家づくり

「部屋がほしい!」と言われたら…子供部屋の間仕切りアイディア4選

     
子供部屋の仕切り

お子さんがいるお家でよく聞くお悩みが子供部屋です。そろそろ子供部屋を作ってあげたい。でも、部屋数が足りない…。

そんなあなたに、一つの部屋を二つに仕切る方法をいくつかご紹介します。

カーテンで分ける

子供部屋の仕切り

簡単に仕切るならカーテンを使いましょう。広く使いたいときや、現状復旧も簡単です。もとの部屋があまり広くない場合にも向いています。簡単に模様替えが出来るので、気分で入れ替えられるのも良いところです。デメリットは音や冷気が漏れてしまうこと。

また、子供が小さいうちなら良いのですが、多感な時期になるとプライバシーが守れずにストレスになってしまうかもしれません。同姓の兄弟なら良いですが、異性の場合だと余計に気を使ってしまうかもしれませんね。

引戸で仕切る

子供部屋の仕切り

カーテンでは筒抜けすぎる…そんな時は、引戸を使いましょう。カーテンに比べて音や光が漏れにくく、寄せてしまえば元通り広く使うことだって可能です。何かある時は少し開けて話してみたり、そんな関係が築けるのも良いところだと思います。

収納で仕切る

子供部屋の仕切り

どうせなら実用的に仕切りたい!そんな場合は、収納を作ってしまいましょう。

一つの部屋を仕切る際、意外と見落としがちなのが収納です。大抵の場合、収納は一部屋に一つ。そんな部屋を二つに仕切ってしまったら…片方の部屋には収納が無くなってしまいます。移動式の収納もあるので、簡易的かつ実用的にすることも可能です。

引戸と組み合わせれば、写真のような仕切り方も可能ですよ。

壁で仕切る

子供部屋の仕切り

柱を建てて、壁でしっかりと区切るパターンです。大工さんにお願いして、完全に区切ってしまいましょう。壁の中に断熱材を入れてあげれば、遮音性も高まりプライバシーが守られます。

デメリットとしては簡単に撤去ができなくなること。子供が成長した後のことも考えて、判断してくださいね。

先の事も考えて、最適の選択を。

いかがでしたでしょうか?部屋を仕切るにも、やり方はたくさんあるんです。今だけでなく、5年後、10年後にはどうしたいか。将来のことも考えながら1番良い方法を選んでくださいね。

 

合わせて読みたい

子育て間取り子育てママ必見!子育てがしやすい間取りをつくる3つのポイント
子育てがしやすくて、子供のためになる家って、どういう家なんでしょう。実は、それには『今だけでなく、未来のことも考えて間取りを考...

子ども部屋間取り次第で勉強もコミュニケーション力もつく!子供部屋のポイント
子供の仕事は「遊び」と「勉強」とよく言われますよね。その遊びと勉強を行う居場所となるのがお家です。 幼少期から思春期まで、子供...

家事動線家事が楽になる!家事動線を考えた間取りの取り入れ方
家事をする時って、“〇〇と一緒に/〇〇をしながら”やることが多いですよね。洗面室とキッチンを何度も行ったり来たり…なんてこともある...

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+