リフォーム

ずっと居たくなる!快適なトイレのためのカラーリング【後編】

     
トイレの壁紙

なんとなく無難だから、という理由で壁紙を選んでいませんか?空間が狭いため、トイレの内装は少し変えるだけでぐっと雰囲気が変わります。「ずっと居たくなる!快適なトイレのためのカラーリング【前編】」に引き続き、今回も内装やカラーリングについてご紹介しますので、より快適なトイレライフを追求するため、色について探っていきましょう。

トイレのデザイン検討中の方はコチラ

暖色か寒色で印象の方向性が決まる!

温かみのあるトイレにするコツは、赤や黄色など暖色系の色を取り入れることでしたね。早速暖色系のトイレの実例を見てみましょう。

トイレの壁紙

空間を明るい印象にしたいなら断然黄色系の壁紙がおすすめ。
1番左のトイレは、木目調と壁紙の黄色が組み合わされ落ち着いた空間を演出しています。真ん中のようにピンク系の壁紙で可愛らしさを強調したり、右のようにカラフルで大胆な柄に挑戦したりできるのも小さいスペースならではですね。背中側の壁紙を天井にも貼ることで両サイドと違う壁紙でも違和感を防ぎます。

続いては青など寒色系を使った涼しげなトイレを見てみましょう。

トイレの壁紙

まずは左側のトイレ、実は薄い水色の壁紙を4面に貼っています。あまり強い色でなければ、すべての面を同じ色にしてもうるさくなりすぎることはありません。反対に真ん中のトイレは鮮やかな青の壁紙を1面だけ貼ることで空間の印象を変えてくれています。
真ん中と右側のトイレのように脇の壁一面のみ色を変えると、背中側の壁より面積が大きいため、より色の効果を感じられるようになります。

壁紙の選び方については、「壁紙をおしゃれにリフォームするおススメのテクニックをご紹介!」でさらに詳しく紹介しています。

照明と壁色のバランスに注意!

さらに色の印象を強くしたいのであれば、照明の色と周囲の壁の色にも気を付けましょう。下の写真をご覧ください。

トイレの壁紙

黄色っぽい光の「電球色」は温かい印象を、白っぽい光の「蛍光色」は冷たく感じませんか?
壁紙の色を暖色系にしても、蛍光色の照明にすると落ち着いた雰囲気に入れ替わるというわけです。

また、壁紙の色を一面だけ変える場合はそれ以外の面に貼る壁紙の色選びを慎重に行いましょう。白い壁紙と言っても、真っ白いものからグレーがかった白や黄色が入った白など種類はさまざま。暖色系の壁紙と真っ白い壁紙を組み合わせると温かい印象は薄まってしまうので、どのようなトイレにしたいか、まずイメージすることが大切ですね。

トイレにペンダントライトなんて方法も!【照明を変えるだけ!ペンダントライトでグッとおしゃれなトイレに変身】

全体の印象を変える小物の取り入れ方

壁紙の貼り替えまではちょっと…という方は、トイレマットやカバーなどのグッズで色を入れてみましょう。
例えば春や夏は薄手の寒色系マットでひんやりした空間を演出し、寒くなってきたらモコモコ素材の暖色系マットを敷くことで肌触りもよく楽しくトイレを使えます。
近頃はユニークなデザインのカバーやマットも多いのでぜひ探してみてください。

トイレのマット

もしトイレの中にちょっとしたものを置けるカウンターや窓枠にスペースがあれば、絵や写真を飾ってみるのもおすすめです。

季節に合わせて飾るものを変えて、色を取り入れてみましょう。

トイレの印象

 

色と素材を駆使して快適なトイレライフを!

色に配慮すると全体の印象を変えると同時に、体感温度もコントロールできます。あなたのお家のトイレも季節に合わせて更に過ごしやすい空間にリフォームしてみてはいかがでしょうか。

 前編はコチラ  「ずっと居たくなる!快適なトイレのためのカラーリング【前編】

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

コメント

  1. アバター Dreama より:

    Please keep thrnwiog these posts up they help tons.

コメントを残す

*

+