ミニコラム

理想の庭をつくろう。植物にも嬉しいガーデニングのコツって?

     
庭づくり

庭を楽しく、美しく、そして快適に楽しみたい!と思う方は多いはず。

でも、植物のお手入れの仕方がいまいち分からない、なんだか思っていたイメージと違う・・・結果的に、中途半端な庭になってしまった。そんな経験ありませんか?

理想に合った庭のつくり方・ガーデニングへの近道は、あなたのイメージを膨らませて、こう過ごしたい!と想うこと。そんなあなたへ、参考になる庭づくりのヒントを教えます。

庭をおしゃれにしたいけど雑草の手入れが大変。。。そんな時はこれ!

庭をおしゃれにしたいけど、メンテナンスが大変だと理想のお庭が実現してもなんだか心が晴れないですよね。メンテナンスのお悩みで特に多いのが”雑草の手入れ”。石やタイルの隙間、ウッドデッキの下など、こんなところにも生えてくるの!?ということもありますよね。生え始めはまだ抜きやすいから良いのですが、そうなるとまめにメンテナンスをしないといけない。雑草が生えないように、コンクリートでがっちりガードしちゃうのも味気ないし。。。

雑草の手入れ

そんな時には「防草シート」!低コストで雑草を生え難くしてくれる優れもの。公共工事でも使われており、その効果は結構なものです。ただ、シートを敷くだけではおしゃれではありませんよね。

防草シート

そこで、シートの上にレンガチップや化粧砂利を敷き詰めてあげると、家の外観に合わせたコーディネートをすることができます。ガーデニングがさらに楽しく、ローメンテナンスな庭を実現することができますよ。

防草シート

また、レンガチップや化粧砂利は、透水性・防犯効果にも優れてあり、安心快適♪玄関までの道やレンガで囲った部分など防草シートとレンガチップ・化粧砂利のコンビネーションでおしゃれで快適な庭づくりを目指しましょう!

シンボルツリー、家族みんなに愛されるツリーを探してみませんか?

シンボルツリー

庭で植物を育てていく際に一番最初に決めていきたいのがシンボルツリーです。育てやすさや、花、実がなる種類など、どの木が良いかは人それぞれ。そこで、シンボルツリーの人気ランキングBest5を簡単にご紹介。

第5位ヤマボウシ

近緑種のハナミズキと比べると落ち着いた雰囲気で、里山の景観にぴったりの落葉樹。初夏に咲く純白の花が美しい。

第4位イロハモミジ

秋の紅葉の燃えるように鮮やかな葉色はもちろん、新緑のみずみずしい葉色もまた魅力的。

第3位シマトネリコ

葉が小さく優しい印象で人気が高い樹です。5~7月に小さな白い花が房のように咲く姿も涼しげ。

第2位ソヨゴ

さらさらと葉が重なり合う音が心地よく、秋に実る真っ赤な実がかわいらしい常緑樹です。

第1位オリーブ

表は緑、裏はシルバーの葉がモダンな外観に良く似合う。地中海沿岸でよく見かけるように、温暖で乾燥した気候を好みます。たくさん実を収穫するには受粉樹が必要ですが、住宅地では最近、オリーブを植えている家も多く、1本でも結実します。

シンボルツリー

(※参考 『Only One Garden』P.86シンボルツリーTOP10)

シンボルツリー

ビビッときたものはありましたか?ランキングには、和が似合うものもあれば洋が似合うのもあって、あなたにとってベストなものもあったのではないでしょうか?家と共に樹も成長していく。家にも庭にも愛着が湧くようなシンボルツリーを探してみるのはいかがでしょうか?

あなたの至福の時はどんな時?

理想の庭

明るい陽の光の中、木陰の下でコーヒー・紅茶を片手に読書。庭でゆっくり昼寝を楽しむ。そんな穏やかな時間を過ごしている今が至福の時。庭で家庭菜園を楽しむ、採れたての野菜を使って家族・友人を集めてバーベキュー。ペットと一緒に遊ぶ。楽しむ方法はたくさんあって、十人十色。だからこそ、自分がこんな生活をしたいと想像をすることが大切なのです。

それを形にすることは自分では難しいかもしれませんが、そんな時こそプロに相談!プロのおすすめを聞く前に、まずはあなたがこんな生活をしたいというイメージを伝えることが大切です。実際の施工事例を見せてもらいながら、自分の理想をより具体的にするのも良いですね。あなたの想いを伝えれば、きっと最高のプランニングになることでしょう。そして、最高のガーデンライフを送ってくださいね。

 

【合わせて読みたい】→わが家の庭の樹木たちが長生きするためのお手入れのポイント

【合わせて読みたい】→知らなきゃ損!?植物をおしゃれに飾れる簡単な方法

【合わせて読みたい】→「木」と暮らす、「木」と生きる

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+