リフォーム

男のロマン!ガレージで車いじり。車好きのための家づくり教えます

     
車好き

車好きのあなたが家を建てるなら、業者さんにどんな要望をしますか?“「ガレージが欲しい」と言いたいところだけど、予算がだいぶかかりそうだし、建物も大きくなりそう。家族にもなんて言われるか・・・とりあえず駐車場さえあれば良いかな・・・・”なんて妥協していませんか?車好きとして、どんな家にしたいかもう少し考えてみませんか?タイプ別のおススメをまとめてみました。

車いじりが好き。とことん自分仕様に進化させたい。

ガレージのある家

そんなあなたは、ガレージのある家がオススメ。屋根がついて、シャッターもつけて、家の中からも自由に出入りが出来て。そんなガレージがあれば、天候も時間だって気にせず思う存分DIYで車いじりが楽しめます。雨の日に車に乗り込むのだって、濡れずに済むでしょ?という家族への利点だってあります。

ですが、なかなかガレージまで一緒に作れる方は少ないのではないのでしょうか?そんな時にはぜひ、これだけはこだわってください。作業スペースと、工具の保管場所

ガレージが作れないからといって、車いじりをしないということにはならないでしょう。駐車場を利用して車いじりをすると思いますが、車を止めるだけで目いっぱいの駐車場では作業が出来ません。しっかりと余裕をもってスペースを確保しましょう。また、忘れがちなのが工具の置き場所。車いじりが好きな方なら、いろいろな工具をお持ちですよね?その工具の置き場所をしっかりと駐車場から出しやすいところに確保しておきましょう。それだけでも、晴れた日の日中限定ではありますが、車いじりを楽しめます。

ずっと憧れて買ったマイカーが好き。

インナーガレージ

そんなあなたは、ガラス張りのインナーガレージがオススメ。リビングで寛ぎながらピカピカの愛車を眺められたら、毎日幸せですよね。少し値段の張る車だとしたら、家の中に閉まっておくことで、ご近所の方からあの家は“いい”車に乗ってる!なんて言われなくても済むかもしれません。

ですが、これはかなりハードルが高いですよね?そんな時にはこんな工夫はいかがでしょうか?

・家からの駐車場の見え方を考える。

リビングがすぐ見える位置に駐車場を設けたり、家全体をL字型として駐車場を囲むように間取りを組んでみたり、ベランダのすぐ下に駐車場を設けたりなんていうのもおススメです。良い角度、良い高さで愛車を臨めるように窓の配置もしっかり工夫しましょう。個人的には、なかなか見ることのできない上からの愛車の姿を見られる、ベランダ直下の駐車場はおススメです。

洗車が好き。いつだって愛車をピカピカに保ちたい。

洗車好き

そんなあなたは、勢いでガレージを作ってはいけません。よほど大きくとったとしてもガレージ内では洗車は出来ません。ガレージのシャッターを開けたらすぐ道路では、もはや自宅で洗車することが出来ないのです。

スペースに余裕をもった駐車場確保が優先です。少し離れた位置からでないと、ホースの水もしっかり流せませんし、背の高い車だったら作業台を脇に置けないと、屋根の洗車が出来ません。ドアを全開にして拭き上げする。洗車好きにはおなじみの光景ですよね。

もちろん、駐車場近くに外用の水道、掃除機や高圧洗浄機用のコンセントを設けるのを忘れないでくださいね。

マンションなんだけど・・・

車好き

勤務先の立地や、ご家族の生活スタイルからマンションを選択する方も多いでしょう。マンションだとガレージも、目の前の駐車場もあきらめなければならないケースがほとんどです。そんな時にはもう完全に割り切って、車好きとして集めたミニカーや写真を飾るスペースをしっかり作って楽しんじゃいましょう。

ミニカーって色々なサイズが有りますが、10cm前後のものが主流で高さもあまりないため、市販の本棚で代用しようとすると思ったように飾れず、半端なスペースが残ってしまいます。しっかりミニカーサイズに合わせて飾り棚をつくれば、効率よく飾れてカッコいいショールームの出来上がりです。もちろんミニカーなら、車検もなければ自動車税に重量税だってありません。高級車にまで視野を広げて、好きな車を飾っちゃいましょう。

好きな車はたくさん。いろんな車に乗りたい。

いろいろな車種

国産車、輸入車。いろんなメーカーのいろんな車種がある自動車の世界。とある中古車検索サイトでの掲載車種は実に350,000台!1台に絞れないなんて方も多いことでしょう。

そんな方には、話が少しずれるかもしれませんが、“家にかけるコストを抑える”なんていうのはいかがでしょうか?以前の記事でも掲載していますが、新築にこだわらず中古住宅も視野に入れれば、あくまでも一例ですが、リフォーム無しの場合で1800万円の差額!仮に大きくリフォームして800万円かかったとしても1000万円の差額が生まれます。

あくまでも単純計算の一例ですが、この1000万円を車にまわせたら、300万の車だったら3回乗り換えできます。夢が膨らみますね。車を運転できる期間も限られますから、目いっぱいマイカーライフを楽しんじゃいましょう。

車好きとして車と暮らす

車好き

今回はだいぶコアな話になってしまいましたがいかがでしたか?、車好きとして暮らす方法って、ガレージを作るだけじゃなくいろんな方法があるんです。自分のタイプに合わせながら、家づくりを計画し、車との生活をぜひ楽しんでください。

 

合わせて読みたい

読書する家本好きの方必見!本と暮らす生活。
本好きのみなさん!「本に囲まれた生活がしたい…」と、きっと一度は思ったことがあるのではないでしょうか。私にとっても、それは実現さ...
ベランダ菜園簡単にはじめる「ベランダ菜園」で、わが家もおしゃれなハーブ生活
みなさんのご自宅にベランダはありますか? 大体のお家には2階にあったり、マンションにお住まいの方だと、少し広めのベランダがあるか...
倉庫リノベーション元店舗や倉庫・ガレージ・納屋がリノベーションで住宅に生まれ変わる
皆さん突然ですが、日本の空き家率をご存じですか?2013年の統計では820万戸が空き家になっていると言われています。率で言えば13.5%、...

 

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+