リフォーム

床材の選び方(フローリング選びのポイント編)

     
フローリング

皆さんは家の内装を選ぶときはどこから考えますか?壁紙?ドアの色?家具?カーテン?

リフォームのプロは、内装の打ち合わせのとき、必ずフローリングから決めていきます。壁紙は簡単に張り替れるし、家具は買い替えできます。

じゃあ床は?

一度張ったらほとんど張り替えすることはありません。床ってそれだけ重要なんです!せっかくリフォームしたのにまた床のリフォームするなんて・・・。そして床は家の中で一番触れ合う時間も長いものです。家で家族と過ごす時間は全て床の上。赤ちゃんがハイハイするのも床。そして立ち上がるのも床。走り回るのも床。転ぶのも床。

皆さん床にどんな思い出がありますか?今回はそんな長いお付き合になる床(フローリング)についての大事なお話しです。

フローリング材ってこんなに種類が?!

まずはフローリングってどんな種類があるのかについてご説明します。一口にフローリングといっても色や素材、形などは様々です。

濃い茶色、薄い茶色、白、赤みのある茶色。木の種類もメイプル、オーク、ブラックチェリーなどなど。正直すっごいたくさんあります!各建材メーカーさん、材木屋さんにそれぞれ特色あるフローリング材が山のように。

ちなみに、一般的に普及しているものは実は木目を機械で印刷したプリント板なんです!いま座っているフローリングを見てください。それ、本物の木目ですか?正直、本物そっくりに出来ているのでぱっと見てもわからないかもしれません。

そして本物の木目を使っているフローリングでも数種類あるんですよ。

まずはリフォームをするときによく使う、「突(ツキ)板フローリング」。これは天然木材を薄く0.2~0.6mmにスライスして、その木目を合板の上に張り付けたものです。世界の希少価値の高い木材を低コストで使えるうれしい材料です。

それに対してそのスライスした板の厚みが2㎜や3mmと厚い「挽(ヒキ)板フローリング」。突板より木の厚みがあるので、無垢に近い肌触りや風合いを与えてくれます。

そして、フローリングの憧れヒノキや杉などが代表的な「無垢フローリング」

無垢フローリング

本物志向、ナチュラルな雰囲気が好きな方はこれですね。肌触り・歩き心地は最高です!

それぞれのフローリングの木の数種類までお話ししたいとことですが、そこまで書いていたらもうきりがありません泣。こちらでもフローリングについて触れているので、そちらも併せてぜひ読んでみて下さい。

フローリング選びでデザインも変わる!

さて、フローリングの種類について少しは参考になりましたか?次はデザインリフォームをする際のフローリング選びの重要性をお話ししたいと思います。

リフォームをする際、皆さん理想の部屋のイメージを持ってる方は多くいらっしゃいます。

「和モダン」「リゾート」「ヴィンテージ」「ナチュラル」。

では色の雰囲気、内装の雰囲気に合わせてどんなフローリング合わせてたらいいのでしょうか。大事なのは色ではなく、私は「素材感」が重要だと思っています。

ナチュラルテイストの部屋にはとりあえず明るい色のフローリングを選べば大丈夫!って思ってませんか?それ、後悔しますよ!

色はもちろん、というかとても大事ですが、木目の柄・光沢感・肌触りも重要なポイントなのです。明るい色っていうだけで、木目プリントのお手軽なフローリング張ってしまうと、正直ただただ明るいだけの普通の部屋です。そこに、杉の無垢材フローリング張ったらどうでしょう。

杉の無垢フローリング

床でゴロゴロしたくなる、明るく味のあるナチュラル空間が実現しちゃいます!

限られた予算の中での理想のリフォームをするのは大変なことですが、少しでも予算が許すならフローリングにこだわってみませんか?冒頭で説明したように、一度張ったら後戻りはできません。ただの明るい部屋で長く生活していくのか、経年変化も楽しめるこだわりのナチュラルテイストの部屋で過ごすのか。あなたはどちらを選びますか?

いまのフローリングはこんなに高機能!

皆さんどうですか?フローリングの重要性や面白さに気づいちゃいましたか?

今までは木目や木の種類を中心に説明してきましたが、次は「機能」についてです。今どきの最新フローリングについてもお話しいたしましょう!

これまでお話した無垢材や挽板などで一番気になるのはやはりお手入れや傷ですよね。

正直、無垢板に関しては傷が付きやすいです。でもそれも味としてとらえれば問題なし!・・・と、言いたいところですが、やっぱり傷は気になる!っていう方や、突板・無垢どちらにしてもワックス掛けや定期的なメンテナンスが必要じゃないの?という方、いらっしゃると思います。

でもご安心ください。今どきのフローリングはほとんどがワックス不要です!最初から表面コーティングはしっかり付いているので、こまめにワックスをかける必要はありません。それだけじゃなく、日焼けに強いコーティングや水に強いコーティングと、特徴のあるフローリング材が存在します。

私が最近お気に入りなのはペット用のフローリングです!

ペット用フローリング

室内犬を飼っている方はわかると思いますが、犬が部屋の中を走り回ると、傷はつくし滑って関節を悪くするなど様々な問題があります。ペット用のフローリングはそれを解決するよう、表面が傷に強く、肉球が滑りにくいコーティングが施されているんですよ。水にも強いので粗相しても安心!私も柴犬を飼っているので、リフォームするならこのフローリングにしたいです。しかも最近のトレンドを抑えた素材のバリエーション!

と、こんな風に皆さんが欲しい機能をもったフローリングもきっと見つかるはずです。

床と過ごす大切な時間。

きっと皆さんは、もうフローリングの虜になったことでしょう。リフォームを考えている方は床材のカタログを見たくてうずうずしてませんか?

本当にフローリング選びは奥が深くて楽しくて大切なんです。気に入らないからってすぐにカーペットで覆っちゃかわいそうですよ!

長いお付き合いになる床は、色や形、素材、機能、我が家に最適なものを見つけ出して、たくさんの時間と思い出を床と共に刻んでいってくださいね。

【合わせて読みたい】→床材の選び方(デザインと特徴を学ぶ編)

【合わせて読みたい】→「木」と暮らす、「木」と生きる

【合わせて読みたい】→あなたの家のインテリアにはテーマカラーがありますか?

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+