リフォーム

ずっと居たくなる!快適なトイレのためのカラーリング【後編】

     
トイレの壁紙

なんとなく無難だから、という理由で壁紙を選んでいませんか?空間が狭いため、トイレの内装は少し変えるだけでぐっと雰囲気が変わります。「ずっと居たくなる!快適なトイレのためのカラーリング【前編】」に引き続き、今回もトイレの内装やカラーリングについてお話ししていきます。より快適なトイレライフのために、色についてもっと探っていきましょう。

温かみのあるトイレに

温かみのあるトイレにするコツは、赤や黄色など暖色系の色を取り入れることでしたね!早速暖色系のトイレの実例を見てみましょう。

トイレの壁紙

パッと目を引く黄色の壁紙は、空間を明るく見せますよね。1番左のトイレは、木目の色と壁紙の黄色が組み合わされて、見た目にも暖かそうです。真ん中のトイレは、ピンク系の壁紙で温かさを出しています。背中側に貼った壁紙を天井にも貼ると、周囲と違う壁紙でも変に浮いたりしません。

涼しげなトイレに

続いては青など寒色系を使った涼しげなトイレを見てみましょう。

トイレの壁紙

まずは左側のトイレ。薄い水色の壁紙を4面に貼っています。あまり強い色でなければ、すべての面を同じ色にしてしまってもうるさくなりすぎることはありません。反対に、真ん中のトイレは鮮やかな青の壁紙を1面だけ貼ることでぐっと空間の印象を変えています。

この真ん中と右側のトイレのように脇の壁一面のみ色を変えると、背中側の壁より面積が大きいため、より色の効果を感じられるようになります。

壁紙の選び方については、「壁紙をおしゃれにリフォームするおススメのテクニックをご紹介!」も見てみてくださいね。

照明と周囲の壁の色にも注意!

より色の印象を強くしたいのであれば、照明の色と周囲の壁の色にも気を付けましょう。下の写真を見てみてください。

トイレの壁紙

黄色っぽい光の「電球色」は温かい印象を、白っぽい光の「蛍光色」は冷たい印象を与えます。壁紙の色を暖色系にしても、蛍光色の照明を入れると冷たい感じが出てきます。

合わせて、壁紙の色を一面だけ変える場合はそれ以外の面に貼る壁紙の色にも注意です。白い壁紙と言っても、真っ白いものからグレーがかった白、黄色が入った白など種類はたくさんあります。暖色系の壁紙と真っ白い壁紙を組み合わせると、温かい印象は薄まります。どのようなトイレにしたいか、まずイメージすることが大切です。

小物で色を取り入れる

壁紙の貼り替えまではちょっと…という方は、小物でも雰囲気は変えられますのでお試しあれ!

お手軽に色を変えられる箇所がトイレマットやカバーなどの小物です。春、夏は薄手の寒色系のマットをしき、寒くなってきたらもこもこの暖色系のマットをしくと、肌触りもよく楽しくトイレを使えます。面白いデザインのカバーやマットもあるので、ぜひ探してみてください。

トイレのマット

もしトイレの中にちょっとしたものを置けるカウンターや窓枠にスペースがあるのなら、絵や写真を飾ってみるのもおすすめです。

季節に合わせて飾るものを変えて、色を取り入れてみましょう。

トイレの印象

 

快適なトイレライフを!

色に配慮することで、全体の印象を変えると同時に、体感温度もコントロールできます。あなたのお家のトイレも、季節に合わせて更に過ごしやすい空間にリフォームしてみてはいかがでしょうか。

 

【合わせて読みたい】→遊び心満載。おススメ!おしゃれな壁紙の貼り方ランキング

【合わせて読みたい】→リフォームする前に知っておきたい、トイレが好きになるコツ

【合わせて読みたい】→トイレのリフォームをするならどっち!?タンク式かタンクレス

 

デザインリフォーム

コメント

  1. Dreama より:

    Please keep thrnwiog these posts up they help tons.

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+