リフォーム

玄関ドアをリフォームすべき3つの理由とそのメリット

     
玄関ドア

突然ですが、日本の玄関ドアは外開きのものが多いと思いませんか?それは一体なぜでしょう?

日本の玄関ドアのほとんどが外開きのドアですが、海外ドラマなどを見ていると内開きが多いんです。「あれ?」と思ったことがある人も中にはいるのではないでしょうか。海外で内開きドアが多いのは、諸説ありますが、防犯対策の為だと言われています。「内開き」のドアであれば、怪しい人が無理やり中に入ってこようとしたときでも全体重をかけてドアを閉める事ができるからだそうです。

日本で「外開き」のドアが多いのは・・・そうです、玄関で靴を脱ぐ習慣のためだからだそうです。内開きドアだと脱いだ靴がひっかかったり、狭い玄関では出入りが難しくなってしまうはず。昔から安心・安全に暮らせていた日本だからこそ「外開き」の玄関ドアが一般的になってきたんでしょうね。

さて今回は、そんな玄関ドアについて話をしたいと思います。家族やお客様と一番最初に出会うのが玄関。玄関のイメージ次第で、家全体のイメージが良くも悪くもなりかねません。玄関ドアのリフォームを考える上でのポイントをお伝えします!

室内ドアについては、こちらを参考にしてみて下さいね。

お隣さんはなぜ玄関ドアを交換しているのかしら?

テレビCMでも雑誌などでも、最近玄関リフォームの特集をよく目にします。でも一度家を建てたら、そうそう玄関ドアなんて交換しないもの、と思っていませんか?もちろんそう簡単に交換するものではないと思いますが、周りのご近所さんで玄関ドアをリフォームしたお家ありませんか?意外とありませんか?

そうなんです。玄関ドアをリフォームしたくなる理由が幾つかあるんです!

理由その1、『デザインのリフレッシュ!』玄関ドアを交換した途端、家の表情がガラッと変わります!最近の玄関ドアはデザイン性が高いので、家のイメージが一気に変わりますよ。

理由その2、『防犯性能のグレードアップ!』玄関が防犯機能を持たなければ意味がありません。実は色々進化を遂げているのですが、気になる続きはのちほど・・・

理由その3、『ドアの擦れや変形による開閉困難!』いわゆる老朽化ですね。長年使い続けてきた玄関ドアは、老朽化によって開け閉めが大変になったり、鍵がかかりづらくなったりしてストレスが溜まります。

これらの他にも理由はあると思いますが、大きく分けてこの3つの内容について、もう少し詳しくご説明をいたします!

理由その1、『デザインのリフレッシュ!』

今あなたのお家についている玄関ドアを見てみて下さい。

築年数が30年以上経っているお宅の場合、高さはだいたい180cm、ドア自体に硝子がない一枚板で、ドアの上に欄間を設けて明かりをとるタイプのものではありませんか?もしくは明かり取りがなくて玄関スペースが真っ暗。

それに比べて今主流の玄関ドアは、高さがあります!高さのあるドアは重厚感があり、豪華で上品な雰囲気があります。しかし重厚感がありつつも、今のドアは軽く、開け閉めがしやすいのです。

ドアに硝子も組み込まれるようになり、種類によっては硝子部分が開け閉めできるドアもあります。さらに光だけでなく、風も取り込めるタイプのものもあります。これ凄くないですか?防犯もしつつ換気をしてくれる、ジメジメする季節には持って来いの商品ですね!

採風窓

ドアのタイプは片開きドア、親子ドア、片袖FIXドア、両開きドアなど。色は、アルミ色以外にも木目調や石目調、チェック柄など、たくさんの種類の中からお家の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

色々な玄関ドア

理由その2、『防犯性能のグレードアップ!』

昨今の鍵事情は、かなりの進化を遂げていますよね!車を例に考えてみると、シリンダーに鍵を入れてドアを開け閉めする事がほとんど無くなり、キーレスが当たり前になってきています。

そんな時代に、玄関ドアが進化を遂げないわけがありません!玄関ドアの鍵の開け閉めも、これからはキーレスが当たり前になるかもしれません。リモコンを持っていれば、ハンドルのボタンを押すだけで、上下の鍵を1度に開け閉めすることが出来ます。離れた所からでもリモコンで操作が出来るので、両手が塞がっていても鍵の開け閉めはバッチリです。

他にもICチップを内蔵したカードやシールをハンドルに近づけるだけで鍵の開け閉めが出来るタイプもあります。例えばそれを携帯電話に貼るだけで鍵に早変わり!防犯にも配慮され安心して使える仕様になっています。

鍵の進化

これらの玄関ドアにする場合、基本的に配線工事が必要になります。でも配線の要らない電池式もあるようなので、迷った時には工事業者に相談してみるのがよさそうです!

理由その3、『ドアの擦れや変形による開閉困難!』

こんなサインが出たら、ドアの交換時期でしょう。毎日使うところですから、ストレスが溜まる要因は早めに解決しちゃいましょう!

玄関を交換する時に心配になるのが、予算と工事期間ではないでしょうか。前述の通り、毎日使うからこそ早く終わらせたいですよね。予算は玄関ドアのタイプ、工事の内容によって変わってきますので、目安になりますが30万円~といったところでしょうか。

工事期間に関しては、最短1日でドアの交換ができる商品もあります。「カバー工法」なら壁や床を傷める心配もありません。そんなに簡単にできるの?と思われるかもしれませんが現場調査をして問題が無ければOKです。取り付けられない場合もあるので、事前に工事業者に見てもらいましょう!

交換の手順

参考サイト:http://www.lixil.co.jp/reform/entrance/door/

素敵な暮らしは玄関から!

最近は気軽に玄関ドアをリフォームするお家も増えてきています。玄関はお客様をお迎えする「家の顔」。玄関ドアを素敵にリフォームすることで、毎日帰ってくるのが楽しみになるはずです!ポイントをしっかり押さえて、皆さんも素敵な玄関ドアにしてみませんか?

【関連記事】→実は簡単にできちゃう!室内ドアリフォームのススメ(交換方法編)

【関連記事】→実は簡単にできちゃう!室内ドアリフォームのススメ(デザイン編)

デザインリフォーム

コメント

  1. Fanni より:

    Right onh-tis helped me sort things right out.

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+