リフォーム

家族会議で話し合いましょう。リノベーション前に決めておきたい事

     
家族会議

後悔せずに良いリノベーションをするには、事前に決めておくべきポイントがあります。どれだけ家族で話し合えたかで、リノベーションの結果が変わると言っても、過言ではありません。

ここでは後悔しないリノベーションをするために、家族みんなで事前に何を決めておくべきなのか、話し合いのポイントをお伝えしていきたいと思います。

リノベーションへのきっかけと想い


家族会議

なぜ、リノベーションをしようと思ったのか。家の老朽化、家族構成の変化など、リノベーションをしようとする理由には、様々なきっかけがあると思います。

リノベーションをしようと思い立ち、家族で話し合いを行うと、様々な夢や要望が行きかいます。時には、意見の食い違いから言い合いになり、リノベーションの計画自体がなくなってしまうなんて事も…。

ですから、「なぜリノベーションをしようと思ったのか?」というきっかけを明確にしておく必要があります。

また、どうしても既存建物の状況によって、できる事、できない事があります。「できる事」をアドバイザーに相談する前に、「出来ないだろう、無理だろう」と家族間での話し合いで諦めてしまう事も…。
家族間で要望を潰し合ったり、意見を無理にまとめるのではなく、重要な事は箇条書き程度でも書き留める事をおすすめします。

要望の優先順位と忘れがちな予算


家族会議

家族で話し合った理想のリノベーションは、いくらでできるのでしょうか?難しい判断ですよね。しかし、予算を決めておくという事はとても重要です。
理想の住まいにするために、家族の要望を全て叶えるともなると、お金はいくらあっても足りません。

そんな時、必要になるのが優先順位です。家族で出たそれぞれの要望に、優先順位を付けてみましょう。
少しでも多くの希望を叶えるために、希望の間取りプランなどは変更せずとも、使用する商材や施工方法を変えたり、工事範囲の縮小なんて方法もあります。

この段階では、要望を消していくのではなく優先順位を付けるのがおすすめです。アドバイザーを含め、要望を絞り込むことにより、納得した工事内容にすることができます。

また、リノベーションに掛かる金額というと、工事内容や商品の値段に目が行きがちですが、リノベーションには忘れてはいけない金額の項目があります。

それは、窓装飾や家具、家電、引っ越し、仮住まいなどに掛かる費用。新しい空間には、それに合った家具・家電まで揃えたくなります。大型の工事であれば引っ越し、仮住まいも必要になってきます。工事後のお家に合わせ家具や家電などの選定も必要になってきますよね。

打合せから契約、工事開始から工事中、そして何よりも工事後の生活を、しっかりイメージしておくと、間違いのない素敵なリノベーションができるはずです。

ちなみに、工事の金額によっては住宅ローン、リフォームローンなども使うことができます。家族会議で要望の優先順位を決めて、将来を見据えた資金計画を立ててみましょう。

希望の工事時期と目標


家族会議

リノベーションへの要望をまとめ、工事のイメージをし、資金計画を立てたら、次は工事時期です。
いつまでに工事を終えたいのか。

結婚や出産、進学、進級、就職など、様々な行事があります。リノベーションのきっかけとなる理由の多くが、この時期にあたります。
時期によっては、使えるお得な助成、補助制度があります。

また、リノベーションを進めていくにあたり、工事の完了こそが最終的な目標です。

「いつでもいいかな?いつかは…」という考えでは、家族間での話し合い段階で、意見の食い違いがあった瞬間に計画が無くなってしまう可能性が大きいです。
完成という目標を持つことが、何よりも良いリノベーションを行う事に繋がります。

短気は損気

家族間で話し合うと高確率で意見がぶつかり合います。「もういい、勝手にすれば…」と、話し合いの場から抜けてしまう事もあります。これでは良いリノベーションはできません。

素直な意見を出し合えるのも家族だからです。家族皆で話し合い、皆が納得してリノベーションを進めていくことが、成功の秘訣です。

家族会議

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

コメントを残す

*

+