな彼女や彼氏を連れてきているんだろうと親の心配が絶えない時期です。子供がどんなことを考え、どんな行動をしているのかを知るためにも常に子供の雰囲気をキャッチでき、コミュニケーションを多くとることができるかが大事です。

それにはリビングの位置がポイントとなってきます。

玄関と子供部屋の間にはリビングがある。リビングからでないとお風呂に行けないなど、リビングを中心とした間取りにすることで、自然と家族の会話が増え、常に家族の様子をつかむことができます。

リビングの位置

子供部屋をあまり大きく取らないこともポイントの一つです。子供部屋は勉強するスペースと寝るスペースが確保できる6畳以内が最近増えてきています。そうすることで勉強と寝るとき以外はリビングで過ごすようになります。また、子供部屋をかわいくし過ぎると、この頃の子供はそれを嫌がることがあります。子供部屋を本格的に使い始めるのはこの頃からなので、できるだけシンプルにしておくのも大事かもしれません。

子供部屋

 

大事なのは家族との関わり方

子どもの成長段階の説明とそれに合わせた間取りのポイントをご説明してきましたが、大事なのは家族との関わり方をどうとっていくかという事です。

間取りを考える、家のことを考えるという事は家族のことを考えるという事です。家族は、年とともに成長し変化していきます。今の家族の姿だけでなく未来の家族の姿まで想像していくことで、家族がしっかりとコミュニケーションが取れ、子育てしやすい間取りになるのだと思います。子育ては20年近く続きます。5年後、10年後と将来の家族をイメージしながら、間取りを考えてみてみましょう。

 

【合わせて読みたい】→間取り次第で勉強もコミュニケーション力もつく!子供部屋のポイント

【合わせて読みたい】→家事が楽になる!家事動線を考えた間取りの取り入れ方

【合わせて読みたい】→5分で分かる!シックハウス症候群の原因と対策とは?

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+