ダイニングテーブルの配置
家づくり

対面キッチンの使い勝手は、“ダイニングテーブルの配置”で決まる!

キッチンの3大不満といえば『暗い・狭い・寒い』。これらの悩みを解決できるのが、対面キッチンです。

しかし「ある程度広さがないと対面キッチンにできないんじゃないの?」と対面キッチンを諦めている方や、対面キッチンを使っているものの、何となく空間が狭く感じている方もいます。

そんな方達は、ぜひ一度ダイニングテーブルの配置について考えてみませんか?今回はスペースが限られていても快適に過ごせる、ダイニングテーブルの配置方法を紹介します。

ダイニングテーブルの配置を検討中の方はコチラ

一般的なダイニングテーブルの配置について理解しよう

こんなダイニングテーブルの配置、よく見かけませんか?

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルを対面キッチンに垂直に配置する、定番の形です。この配置には多くのメリットがあります。

  1. ダイニングテーブルに座った人と会話しながら料理ができる!
  2. 配膳、片付けが楽にできる!
  3. リビング、ダイニングの様子を見ながら料理ができる!

などなど、料理をする人には嬉しいことばかりです。

ただ、この配置方法にはデメリットもあります。それは従来のキッチンスペースに比べて多少広いスペースが必要、という点です。対面キッチンからリビング・ダイニングにかけて、ある程度奥行きのあるスペースを確保しなければ、使いにくい空間になってしまう可能性があります。

そんな事態を避けるために、次は「こんな配置があったんだ!」と感じる、ダイニングテーブルの配置方法をご紹介します。

スペースに限りがある人は、キッチンのに配置しよう!

スペースが限られていても大丈夫!定番を外して、こんな配置はいかがでしょうか?

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルの配置

定番とは少し違った配置ですが、しっくりきていませんか?

キッチンとダイニングスペースをコンパクトにまとめながらも、料理の配膳は楽にできます。スペースに余裕がある方でも、あえて横づけにして、正面のスペースを大きなリビングとして活用する方法もあります。

ダイニングテーブルの配置

このように、ダイニングテーブルの配置次第で、空間の広さは変わってくるのです。

ダイニングの照明がきになる方は▶︎ダイニングの照明次第で料理の美味しさが変わる?最適な照明の選び方

あなたの家にはどんな形がぴったり?ダイニングテーブルを選ぶポイント2

快適な空間づくりをする上でダイニングテーブルの配置はもちろん重要ですが、あと2つ大切なポイントがあります。

大切なポイント①『いつ』ダイニングテーブルを選ぶのか?

間取りなどの打ち合わせを行うタイミングで「その空間にどんな家具を入れるか」まで考える人は少ないです。

しかし家という空間は、家具が入って完成するものです。そのためダイニングテーブルのサイズや種類も工事の打ち合わせの段階から考えた方が、確実にライフスタイルに合ったインテリアを見つけられます。

家具と間取りを合わせて検討したい方は▶︎リフォームするならまずはここから。家具と間取りの密接な関係 

大切なポイント②『どんな』ダイニングテーブルにするのか?

対面キッチンにしたいという方におすすめのダイニングテーブルを、ここでいくつかご紹介します。

(1)造作カウンター式

カウンター式のダイニングテーブルを使えば、テーブルをおくスペースを気にせず対面キッチンを手に入れることができます。

ダイニングテーブルの配置

食後はここでお酒なんか飲めば、雰囲気たっぷりの自宅バル開店です。

ダイニングテーブルの配置

(2)リビングダイニングテーブル

LDKスペースがとにかく限られているという方には、リビングダイニングテーブルがおすすめです。ダイニングテーブルに比べてテーブルの高さが少し低くなっているので、リビングに活用する際もしっくりきます。

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルの配置

多種多様なデザインがあるので、皆さんの理想の空間にぴったりな家具を選ぶことができます。

快適な対面キッチンをつくるためにプロに相談してみては?

狭いと感じている空間でも、配置次第で理想の空間が手に入るイメージはつきましたか?対面キッチンをあきらめかけていた方も、家が狭いと感じていた方も、一度住まいのプロに相談してみることをおすすめします。これを機に、ストレスフリーな生活スペースを手に入れてくださいね!

 ダイニングテーブルの配置を検討中の方はコチラ