家づくり

「勾配天井」って実際どうなの?その魅力について解説します

     
勾配天井

皆さんは、『勾配天井』というのを知っていますか?あまり馴染みの無い言葉なのですが、もしかするとおしゃれな住宅のモデルルームが掲載されている広告等で1度は見かけたことがあるかもしれません。天井の形のことだと分かっていても、『勾配天井』について具体的にイメージ出来る方は少ないと思います。

また、実際どのようなメリットとデメリットがあるのか、いまいちピンと来ない方も多いのではないでしょうか?

今回は「そもそも天井の形って決まってるんじゃないの?普通の天井と何が違うか分からない!」という方々へ向けて、『勾配天井』とは何か?メリット・デメリットも併せて話していきたいと思います。

そもそも勾配天井ってどんなもの?

勾配天井

勾配天井とは、このように「屋根の形状をいかして勾配をつけた天井」のことを言います。本来は屋根裏となり天井に隠れてしまってデッドスペースとなっているところを視覚的に見せ天井までの高さが一般的なものよりも高くなるので非常に開放的な空間になります。

【勾配天井の部屋】

勾配天井

【通常の天井の部屋】

勾配天井

一般的な天井高2m40㎝のと比べてみると空間の雰囲気がまるで違う様に感じませんか?また、場合によって構造を支えている梁なども見えてくるので何だか特別な空間の感じがしますよね。

では次に、勾配天井にすることで生まれるメリットを話していきます。

明るく開放的な空間に変身!

なんといっても1番のメリットは「開放感」。天井高が高いと視線が上の方に向かっていくので、立っているときはもちろんソファに座った時にはなおさら「開放感」を感じることができます。

また本来はデッドスペースになってしまっている屋根裏の高い位置に高窓を付けることによって光が高いところからも取れるようになります。自然の光が自分の頭上からも降り注いでくる空間というのは、家の中で過ごしていても外に出ている様な「開放感」をもたらしてくれるはずです。

勾配天井

このように、高窓を取り付けることによって部屋の風の通りが良くなり夏場の暑い時にはきっと重宝されるでしょう。通気が良くなる理由として、暖かい空気は上に冷たい空気は下に移動するので取り付けた高窓を開放することで暖かい空気がどんどん抜けていくのです。

ここまでメリットのみをお話してきたところで「こんなに良いこと尽くしの勾配天井に悪いところは無いのか」と気になってきたのではないでしょうか?続いては、きちんと知っておいてほしい勾配天井のデメリットについて話していきます。

天井のメンテナンスが大変

勾配天井

勾配天井にすることで、たとえば

  • 天井のクロスが剥がれてきたり汚れてきたから貼替えたい
  • 天井の照明の調子が悪いから交換したい

などの場所でメンテナンスが必要となった場合に「内部足場」というものを使うことになります。通常の天井高であれば脚立があれば届くところ勾配天井の場合は最初の工事段階でも内部足場が必要となることが多く後々のメンテナンスの費用がかさんできたり、単純にクロスの施工面積が増えたりと通常の天井高のメンテナンスよりは、コストが掛かってきます。

また、先に「通気」の話をしましたが、冬になると反対に暖かい空気が上に移動するため家全体の断熱性能を高くしなければ、いくら暖房機を使用していても部屋の中が寒い状態になってしまいます。

工事をする際には、きちんとした施工能力・住宅性能を提供している会社へお願い出来るかどうかが非常に大切になってくるのです。

非日常感を感じられる素敵なご自宅を!

勾配天井

いかがでしたか?勾配天井について話をしてきましたが、イメージが少しでも膨らませることができたらとても嬉しいです。

現在のお住まいに勾配天井を入れたら、まるでモデルルームで過ごしている様な、はたまたコテージに遊びに行っている様な「非日常感」を感じられることでしょう!長い時間を過ごす住まい、多少コストを掛けてでもずっと続く満足できるライフスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

合わせて読みたい

梁憧れの梁(はり)見せ天井にする前に知っておくべきこと
リビングなどのデザインにこだわっている方にとって、梁(はり)見せ天井はとても人気があります。しかし、やりたい!と思っていても実...

リフォームの失敗実録リフォーム失敗談!経験者から学ぶリフォームの注意点
昨今は新築が大好きな日本人もリフォームに抵抗感なく、気軽にリフォームを考える方も増えてきているのではないでしょうか?しかし、リ...

リフォーム事前準備住みながらのリフォームで事前に準備した方がいいことまとめ!
いざ、リフォーム!と考えると綺麗になった自宅を想像してウキウキ気分になりますよね。しかし、工事で大切なのはリフォームの流れを知...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+