インテリアデザイン

これだけ考えればいい!色使いを知ってインテリアに取り入れよう!

     
色使い

内装のリフォームをするとき、みなさんが悩まれるのは「色使い」ではないでしょうか?

壁紙やカーテン、それに合う家具の色。自分にはどんな色が合うの?好きな色をたくさん入れたいけど、どう組み合わせればいいの?など色々な悩みがあると思います。以前「内装のデザインは色ひとつでこんなに変わる!」でもお伝えしたように、色は内装を考えるときにとっても重要なことなんです。そんな色に関するお得な情報をお教え致します!もう色使いで迷いませんよ!

インテリアの色で部屋の印象が変わる

色にはそれぞれ性質や心理効果をもっています。まずは、色から受ける作用の理解を深めてみましょう。

緑はナチュラル。青は爽快感。紫はゴージャスなど色によってイメージが様々です。その他の色を見てみると、

  • 赤・・・活動的、暖かい
  • オレンジ・・・健康的、フレッシュ
  • 黄・・・明るい、若々しい
  • 緑・・・ナチュラル、清々しい
  • 青・・・クール、清涼感
  • 紫・・・優雅、ゴージャス
  • ピンク・・・可愛い、エレガント
  • 茶・・・落ち着いた、穏やか
  • 黒・・・フォーマル、重厚感
  • 白・・・すっきり、上品

色の作用

ここに2つの部屋があります。一つが緑の壁紙の部屋、もう一つが紫の壁紙の部屋です。

いかがでしょうか?緑の壁紙の部屋はなんだか爽やかな気分になりますよね。そして紫の壁紙の部屋は品があって優雅な気分になります。壁紙の色だけで部屋の印象はガラリと変わるのです。

緑は自然や植物を連想する色なので、心を穏やかにする効果があります。落ち着きたい寝室や書斎、くつろぎたいリビングにオススメです。紫は神秘的で高貴な色なので、非日常性を出したいお部屋には良いかもしれませんね。

他にも黄色は明るく、サッパリ乾いたイメージの色なので、キッチンやサニタリーなどの水周りに、赤は温度を感じる色ですので寒い!と悩んでいた北向きのお部屋にオススメですよ!

色の組み合わせでワンランク上のインテリアに

色がそれぞれ持っているイメージはわかりましたね。では次はもっと上級者向け、「色の組み合わせ」についてです!

別の記事の「カーテンがインテリアの主役?!窓装飾、選び方のススメ!」にも書きましたが、当然お部屋の内装でも「ベースカラー」、「アソートカラー」、「アクセントカラー」の3つの組み合わせが必要になります。

  • 「ベースカラー」・・・部屋の広範囲で使われる色で、床・壁・天井に使われる色
  • 「アソートカラー」・・・部屋のテーマカラーになる色で、ドアやカーテン、家具などに使われる色
  • 「アクセントカラー」・・・空間を引き締めるポイントになる色のことで、小物、絵画、クッションなどの小さな物に使われる色

割合としてはベースカラー70%、アソートカラー25%、アクセントカラー5%で入れます。例えば・・・

色の組み合わせ

こちらはベースカラーが白と茶、アソートカラーは黒とグレー、アクセントカラーは青になります。白い壁紙に黒やグレーで空間を引き締め、さらにアクセントで青を入れることによって鮮やかなデザインになっています。白やグレーのナチュラルな色を使うことで居心地の良い空間になりますね。

色の組み合わせ

こちらはベースカラーが白とこげ茶、アソートカラーが緑、アクセントカラーがオレンジになります。和室にオレンジを混ぜることで今までの和室の印象とは違うポップなイメージになりますよね!こげ茶とオレンジがマッチしていて素敵な和室です。

照明にも色のイメージがある

ここまできたら完璧な部屋ができる!・・・いいえ、まだ大切なものが残っています!別の記事の「間接照明にこだわってオシャレな満足リノベーションをしよう!」にも書いてありましたが、部屋の内装に欠かせないもの、それは「照明」です!

照明にも色の持つイメージがあります。白くて爽やかな「昼白色」と、オレンジで暖かみのある「電球色」です。

照明の色

「昼白色」のおススメポイント

キッチンや物入れなど手元を明るくしたい場所。他にも白い光の方が勉強などに集中できるので、子ども部屋にもおススメです。朝は昼白色の照明をつけることによってより爽やかな朝になります。目覚めがとっても気持よくなりそうですね。

「電球色」のおススメポイント

リビングや寝室など、ゆったりとくつろぐ場所。オレンジの優しい光なので、リラックスしたい場所に使用するのがおススメです。電球色は料理を美味しそうに見せる効果もあるのでダイニングにピッタリです!

今はリモコン一つで昼白色にも電球色にもなる「調色」できるものがあります。それを部屋に入れれば様々な生活パターンに対応できるので、リビングの照明を調光可能な照明にすると便利です。

更に「調光」タイプもあるんです。光の量を調節できるんです!家族でダイニングでご飯を食べるときは光の量を最大に、子どもが寝たあとは光の量を少し減らして、バーのようなしっとりとした雰囲気でお酒を楽しむことができます!

たかが色、されど色

リフォームはまず初めに枠組みを作ります。絵でいうフレームのようなものです。その中に、その空間にあった色をのせていくのです。そのときに合わない色同士を混ぜてしまうと台無しになってしまいます。インテリアカラーはリフォームにとってとても大切な部分です。

でも、素敵な色をのせてあげるだけでオシャレで居心地の良い空間に生まれ変わります。この記事を参考にして、あなた好みのお部屋を作り上げてくださいね。きっとワクワクするリフォームができると思いますよ。

【合わせて読みたい】→グッとおしゃれな空間をつくる、壁紙の選び方4つのポイント

【合わせて読みたい】→思ったよりカンタン!おしゃれなインテリアを叶える3つのポイント

【合わせて読みたい】→あなたの家のインテリアにはテーマカラーがありますか?

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+