リフォーム

知って安心!耐震についてのリフォームのすすめ

     

リフォームを考えている方にとって、とても多く抱えられているお悩みや心配事は何だかご存知ですか?

ずばり、「耐震」、「断熱」です!
この2つは、ほぼセットで気にされている方が多いです。

大きな震災は乗り越えたけど、これから何十年も先、愛着のある家で過ごすためには、避けては通れないリフォームのポイントです。
今回は、リフォームの気になる事の一つ、「耐震」についてのお話です。

家の強さって何?

皆さんは自分の家がどれくらい地震に強い家なのか、気になりませんか?
そもそも家の強さってどうやって測れるのでしょうか?

ここでは、耐震性、家の強さとはどういうものなのか、ご紹介します。

私達リフォームのアドバイザーが大規模のリフォーム工事をする際には、必ず耐震診断士による耐震診断を行います。
床下を潜って基礎の強度を調べたり、屋根裏に登って金物や筋交いの位置などをチェックします。
そのような調査をすることで、現時点での家の強さを「上部構造評点」という数値化をし、家の強さを表すことができるのです。

上部構造評点での家の強さは下記のように数値化します。
1.5以上       :◎ 倒壊しない
1.0以上~1.5未満 :○ 一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満 :△ 倒壊する可能性がある
0.7未満       :× 倒壊する可能性が高い

築年数が古い木造の住宅だと、0.7未満のお家が多くあります。
家の上部構造評価の数字を知ることで、心配になられる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、住んでいる家の耐震の強さが分かれば、あとは改善するのみ!
まずは、「現状を把握する」という事が大事になってきます。

耐震リフォームって何をするの?

さて、もし仮にあなたのお家が上部構造評点が0.7未満だったとしたら…。

「すぐにでも耐震リフォームをしなきゃ!!」と、考えてしまいますよね。
ただ、その数値を強くするためには、どのような工事をして、どのくらい強くなるのかが分からないといけません。

一般的に、数値で言うと1.0以上あることが望ましいとされています。〝一応倒壊しない〟という範囲の数字ですが、新築でも
だいたいがこの1.0~1.5位ということが多いんです。

その為に必要なことが、家全体の筋交いの位置と、耐力壁という強度を増した壁の配置が重要になってきます。
適当に筋交いを多くしても、縦横全体のバランスが悪いと、家は強くはならないんです!

大規模なリフォーム工事をするとなると、間取りをガラッと変える方がほとんどなので、その間取りを考える際に、この壁と筋交いのバランスの良い配置になるようプランニングする必要があります。
そうすることによって、今までの家より快適で素敵な空間になりつつ、家の強度も上がるという魅力的なリフォームが実現するのです!

見えないところも!

ここまでの話しから、筋交いや壁を増やすということが耐震リフォームでは重要になってくることが、分かっていただけたかと思います。
が、もちろんそれらが耐震リフォームの全てという訳ではありません。

影の力持ちの、〝ある物〟が必要になります。
そう、「耐震金物」です!

筋交いをさらに強くしっかりと支える、「筋交いプレート」

梁と桁を緊結させる「羽子板ボルト」

基礎と柱脚、柱と梁を緊結する「ホールダウン金物」

住んでいる家でも、普段は目に見れないこういった金物達が、壁の中、天井裏で、私達の家を支えてくれているのです。
内部を解体した際に、これらの金物が付いていたとしても、古い物は撤去して新しい物へ交換や新設することで、家の強度は上がっていくのです。

頭でっかちは危険?!

耐震リフォームをする際に、実はもう一つ、気を付けなければいけない施工箇所があります。

それは、屋根です!

金属屋根は軽く、家への負担が少ないのですが、和風のお家に多い瓦屋根はとても重く、家への負担が大きいんです。
もちろん、その瓦に耐えられるよう設計されているお家であれば大丈夫ですが、築年数が古く、耐震への意識が薄かったところに建てられたお家は少し危険です。

屋根部分、つまり頭が重いと地震の際に、振り子のように揺れも大きくなり、家への負荷が大きくなります。
そういった心配がある場合は、軽くて丈夫なガルバリウム鋼板への葺き替えがおススメです。

安心で安全なお家へ

いかがでしたでしょうか?

耐震リフォームにおいて〝耐震〟は、何だか難しそうで、何が何だか全然が分からないという方も多かったと思います。

今回ご紹介させていただいた記事で、何となくでも家の強さについて、イメージが湧いていただけたのであれば幸いです。
皆さん、しっかりとした耐震リフォームをしてこれから何十年も安心して暮らせる家にリフォームしましょう!

 

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+