リノベーション

プロが教える!家族みんなが快適に過ごせる理想の間取りチェックポイントって?

     
いい住まい勉強会レポート

近年話題になっている「リノベーション」。中古物件が新築のように綺麗な内装になることもあり、人気が高まっています。

しかし、一口にリノベーションと言ってもすでにリノベーション済みの物件が販売されていたり、物件は決まっているものの注文住宅のように内装を自分好みにオーダーできるなど様々なパターンがあります。実はリノベーションには、内装を綺麗にすることに加え、あるポイントがあるんです!

今回はそのポイントを6月17日に開催した『いい住まい勉強会』のレポートと共にお伝えします。

「なんだか、落ち着かない」住み慣れた我が家に潜む小さな問題点

勉強会の最初の問いかけは、こんな質問から始まりました。

「家にいて、小さなストレスを感じたことはありませんか?」

多くの人にとって落ち着く空間である自宅。実はそんな自宅に潜む「ストレス」があることをご存知ですか?

いい住まい勉強会レポート

例えば「下駄箱が小さくて玄関に靴が脱ぎっぱなし、帰宅後に靴を脱ぐスペースもない!」「収納がたくさんあるのはいいけれど、どこに何があるのかわからない!」こんな風に思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

勉強会の参加者からも「天窓ががって明るくて眠れない」など住み始めてから気が付いた小さなストレスがたくさん出てきました。この小さなストレスが積もりつもって大爆発し家族の関係も脅かすことになりかねません。

実は、その悩みを解消できるのが「間取り!」なんです。

間取りが変われば、人生が変わる?!みんながハッピーになれる、住みよい住環境とは?

考えてみると、確かに今の住まいにちょっとしたストレスを思い当たるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、日々暮らしの中で感じている小さなストレスがなくなることで生活にゆとりが生まれるんです。しかし、どういったポイントで住宅を選べば小さなストレスが軽減できるのでしょうか。プロの目線からみる、住みよい環境のチェックポイントを見ていきましょう。

いい住まい勉強会レポート

①収納

収納と言われると多さ・少なさという視点で考える人が多いかもしれません。もちろん多さ・少なさも重要ですが、どこの部屋にどのぐらいの収納スペースがあるかも重要です。

②人の動き

導線を意識しよう、という話はよく聞きますよね。ここでは人の動きを2つの意味合いを持たせて考えています「動き」と「コミュニケーション」です。

③光と風

光の入らないキッチンで料理をすると気分が落ち込みやすいってご存知でしたか?実は、光が入らないことや風が通らず部屋の中で淀んだ空気が滞留してしまうことでストレスを感じてしまうのです。

この3つのポイントを押さえた上で、実際に間取りを見てみましょう。

実際の間取り図を見て感じる、3つのポイントの重要性1

セミナーでは5つの間取りを紹介しましたがレポートではそのうち厳選して2つをご紹介いたします。

◆忙しい朝に10分のゆとりを持てる家◆

間取り図をみながら、ポイントの再確認をしてみましょう。インナーテラスが特徴的なこのお部屋、導線が直線上にまとめられているためスムーズな朝の準備が可能です。また3つ目のポイントである光と風も、テラスが存在することで確保しています。

いい住まい勉強会レポート

キッチンのすぐ横にダイニングがあることで作った朝食をすぐ配膳でき、キッチンの隣には洗濯機があるので、洗濯をしインナーテラスで洗濯物を干す導線も直線上にあるのです。無駄な動きを減らすことで朝の10分にゆとりが生まれる、機能性考えられたリノベーションです。

◆夫婦の会話が増えたみたい、コミュニケーションを育む家◆

いい住まい勉強会レポート

玄関からリビングまでの導線が非常によく考えられているこの家。陽の光が入り、明るくナチュラルな雰囲気が素敵ですよね。実際に間取りを見てみましょう。

いい住まい勉強会レポート

帰宅後、玄関横の収納に荷物を置いて着替え…手を洗ってキッチンで軽くおつまみを作って夫婦で乾杯!写真や間取り図を見ているだけでも非常に魅力的な生活に思えますよね。

中古マンションのリノベーションと一口に言っても、古い部分の改修をしてオシャレに生まれ変わらせるだけでなく「機能性」や「コミュニケーション」といった部分に着目をして考えていくことが重要ということが良く伝わる2点の事例でした。

