リノベーション

【実録・前編】フルリノベーションで叶った、日々の暮らしを楽しむ家

     
top

もしあなたがマイホームを買うとしたら、どんな家が欲しいですか?広い家、最新の設備が備わっている家、オシャレな家…「家」に対する要望は人によってさまざまです。

そんな中、「人と同じはちょっと嫌。とにかく自分好みのオリジナルな家がいい!(できれば予算も抑えたい)」こう考えている人にぴったりなのが、“中古マンションをリノベーションする”という家の買い方。予算内で住みたい街に住めて、なおかつ自分の好きな空間で暮らせるって、これ以上の幸せはないですよね?

今回お話を伺ったS様(女性・ひとり暮らし)、実は中古マンションのリノベーションを専門とする「365リノベ」のスタッフでもあります。自らが365リノベの企画に携わっていく中で「こんな空間で自分も暮らしたい!」という想いが強くなり、自身も中古マンションを購入、リノベーションをしようと決めたそう。

築40年の中古マンションが果たしてフルリノベーションでどのように変わったのか、S様のマンションリノベーションに対するさまざまな想いと合わせて詳しくご紹介していきます。

中古マンションをフルリノベーションしようと思ったきっかけは?

フルリノベーション

もともとはアパート暮らしだったS様。仕事柄、“中古マンションリノベーリノベーション”がどんなものかは知っていたものの、そもそも家を買うこと自体全く考えていなかったのだとか。(!)

とはいえ、S様のアパートにはお気に入りの家具や照明、食器や小物がたくさんあり、アパートの空間に物足りなさを感じていたし以前から友人をアパートに呼ぶことが多かったS様は「もっと広くて自由度が高い家がほしい」と少しずつ考えるようになっていったそうです。ただ、実際にどうすれば自分の理想の家が手に入るのか、具体的なイメージはついていませんでした。

フルリノベーション

そんな時に仕事で365リノベの企画に携わることになり中古マンションリノベーションのメリットを知っていくうちに、「自分もこんな空間で暮らしたい!」という想いが強くなっていったのがマンションリノベーションをしようと決意したきっかけだったそうです。

“中古マンションを買う”ということに対する、正直な気持ち

フルリノベーション

マンションリノベーションをすることになり、まずはじめにS様が行ったのはこれからの資金計画を立てることでした。マイホームを買うということはゴールではなくあくまでスタート。自分の人生を豊かにするためには「家を買って終わり」ではなく、その場所で無理のない生活を送ることが大切です。今後のことを十分考えずに「これが気に入った」と大きな買い物をして、あげく生活が苦しくなってしまっては本末転倒ですよね。

ということで、家を買うときに最も重要になるこの部分、実際にはそう簡単に話を進められないことが多いのです。

「本当にこのローンの組み方でいいのか?」

「ちゃんと支払いしていけるのか?」

「この物件を買ってしまって後悔しないか?」

などなど、さまざまな不安要素が出てきます。仮に、現在アパート暮らしの私が今後マイホームを買う立場になったとしても、きっと同じような不安で頭がいっぱいになることでしょう。(笑)

フルリノベーション

私:マンションを買うことに対して、正直なところ不安はなかったんですか?

S様:もちろんありましたよ。本当にマンションを買ってしまっていいのかなって。

ちょうど私の世代って、結婚とか仕事とかのしがらみがあるし、そこにプラスして私の場合はもともと実家に戻ることを前提にアパート暮らしをしていたので、マンションを買うっていう意志をどう両親に伝えれば理解してもらえるか、応援してもらうにはどう説得すればいいか、正直かなり悩みました。

でもあるとき、365リノベの不動産スタッフに中古マンションについて聞いてみようと思い相談したんです。そこで初めて、ローンを組むことを考えたら私の年齢では借入をするには少し時期が遅いということを知りました。この瞬間に“いつかは買いたい”から“今すぐ買わなければ”に考えが変わった気がします。

そして、万が一将来的にライフスタイルが変わり、マンションを手放すことがあった場合に「その時は時間がかかっても必ず売りますから」と言ってくれた365リノベの不動産スタッフの言葉が最終的にはS様の背中を押してくれたのだそうです。

いよいよフルリノベーション工事がスタート!

さまざまな不安はあったものの、事前に納得するまで打ち合わせを行ったというS様。無事ローンの審査が通り、物件も決めたところでより具体的なリノベーションプランの打ち合わせを行いました。

フルリノベーション

ちなみに「間取りや内装デザインは、信頼している365リノベのプランナーにお任せしました。」とのこと。実際、いくら自分好みの空間とはいえ自分にぴったりな部屋がどんなものなのか、イメージできる人は少ないのではないでしょうか?その点リノベーションのプロに「こんな暮らしがしたい!」とか「こんなものを置きたい!」といった要望はきちんと伝えてある程度お任せしてみるのも、リノベーション成功のポイントかもしれません。

フルリノベーション

今回のリノベーションでは、365リノベの「SLOW CAFÉ」のデザインプランをベースにS様がもともと持っていたインテリアを最大限に活かした空間をつくることになりました。

フルリノベーション

また、S様は友人を家に招くことが好きということで、料理やお酒をたくさん並べられる大きなダイニングテーブルがおける広めのLDKを作るために、2LDKだった間取りを1LDKに変更、くつろぎスペースを十分に確保できるプランを採用したそうです。

次回、完成したリノベーションマンションを大公開

いかがでしたか?後編では、およそ4ヶ月の工事を経て完成したリノベーションマンションを大公開!365リノベならではのリノベーションポイントから、S様のプランを提案したプランナーの想いまで余すことなくご紹介します。次回もお楽しみに!

 

合わせて読みたい

365リノベ【実録・後編】中古マンション×リノベーションのお部屋を大公開!
中古マンション購入+定額リノベーション+インテリアを一括でコーディネートできる「365リノベ」についての記事はこちらから 前編では...

フレンチリノベーション【実例】マンションリノベーションで叶う、大人のフレンチスタイル
最近少しずつ浸透してきている、<中古マンションをリノベーションして住む>というライフスタイル。マイホームを検討中の方の中には、...

マンションリノベーション現場リポート【実録連載⑤】シンプルスタイルのマンションリノベ現場がついに完成!
中古マンションのリノベーション現場に密着レポート!の第5弾をお送りしております。365リノベにて工事していましたY様邸の現場ですが...

 

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+