インテリアデザイン

意外と見逃しがち、あなた家にぴったりな玄関照明の選び方

     
玄関照明

皆さんは、玄関や廊下を毎日使っていて、少し暗いかも?と感じたことありませんか?室内でも特に玄関は、くつや傘を置いていたり、段差が大きくあったりと、見えない危険がたくさん含まれている場所でもあります。

そこで今回は、意外と見逃しがちな玄関照明を中心に、あなたの家の玄関にもぜひ取り入れてほしい「玄関照明の選び方」についてご紹介いたします。

暗い玄関は危険がいっぱい。安心できる玄関照明とは?

まず、普段使っている玄関を想像してみてください。玄関の足元って、他の部屋と比べてみるとかなり暗いと思いませんか?段差になっているせいか、下にいくほど天井の照明の明かりが届いていないことが多く、暗さが原因で転んでしまったり、躓いてしまったりと、ひょっとすると大きな事故につながりかねません。

しかし、照明の取り入れる場所を少し工夫するだけで、安心して使える玄関に変身しちゃうんです。天井の照明は今まで通り使い、足元にこの照明ををプラスすると・・・

玄関照明

どうでしょうか?このように間接照明を取り入れることによって、足元だけを柔らかく照らしてくれます。足元を照らしてくれることで安心感が生まれますし、機能性とデザイン性も十分兼ねそなえた玄関になりますね。

「センサー式」の玄関照明で、より快適に!

真っ暗な玄関で,「なかなか照明のスイッチが見つからない」そんな経験はありませんか?急いでいる時、両手に荷物を持っている時などは、特にスイッチのON・OFFが何かと不便に感じることもあるはずです。。そんなときに最適なのが、「センサー式」の照明です。

センサー照明

この照明は突起部分がセンサーになっていて、人の動きを感知して自動で照明が「ON」になり、しばらくするとまた自動で「OFF」になります。玄関だけでなく、トイレなどにも活用されている照明なんです。これを設置すれば、にスイッチを探す手間がなくなり、より快適になります。

玄関をオシャレに彩る照明の選び方

玄関は、「さあ、どうぞ!」と、お客様を迎える、いわば”家の顔”となる場所です。玄関の靴棚の上に絵を飾ったり、お花を飾ったり、はたまた趣味のものを飾ったり‥‥少しでも良いイメージを持ってもらえるよう、照明を利用しておしゃれな空間にしてみるのはいかがですか?

玄関照明

玄関照明

玄関にちょっとした飾り棚を作って、季節ごとに飾るものを変たりすることで、いつもの照明がまた違う雰囲気に感じられます。また、暗くなったら照明をONにすると、昼間とはまた違う暖かな照明の光の効果で、より素敵な空間になります。

ライフスタイルに合った玄関照明選びで、快適な玄関作りを!

玄関照明

いかがでしたか?今までの「暗い場所を照らす」という照明だけでなく、必要な場所だけを照らしてくれたり、ちょっとオシャレに見えるように使ったりと、使い方や取り入れる場所によって、さまざまな雰囲気を作ってくれます。

また、今回ご紹介した照明以外にも、普段使っている白っぽく見える照明ではなく温かみのある電球色のものを用いてみたり、電球の取替えがほとんど必要のないLED照明を用いてみたりと、まだまだ工夫出来るところはたくさんあります。色々な実例を見ながら、ぜひあなた好みの照明で、「玄関」を作ってみて下さい!

 

合わせて読みたい

リビング照明あなたのリビングに最適な照明とは?部屋を引き立てる照明の選び方
最近オシャレなリビングが増えてきていますね!雑誌やテレビを見て、我が家も「こんな雰囲気にしたいわぁ~…」と思っている方、今回必見...

照明お部屋の雰囲気を決める!こだわりのインテリア照明の選び方
突然ですが、お部屋の雰囲気を作る大切な要素とはなんでしょうか? キレイな床や壁の内装、お洒落なインテリア、皆さんは何が思いつき...

間接照明間接照明にこだわってオシャレな満足リノベーションをしよう!
お部屋に何か足りないな~と思っているあなた。間接照明でお部屋にアクセントをつけてみてはいかがですか? 最近は新築でもリフォーム...

 

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください
デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+