リフォーム

家の顔を素敵に!空間に合った玄関タイルの選び方

     
玄関タイル

「玄関」。それは家の顔であり、お客様を招き入れたときにその家の第一印象となる部分です。玄関ドア本体ももちろん大事なのですが、空間の印象を左右するのが玄関の床であるタイルです。どういった素材のものを使用するかで玄関ホールの雰囲気は大きく変わってきます。玄関廻りの雰囲気に合ったタイルを選定することで、よりまとまりのある空間にすることができます。

今回は家の顔ともいえる玄関を素敵にするためのタイルについてご紹介していきます。

タイルのリフォーム

玄関タイル

タイルのリフォームというと、今あるものを剥がして、下処理をして、新しいタイルを貼るといったとても大掛かりなイメージを持っていませんか?

でも実際はそんなことありません!既存のタイルの上に新しいタイルを重ねて貼ることができるのです。それは玄関タイルも同じです。玄関タイルが新しくなるだけでお家の印象はガラッと変わります。そして貼るタイルも形や大きさなど様々で、どういったものを選ぶかによっても雰囲気は変わってきます。

与えたい印象から大きさを選ぶ

一つ目のポイントは大きさです。一般的には300mm角や200mm、150mm角ほどの正方形のものや300mm×600mm程の長方形のものが多く使用されています。大きいタイルを使用すればどっしりとした重厚感ある印象を与えることもできますし、150角といった少し小さめのタイルであればかわいらしい印象を与えることができます。

玄関タイル

 

玄関タイル

また、正方形や長方形のタイルなど、大きさの異なるタイルを組み合わせて貼っても、オリジナルの雰囲気を演出できます。

玄関タイル

出典:http://iinavi.inax.lixil.co.jp/products2/tile/search/item.php?seriesid=1263

風合いと色で引き立てる

もう一つのポイントが表面の風合いや色です。玄関廻りの雰囲気に合わせたタイルを選ぶことで、空間をより引き立てることができます。

①和風

旅館のような純和風の空間や和のテイストを残した和モダンの空間に仕上げる場合は、敷瓦調や木質調といった素材の比較的暗めのタイルを貼ることでより引き締った空間となり、和のテイストを感じることができます。

玄関タイル

②洋風

カフェのようなナチュラルスタイルや、カントリー調の空間の場合は、天然石のような風合いのものや土もののテラコッタ調のタイルを貼ることでかわいらしいカフェスタイルを演出することもできます。

玄関タイル

 

タイル以外の仕上がりも

タイルからは少し離れてしまいますが、玄関部分の床には他にも違う仕上がりがあるので、少しだけ紹介したいと思います。和風玄関に多く見られますが、三和土(たたき)や洗い出しといった仕上げです。

・三和土(たたき)

簡単に言うと土間の仕上げです。最近はコンクリートで仕上げたものを多く指しますが、古くは土に石灰や苦汁を混ぜて固めた土間のことを言っていました。

玄関タイル

・洗い出し

石とセメントを混ぜ、床の下地のモルタルに塗り付けて、固まる前に表面を水洗いして石を表面に露出させたものです。最近ではアレンジとして石の変わりにビー玉や貝殻を入れて洋風の雰囲気にすることもできます。

お家の第一印象を素敵にしましょう!

ここまで紹介してきたように玄関タイルにどのようなものを使用するかで、その家の第一印象が決まります。「家の雰囲気はどんな感じなのか」「どんなテイストの空間にしたいのか」といったことを考えながらタイルを選ぶと良いかもしれません。大掛かりな工事のイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は意外と簡単にリフォームできてしまうものです。ぜひこの機会にお家の顔である玄関を今よりももっと素敵にしてみませんか。

 

合わせて読みたい

玄関照明意外と見逃しがち、あなた家にぴったりな玄関照明の選び方
皆さんは、玄関や廊下を毎日使っていて、少し暗いかも?と感じたことありませんか?室内でも特に玄関は、くつや傘を置いていたり、段差...

玄関収納「玄関」は家の顔!物が多くてもスッキリ片付く、おすすめ収納3選
自分の家にお客さんが来たとき、お迎えする最初の部屋、それが「玄関」です。 『いつもきれいにしておきたいけど、ものがたくさんあっ...

玄関ドア玄関ドアをリフォームすべき3つの理由とそのメリット
突然ですが、日本の玄関ドアは外開きのものが多いと思いませんか?それは一体なぜでしょう? 日本の玄関ドアのほとんどが外開きのドア...

 

 

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+