家づくり

間取り次第で勉強もコミュニケーション力もつく!子供部屋のポイント

     
子ども部屋

子供の仕事は「遊び」と「勉強」とよく言われますよね。その遊びと勉強を行う居場所となるのがお家です。

幼少期から思春期まで、子供は育った環境によって、たくさんのことを学びながら成長していきます。親として、できることなら子供にとって成長できる環境を与えてあげたいもの。子供部屋は必要か、広さはどのくらいがいいのか?宿題はどこでさせるの?などなど子育てと間取りに関する悩みはつきないもの。

では具体的に、どのような間取りが子供の学力やコミュニケーション力を育てるか、見ていきましょう。

ポイントは親子の導線が交わること

子育てを行う家の間取りで一番大切なことは「家族が自然に顔を合わせられること」。

家族の気配を感じられる間取りは子供を安心させ、結果的に自分から机に向かう子供を育てます。親子が自然に触れ合う機会が増えるように、子供の導線とママの家事導線がなるべくたくさん交わるような間取りにするのが理想的です。マンションなど1フロアの構造では特に実現しやすいですね。

親子の導線

イラストのように壁の少ないオープンな間取りで、ママのホームベースとなるキッチンが住まいのほぼ中央に位置していると実現しやすいかもしれません。キッチンが家の中心にあると、ママの家事導線が家の中央から四方に伸びていくためです。

あわせて、開放的な見通しの良い子供部屋にしたり、子供が遊べる場所を複数用意しておくことで、動き回る子供の姿をつねに把握することができます。

よくあるマンションの間取りはNG?

子供部屋が、玄関を入ってすぐ右手(もしくは左手)にある間取り、典型的なマンションの間取りですよね。

マンションの間取り

子供の導線は、主に玄関から隣の子供部屋に直接入るか、もしくはリビングダイニングまでの一直線だけになりがち。逆に、ママの家事導線はキッチンや水廻り周辺のみに集中してしまうため、二人の導線はあまり交わりません。

また子供が自分の部屋に入ってしまうと、お互いの姿がまったく見えません。ママがキッチンに立っても、リビングダイニングの方向しか目に入りません。

部屋の仕切りである壁を必要最小限に抑えると、家の端から端まで見通せるようになり、家族は互いの気配をいつでも感じられるようになります。キッチンが家の中央にあると、ママはいつも家じゅうの様子が目に入りやすくなります。そして、子供部屋はキッチンの近くか、キッチンに立った時に気配がわかる場所にあるのがベストです。ドアは引き戸を開け放ったままにしたり、ガラス戸にするなどして、なるべくオープンにしましょう。

子供は視界に入る家族の姿に安心感を持ちます。子供部屋が死角になってしまう場合には、それが映り込む場所に鏡をつけ、その付近にいる気配だけでも感じられるようになると安心です。

子どもを視界の中に

 

家族が自然に集まる「たまり」場所がいくつもある

家族誰もが自由に集まり好きなことができる多目的な空間を、個室のかわりにいくつか作っておきましょう。オープンなスペースに作っておけば、どこにいてもお互いの姿が見えやすく、コミュニケーションがはかれて一石二鳥です。

たとえば、

  • 本棚と勉強机とワークデスクを兼ねたライブラリー
  • 料理中のママとも話せるキッチンダイニング
  • バルコニーのハンモック

それぞれ、本のことや勉強のこと、外の景色など話題になるようなものがその空間にあるのが理想。その場に行くきっかけにもなりますし、話も弾みます。家族が自然と集まるようになるので、この場を利用すれば、パパもぐんと子供と触れ合いやすくなるはずです。こうして子供はコミュニケーション力を身に着けていくのです。

たまる場所

 

家族との触れ合いが子供の基礎をつくる

遊ぶ時も勉強するときも、どこかで家族が見ていてくれる。わからないことがあったらいつでも家族に質問できる。そんな環境の家であれば、子供が色々なことに興味を持ち、個性や才能をのばす手助けとなるでしょう。

家族とのふれあい

家族と会話やコミュニケーションがはかれる家づくりによって、勉強に必要な表現力や応用力が養われていくんですね。子供の可能性を伸ばす家づくり、あなたも取り入れてみませんか?

【合わせて読みたい】→どこまで自由にできる?マンションリノベーション

【合わせて読みたい】→家を建てるとき本当に考えるべきこと

【合わせて読みたい】→【実例】リノベーションでここまでできる!ハワイを感じるリゾート空間

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+