家づくり

対面キッチンの使い勝手は、“ダイニングテーブルの配置”で決まる!

     
ダイニングテーブルの配置

キッチンの3大不満といえば『暗い・狭い・寒い』。これらをまるっと解決できるのが近年よく見る“対面キッチン”ですよね。リビングやダイニングの様子を見ながら明るく開放的な空間で料理ができるこのキッチンの配置は、特に子育て世代に人気があります。

一方で、「ある程度広さがないと対面キッチンにできないんじゃないの?」と対面キッチンをあきらめてしまっている方や実際に対面キッチンを使っているものの、何となく空間が狭く感じている方も少なくないと思います。

そんな方は、ぜひ一度ダイニングテーブルの配置について考えてみませんか?他の家具と比べて見ても、比較的大きなつくりのモノが多いダイニングテーブル。もしかしたら、部屋が狭く感じる原因になっているかもしれません!今回は、スペースが限られていても快適に過ごせる、ダイニングテーブルの配置方法についてご紹介していきます。

一般的なダイニングテーブルの配置について理解しよう

こんなダイニングテーブルの配置、よく見かけませんか?

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルを対面キッチンに垂直に配置する、定番の形です。この配置にはメリットがたくさんあるんです!

  1. ダイニングテーブルに座った人と会話しながら料理ができる!
  2. 配膳、片付けが楽にできる!
  3. リビング、ダイニングの様子を見ながら料理ができる!

などなど、主婦にとって嬉しいことばかり。

ただ、この配置方法にはデメリットもあります。それは・・・“従来のキッチンスペースに比べて多少広いスペースが必要”ということ。対面キッチンからリビング・ダイニングにかけて、ある程度奥行きのあるスペースを確保しなければダイニングテーブルを置いただけでいっぱいいっぱいになってしまったり、料理を運ぶ時の動線が取れなくなってしまったり・・・使いにくい空間になってしまう可能性があります。

でも、これで対面キッチンをあきらめてしまうのはもったいない!次は、「こんな配置があったんだ!」というような、ダイニングテーブルの配置方法をご紹介します。

スペースに限りがあるなら、キッチンの“横”にダイニングテーブルを配置しよう!

スペースが限られていても大丈夫!定番を外して、こんな配置はいかがでしょうか?

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルの配置

定番とは少し違った配置ですが、案外しっくりきませんか?キッチンとダイニングスペースをコンパクトにまとめながらも、料理の配膳はラクラクです!正面向きのダイニングテーブルとはまた違った良さがありますよね。

スペースに余裕がある方でも、あえて横づけにするようにして、正面のスペースを大きなリビングとして活用する方法もあります。

ダイニングテーブルの配置

このように、ダイニングテーブルの配置次第で、空間の広さは変わってくるのです。

あなたの家にはどんな形がぴったり?最適なダイニングテーブルを選ぶポイント

快適な空間づくりをする上でダイニングテーブルの配置はもちろん重要ですが、あと2つ、大切なポイントがあります。

大切なポイント①『いつ』ダイニングテーブルを選ぶのか?

間取りなどの打ち合わせを行うタイミングで「その空間にどんな家具を入れるか」まで考える人は少ないですよね。でも、家という空間は家具が入って完成するものです。工事が完了してから考える方が多いのですが、それはもったいない!ダイニングテーブルのサイズや種類を打ち合わせの段階でトータルに考えた方が、確実にライフスタイルに合ったインテリアを見つけることができます。

大切なポイント②『どんな』ダイニングテーブルにするのか?

スペースが限られていると分かっていながら、対面キッチンにしたいという方におすすめのダイニングテーブルを、ここでいくつかご紹介しましょう!

(1)造作カウンター式

カウンター式のダイニングテーブルを使えば、テーブルをおくスペースを気にせず対面キッチンを手に入れることができます。使えるかどうかは家族の人数にもよりますが、横並びで食事をするというのも新鮮です。

ダイニングテーブルの配置

食後はここでお酒なんか飲めば、雰囲気たっぷりの自宅バル開店です。

ダイニングテーブルの配置

(2)リビングダイニングテーブル

LDKスペースがとにかく限られているという方には、リビングダイニングテーブルがおすすめです。ダイニングテーブルに比べてテーブルの高さが少し低くなっているので、リビングテーブルとして活用する際もしっくりきますよ。

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルの配置

その他にも、丸いテーブルや半円のテーブルなど形もデザインも多種多様。皆さんの理想の空間にぴったりな家具を選ぶことができます。

ダイニングテーブルの配置

「キッチンはうまくできたのに家具が残念・・・」「良い家具は見つかったけど、空間に納まらない・・・」そんな失敗を避けるためにも、プランニングの段階で、家具も含めたトータルプロデュースをしていくことが大切です。

快適な家をつくるために・・・

狭いと感じている空間でも、配置次第で理想の空間が手に入るイメージはつきましたか?対面キッチンをあきらめかけていた方も、家が狭いと感じていた方も一度住まいのプロに相談してみることをおすすめします!これを機に、ストレスフリーな生活スペースを手に入れてくださいね!

 

 

合わせて読みたい

家具と間取りリフォームするならまずはここから。家具と間取りの密接な関係
皆さんはお部屋のリフォームをしたいと決めたとき、どのような部分に興味を持ちますか? ほとんどの方が、まずは「間取りから変えたい...

造作家具既製品より満足できる!イメージ通りにオーダーする造作家具のススメ
みなさんは自分の欲しい寸法の家具を見つける為にいつくかのお店を探した経験はありますか?寸法はもちろんですが、部屋の雰囲気に合っ...

書斎最適な書斎とは?机の配置1つでガラッと変わるレイアウト方法
書斎があるのに、どうも自分好みの空間にならない、、、そんな方はいませんか?自分だけの空間を演出できる書斎スペース。せっかくなら...

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+