フロアタイル
リフォーム

フロアタイルの魅力公開!リノベーションやリフォームにもおすすめの床材です

今リフォーム用の床材として注目されているフロアタイル。 「フロアタイル」とは・・・そもそもなに?っと思われる方も多いはずです。 ここでは、そのフロアタイルの素材、仕上がり、機能などを中心にご説明して行き、フロアタイルの魅力をご紹介していきたいと思います。

フロアタイル

フロアタイルとは・・・一体なに?

フロアタイルとは、木製の床材(無垢・合板系)とは違い、塩ビ系の素材で作られたタイル形状の床材です。 規格としての一定のサイズがあり、長方形や正方形など、加工次第では様々な形にする事が出来ます。また大工さんなどの釘やのこぎりを使って施工するフローリングとは違い、内装屋さんがカッターナイフでタイルを切断し、接着剤で下地に貼り付けをする為、工事の日数が掛らず、複雑な施工が無い非常に使い勝手の良い商品です。 

フロアタイル

本物と見間違いするほどの仕上がり感

フロアタイルの仕上感は、一言で言うと「超リアル!!」 各内装メーカーから、様々なフロアタイルが出ています。木質系、石目系、繊維系など、一瞬パッと見ると、本物と見間違ってしまうほど の質感があります。デザインテイストも、ラグジュアリー・シンプル・カジュアル・デコラテップなどたくさんのスタイルがセレクトできます。さらに本物の材料を使うとビックリする程高価な物でも、フロアタイルであれば本物と比べ、かなり安価で施工できるため、お財布にやさしい商品なのです! 

フロアタイル フロアタイル フロアタイル

フロアタイルの施工例

以前は施工面で工期短縮を望んだ現場などで提案されていましたが、最近このフロアタイルの機能性が認められ、住宅にも多く使われるようになってきました。また色・柄・形状も豊富なので、様々な室内空間のデザイン性に一役買っています。

・床に施工した例 

フロアタイル

こちらの現場は、木質系と石目系の2種類のフロアタイルを張り分け、異素材感が持つ独特な室内表現を演出しています。

・壁に施工した例 

フロアタイル

壁のフロアタイル?っと思うでしょうが、なかなか面白い仕上がりが期待できます。 各メーカーの柄が豊富なので、室内のアクセント付けに最適です!

メンテナンス的には?

もともと商業施設等で多く取り入れられてたフロアタイル。清掃性や耐久性にも非常に優れています。また部分的にタイルの傷や破損 などが発生しても、その一部分だけのタイルを交換して復元する事が出来る為、補修コストの軽減にもなります。

しかしメリットがあれば、当然デメリットもあり、磁器タイルのような焼き物材とは違い、フロアタイルは塩ビ材ですので、経年劣化などの風合いが損なったりもします。頻繁とまでは言いませんが、雰囲気を変える感覚で年数が経過したら、張り替えてみる事をおすすめします。

簡単リメイク! フロアタイル

いかがでしたか?フロアタイルの魅力、感じて頂けましたでしょうか。室内のイメージを気軽にリメイクできる素材として注目のフロアタイル。皆様も是非 ご使用してみてはいかがでしょうか。