お金・税金

住宅ローンの頭金2割神話はウソ?知っておくべき頭金の考え方

     
家の頭金

マイホームの購入を検討している皆様。 どんなお家にしようか、どこに家を建てようか、どんな間取にしようか…等々、幸せな悩みが沢山あると思います。

けれど夢のマイホームを実現するためにもどうしても避けることができない悩み……そう「お金」です。 実はは同じお家を買うにもお金の考え方によっては何百万と総額が変わることだってあるのです! 今回はそんなお金に関することから、よく相談を頂く「頭金」についてまとめてみました。

頭金はいくら位用意するのが当たり前?

家の頭金

マイホームを購入するにあたってみなさんどのくらい頭金を捻出しているのでしょう?年収別に頭金の額を調査したデータがありました。

[年収400万円未満]
頭金なし…26.0%
200万円未満…23.4%
200万円~500万円未満…18.3%
500万円~800万円未満…11.7%
800万円~1000万円未満…4.4%
1000万円~1500万円未満…7.7%
1500万円~3000万円未満…6.2%
3000万円以上…2.2%

[年収400万円~600万円未満]
頭金なし…17.3%
200万円未満…21.2%
200万円~500万円未満…21.2%
500万円~800万円未満…15.3%
800万円~1000万円未満…6.6%
1000万円~1500万円未満…8.5%
1500万円~3000万円未満…7.7%
3000万円以上…2.1%

[年収600万円~800万円未満]
頭金なし…14.0%
200万円未満…14.3%
200万円~500万円未満…21.3%
500万円~800万円未満…15.3%
800万円~1000万円未満…9.5%
1000万円~1500万円未満…11.8%
1500万円~3000万円未満…10.3%
3000万円以上…3.8%

(参考:SUUMO 家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011 より)

3000万円以上の頭金を捻出している方もいらっしゃることに少し驚きを隠せない筆者ですが、5~6割の方が500万円以内の頭金を捻出してマイホームを手に入れているようですね。

そしてこのデータで注目して頂きたいのは「頭金なし」の方も1~3割ほどいる点です。
「えっ!? 頭金が無くても平気なの?」

次の項目で説明していきます。

頭金が無いからマイホームはまだ買えない?

家の頭金

結論から言いますと「頭金0円でも購入可能」です!前述したデータで購入可能なことはわかっていた方も多いと思いますが…。笑

現在、住宅ローンを借りる金融機関では住宅資金以外に諸経費やリフォーム資金等まで一度に借りることができます。(一部金融機関を除く。)

よって頭金が無くても住宅ローンで全て賄うことができるので、頭金がないからマイホームはすぐに手に入らないということはないのです!(ただし、ハウスメーカーでの建築や新築の分譲マンションを検討している場合は契約時に合計金額の何割か必要な場合もありますので、メーカー等に確認は必要です。また売買契約時に基本的には手付金が必要です。)

頭金はない…でもすぐにでもマイホームが欲しい。あきらめる必要は決してないのです!

頭金を貯めてから購入するべき?

親御さんにマイホームを購入することを相談すると多くの方が以下のようなアドバイスを頂くようです。

「頭金はちゃんと用意したの?」

その為しっかり頭金を貯めて購入しようと時期を遅らせる方も多く居らっしゃいます。では本当に購入時期を遅らせてでも頭金を貯めた方が良いのでしょうか?試しに試算してみましょう。

35歳の方が2500万円の物件を購入する場合で、頭金なしですぐに購入する場合と、月2万円ずつ貯蓄をし5年後に120万円頭金として購入にあてる場合で比較してみました。

頭金の比較

左が頭金なしですぐ購入、右が頭金を貯めて5年後に購入した場合です。なんと頭金なしですぐ購入したほうが553万円も総額が安くなるという結果でした!頭金を貯めてから購入を考えていた方はこの試算結果に驚きではないでしょうか?

現在銀行の金利は過去最低の水準を保っています。そのため住宅ローンを組んで発生する利息に比べて、頭金を貯める間に発生する現在のお住まいの家賃の方が高くなってしまうのです。親御さんの家を購入した時代はバブル期で金利が8%を超えている時もありました。そうなると借入分はできるだけ少なくするように頭金をできるだけ多く入れたほうが得だったのです。ただ当時は今と違い預金に対する利息も高かったので、お金を貯めるのが今よりも楽だったようですよ。

さらに注目して頂きたいのが定年時(60歳)の残債額です。すぐ購入の場合残債額は859万円ですが、5年後に購入した場合は1256万円と約400万円ほどの差が出ています。豊かな老後を過ごす為にも、定年後の残債は出来るだけ減らしておきたいですね。

もちろん現在実家に住んでいる為家賃はかかっていないという方もいらっしゃると思うので、一概に上記のとおりとは言えませんが、頭金を貯めた方が必ずしも得ではないことは覚えていてもいいかもしれませんね。

ただし多少の手持金は必要

頭金0円でも可能と謳ってきましたが、多少なりの手持金は必要です。土地や新築、中古物件等を購入する際には契約手付金が必要となってきます。

なぜ契約手付金が必要か?定められた期間中に一方的に契約を取り止めたい場合に、支払った手付金を放棄して一方的に契約の解除をできる約定が契約書には定められています。マイホームは多大な金額の契約になることがほとんどで、契約を履行するために売主・買主・施工業者などが動くので簡単には解除ができないようになっているのです。

これに関してはメーカーや売主様によって金額に差異はありますが、購入金額の1割程度が相場のようです。ですが交渉によって30~50万円程度の契約手付金でも購入可能な場合もありますので、担当者に予め相談しておくと良いかもしれませんね。

悩む前にまず相談!

家の頭金

今回は頭金にスポットを当ててお伝えしてきましたが、マイホーム購入にはこの他にも金融機関やローンの種類、事前審査など知っている人が得をすることが沢山あります。裏を返せば知らない人がなんとなく住宅ローンを組んでしまうと「もっと安く組めたのに…」なんてことが起きるかもしれません。

すぐにマイホームの購入を考えている方も、これから考え始める方もお近くの不動産会社やファイナンシャルプランナーにまずは相談してみましょう!インターネットだけでは分からない情報がきっとあります。満足のできる住宅ローンで、より良いマイホームを手に入れてくださいね!

 

合わせて読みたい

マイホーム購入マイホーム購入「これだ!」と思ったときに買える事前準備をしよう!
マイホームの購入は人生で一度あるかどうかの大きな買い物です。 いいかなと思った土地や住宅が出てきたときに、あなたはすぐに決断で...


諸経費とは「あと200万必要です」と言われないためのマイホーム諸経費講座
「閑静な住宅街の一戸建て ○○○○万円!」このようにチラシに書かれた金額でマイホームが手に入る!そう思ってはいませんか?実はその他...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+