リノベーション
リノベーション

実家をリノベーションしてみんなが笑顔になれるマイホームへ!

マイホームは欲しいけど子育て中でお金の余裕がない。広い家で家族と過ごしたいけど新築は予算オーバー。そんな悩みを抱えているかたはいませんか?

その悩みに提案したいのが実家のリノベーション!もしあなたが実家に戻って子育てをするとしたら、幅広い世代が暮らしやすいようにするためにどのようなリノベーションが必要でしょうか?今回は実家リノベーションの進め方と可能性についてご紹介します。

それぞれの生活スタイルの考える

例えばご実家が築40年だとすると家全体への手入れが必要になります。若い家族が生活に加わるのであればしっかりリノベーションする必要があるのです。

まずリノベーションする前に家族それぞれの「生活スタイル
を考えましょう。子育て真っただ中の子世帯と、夫婦二人だけの親世帯では生活リズムも家に求めるものも違います。2つの家族が一つ屋根の下で心地良い暮らしをするには、それぞれの生活スタイルに合わせた家づくりが不可欠。あなたのご実家は、こんな間取りではありませんか?

  • 部屋数は多いのにプライバシーがない
  • 玄関廻りがやたら広いのに収納が少ない
  • 子ども部屋だった部屋は現在誰も使っていない

ではこれから住みたい家の理想を考えてみましょう。

  • 家族と過ごせる広いスペース
  • 生活感を隠せる収納が多く、すっきりした部屋
  • 廊下は極力少なくして使いやすい導線にしたい
  • それぞれの階にトイレがほしい

これらすべて叶えるのは築40年の実家では難しそうですよね。では子世帯と親世帯が集まるスペースを確保するため、以下のように間取りを変えてみるのはどうでしょう?

実家をリノベーション

この間取りの通り施工したおうちの実際の写真がこちら。

実家をリノベーション

これならコミュニケーションがとりやすく全体を見通せるので、多少予算がかかってもリノベーションする価値があるのではないでしょうか。

「0→1」ではなく「1→100」の発想

実家に戻って新しい生活をするとしたら、あなたはどのような気持ちで門をくぐるでしょうか?

二世帯住宅については「こちらの記事」をご覧ください。

現在は両親が住む静かなお家も、昔子どもだったあなたも過ごした大事なおうち。多少劣化があったとしても、たくさんの思い出が詰まっていることでしょう。

実家リノベーションを検討するきっかけは予算などの妥協的理由かもしれません。しかし、かつての住処に舞い戻るつばめのように、思い出の詰まった家で再び生活をするのはとても幸福なことなのではないでしょうか。新しい家族を迎え入れれば、家はまた違う表情を見せはじめます。新築は何もないところから思い出を「0→1と作り出しますが、実家のリフォームは1だったものを2、3と積み上げ「1→100」に想いを刻んでいくのです。

確かに新築のまっさらな綺麗さには敵わないかもしれませんが、実家リノベーションには家への親しみ、慣れ親しんだ使い勝手の良さがあります。リノベーションは住居としての性能の向上に加えて、家族それぞれが穏やかに過ごす住みやすさを守ることができるのです。

子どもの成長を見越した家づくりを

リフォームを検討するきっかけは子どもの成長に関する場合がほとんど。子どもを連れた実家での同居を考えている場合、成長を見越してリノベーションを組み立てることが重要です。今は小さい子どもでも、いずれ自分の部屋が欲しくなるでしょうし、家族が増える可能性だってあります。

「家に合わせて子どもを成長させる」のではなく、「将来こんな生活がしたい」とあらかじめ考えて家づくりをすれば家が自分たちに寄り添ってくれているような感覚で暮らせるかもしれません。

子どもの成長

家のカタチが家族のカタチ

家づくりにも選択肢の広がり、あまり抵抗なくリノベーションをする方が増えています。中古住宅を購入しリフォームするのもいいですが、実家をリノベーションする方が家に対する愛着が湧きやすい気がしますよね。家は家族の想いを繋いでいくのです。今度はあなたが家族と新たな思い出を築く番かもしれませんよ。