車好き
リフォーム

男のロマン「ガレージで車いじり」気分を味わうためのヒント

車好きの方の中には“ガレージが欲しいけれどお金がかかりそうだし…とりあえず駐車場で我慢しよう…”と妥協している人もいるのではないでしょうか?広―いガレージがなくても空間を工夫すれば満足度の高い車いじりが叶いますよ。今回はその一例をご紹介します。

スペース確保でガレージ無しでもとことん車いじり

ガレージのある家

時間を忘れるくらい車いじりが好きな方の理想はガレージのある家。屋根もシャッターもあるので天候や時間を気にせず思う存分車いじりが楽しめますが、家にガレージをつくるのはなかなか難しいもの。そんなときはせめて作業スペースと、工具の保管場所を用意しましょう。


ガレージが作れない場合駐車場を利用して車いじりをすると思いますが、小さくて作業がしにくいので余裕のあるスペースを確保したいところです。また、工具の置き場所は駐車場から近い方が取り出しに便利。スペースと工具置き場を確保すれば、晴れた日の日中限定ではありますが思い切り車いじりを楽しめます。

インナーガレージ気分で愛車にうっとり

インナーガレージ

ガラス張りのインナーガレージから見る愛車はきっと絶景ですよね。リビングで寛ぎながらピカピカの愛車を眺める贅沢な時間。どんな車も家の中に収納しておけばご近所からの目線も気になりません。


とはいえインナーガレージもかなりハードルが高いもの。ではこんな工夫はいかがでしょうか?

・家からの駐車場の見え方を考える。

リビングから見える位置に駐車場を配置したり、家全体をL字型にして駐車場を囲むような間取りにしたり、ベランダの下に駐車場を設けるくらいならお手軽ではないでしょうか。良い角度、良い高さで愛車を臨めるように窓位置に気を配るのも忘れずに。上から愛車を見られるベランダ直下に駐車場をつくれば普段見ることのない角度から愛車を眺められますよ。

洗車を考えるとガレージは不向き

洗車好き

愛車をいつでも綺麗に保つ為に洗車は必須ですが、実ガレージでは洗車が出来ません。
少し離れた位置からでないとホースの水も飛ばせませんし、背の高い車だったら作業台を脇に置けないと屋根を洗えないのでスペースに余裕をもった駐車場確保が必要。
もちろん、駐車場近くに外用の水道、掃除機や高圧洗浄機用のコンセントを設けるのを忘れないでくださいね。

車を持つのが難しい場合はミニカーで気を紛らわせて

車好き

マンションや立地の関係上、車を持つのが不可能な時はもう完全に割り切って、車好きとして集めたミニカーや写真を飾るスペースを作ってみましょう。


ミニカーにも色々なサイズが有りますが、10cm前後のものが主流で高さもあまりないため、市販の本棚に収納しようとすると半端なスペースが残ってしまいうまく収まりません。しっかりミニカーサイズに合わせて飾り棚をつくれば、効率よく飾れる上にカッコいいショールームができあがります。これなら車検もなければ自動車税に重量税だってありません。高級車や年代物など好きな車を好きなだけ飾って満たされましょう。

いろんな車に乗りたい欲張りさんには

いろいろな車種

とある中古車検索サイトでの掲載車種は実に350,000だそう。目移りしてしまって1台に絞れないなんて方も多いことでしょう。

そんな方は“家にかけるコストを抑える”のもひとつの手です。以前の記事でも掲載しているとおり、あくまでも一例ですが新築に比べて中古住宅の購入ならリフォーム無しの場合で1800万円お安くなります。仮にリフォームして800万円かかったとしても1000万円の差額が生まれるわけです。
単純計算で1,000万円を車購入にまわせば、300万の車を3回乗り換えできます。長くマイカーライフを楽しむ為に家と車にかける金額のバランスをお財布と相談してみましょう。

車も住まいもあきらめたくないあなたへ

車好き

車も家も生活を充実させる大切な存在ですよね。ガレージをつくることだけが車と暮らす方法ではありません。自分のタイプに合わせながら家づくりを計画し、車との生活も楽しんでみてはいかがでしょうか。