理想の間取りをシュミレーションしてみよう

住みよい環境を作るポイントと実際の事例を見た後は、おいしいケーキでコミュニケーションタイムです。今の住環境で困っていることや、リノベーションへの意欲などざっくばらんに共有しました。

いい住まい勉強会レポート

おいしいケーキで和やかな雰囲気の中、理想の間取りをシュミレーションワークショップを体験。1人ひとりにマンションシュミレーションボードが手渡され、そこにどんな間取りにしたいかバズルのようにあてはめていきます。

前半で習った3つのポイントである収納・人の動き・光と風を意識しながら、家族の構成に合わせて間取りを作っていきます。実はこのワークショップ、収納やLDKの場所などかなり細かく配置することができ、さらにダイニングテーブルやベッドの配置シュミレーションもできる優れもの。

いい住まい勉強会レポート

広さの制約を考えながらも、自分好みの間取りができていく過程が楽しいワークショップでした。

リノベーションで手に入れる最高の住まい、いくらかかる?

いい住まい勉強会レポート

理想の間取りができたところで、実際に理想の間取りを叶えるためのマネーシュミレーションをしていきます。

しかしマネーシュミレーションと言っても、リノベーションはどこにいくらの費用がかかるのか見積もりをお願いしないとわからないということも多いですよね。

今回、そんなマネーシュミレーションの問題を解決するラクリノというサービスを利用しました。ラクリノの使い方は簡単!

①物件をスーモやアットホームなどで検索します。気になった物件の条件をラクリノに入力をしていきます。

いい住まい勉強会レポート

②条件の入力後、スローカフェやベーシック、インダストリアルの中から希望するテイストを選択します。

いい住まい勉強会レポート

③テイストの選択後、リノベーション後の間取りを選びます、広めに空間を使い人もいるでしょうし家族構成に合わせて部屋の数を決めましょう。

いい住まい勉強会レポート

④最後にオプションの選択をします。キッチンに食洗機をつけて時短にするもよし、壁の一面を別のカラーにするもよし、リノベーションだからこそできる自分の大好きな組み合わせを楽しみましょう。

ラクリノの便利なところは、広さやテイストそしてオプションを選んでいくと費用がいくらになっていくかわかるところです。

いい住まい勉強会レポート

リノベーションにかかる費用が判明したところで、最後の仕上げです!マンションの価格と先ほどのリノベーション費用を合わせて計算できるツールで「理想の間取り」を手に入れるための費用を算出します。シュミレーションシートに合わせて中古マンションの本体価格やリノベーション費用、そして忘れがちな修繕管理費などを記入していきます。

シュミレーションでトータル金額がわかるので予算に対してオーバーしてしまったなという場合はリノベーション費用で調整することもできますし、別のエリアの中古マンションでマンションの本体価格を抑えることも検討ができます。

いい住まい勉強会レポート

 

ぜひ参加してみませんか?

 

この表の記入をもって勉強会の全カリキュラムが終了です。参加者の皆さんからはこんな感想をいただきました。

○とてもためになる知識を、事例交えてお聞きできて充実しました。ボリュームが濃くて、2回分くらいの内容を凝縮していると感じたほどです。ケーキも嬉しいブレイクタイムでした。ありがとうございました。

○1番知りたくて漠然と曖昧がセットになるお金について、自分で確認できるのは具体的検討時においてストレス解消の一つ。このような感想を持ちました。

2時間という短い間で、住みよい環境のチェックポイント、自分の好きな間取りのシュミレーション、マンション購入からリノベーション費用のシュミレーションまで学べる「いい住まい勉強会」。

次回は7月21日(土)14:00-15:50に開催予定です、ぎゅっと身の詰まった2時間になりますのでぜひご参加ください。

ご予約はこちらから!↓↓↓

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください
デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+