リノベーション

築40年の実家をリノベーションして子育てしやすいマイホームへ!

     
リノベーション

マイホームは欲しいけど、子育て真っ最中でお金の余裕がない。広い家でのびのび子育てしたいけど、新築だと予算オーバー。もしかしてそんな悩み、抱えてませんか?

この悩み、実家をリノベーションすることで解決できるかもしれませんよ!例えばあなたのご実家が築40年のお家だと仮定します。このお家を幅広い世代が暮らしやすいお家に変身させるためにはどのようなリノベーションをすればいいのでしょうか?参考事例をもとにご紹介していきたいと思います。

生活スタイルの変化を考える

築40年のお家というと、

  • 外壁の塗装工事はやったことある
  • トイレや給湯器は交換している

など、皆さん何かしら手をかけたことがあるのではないでしょうか。しかし築40年を超すと、どこもかしこも手入れが必要になってきます。そんな状態で新しく若い家族を迎えるとなると、しっかりリノベーションする必要があります。

そこでリノベーションする前に考えたいこと、それは家族それぞれの「生活スタイル」です。子育て真っ最中の子世帯と、夫婦二人だけの親世帯では生活リズムも家に求めるものも違いますよね。そんな二つの家族が一つ屋根の下で居心地の良い暮らしをするには、それぞれの生活スタイルに合わせた家づくりが大事です。築40年のご実家は、こんな間取りではありませんか?

  • 部屋数は多いのにプライバシーがない
  • 玄関廻りがやたら広いのに収納が少ない
  • 2Fは子ども部屋だったため今は誰も使っていない

では今のお家に求められるものをいくつか挙げると、

  • 家族と過ごせる広いスペースがほしい
  • 生活感を隠せる収納で部屋をすっきりさせたい
  • 廊下は極力少なくして使いやすい導線にしたい
  • 2Fにもトイレがほしい

挙げればキリがないですが、この望みは築40年のご実家ではちょっと無理そうですね。そこでまず、子世帯と親世帯みんなが集まれるスペースを設ける場合、こんな間取りはいかがでしょうか?

実家をリノベーション

そして実際の写真がこちら。

実家をリノベーション

これなら家族団らんの中心になって、コミュニケーションがとりやすいので、多少予算がかかってもリノベーションする価値があると思いますよ。

「0→1」ではなく「1→100」の発想

さて家族それぞれの生活スタイルを考えたところで、次は実家に住むということに向けての心構えについて少し触れさせて下さい。

二世帯住宅のあれこれについては、嫁・姑問題が解決!?二世帯住宅リフォーム成功への秘訣「7ヵ条」「同居なんて無理」そんなあなたに読んでほしい、今どきの二世帯住宅で触れているのでそちらを見て下さい。

ここでは、実家に戻って新しい生活をするということがどういうことか考えるきっかけを設けたいと思います。実家、それはもちろん今のご両親が住むお家ですが、以前あなたも過ごした大事なマイホームですよね。多少その外見などは古くなったりしているかもしれませんが、きっとそこで過ごしたたくさんの思い出がぎっしり詰まっていることでしょう。

今回、新築するには予算がどうしても合わなくて・・・という理由で実家のリノベーションを考え始めたかもしれませんが、両親と一緒に暮らせるということはとても幸せなことだと思います。しかも新しい家族が増えれば、その家はまた違う役割を果たしてくれるでしょう。新築は何もないところから思い出を作っていくので「0→1」を作り出します。それに比べて実家をリフォームするということは、1だったものがこれまでの不満点を解決し2、3と積み上げ「1→100」にカタチを変えます。100のカタチを作り出すまで、そう時間はかからないかもしれませんね。

リノベーションでは、住居としての性能を上げることはもちろん、家族それぞれが穏やかに過ごせる住みやすさという点も向上させることが大事です。そのためには、心の距離を縮めて、お互いに無理のない生活を送りたいものです。新築に求めるような新品のキレイさを実家のリノベーションに求めてはいけません。それらは違う土俵にあり、実家でしか味わえないことの幸せに目を向けた方がいい気持ちで過ごせると思いますよ。

子どもの成長に合わせて家も成長?

マイホームを考えるきっかけの多くは、子どもの成長ではないでしょうか?実はリフォームやリノベーションも同じです。リフォームするきっかけでよく耳にするのは、

  • 娘が里帰り出産をするから
  • 子どもが受験だから個室が必要
  • 子どもが社会人になり部屋が余っている

など、子どもの成長がポイントになっているのです。それほど子どもの存在はお家にとって重要なんですよね。今回そんな子どもを連れて実家での同居を考えているわけですから、子どもの成長を考えずにリノベーションの話は進みません。今は小さい子どもでも、数年後は学校に通い、いずれ自分の部屋が欲しくなります。そんな将来を見越して今回のリノベーションの計画を立てましょう。

「家に合わせて成長させる」のではなく、「将来こんな生活がしたい」という考えをもとに家づくりをしましょう。そうすれば成長するはずのない家が、自分たちに寄り添ってくれているような感覚で暮らせるかもしれません。

子どもの成長

 

家族のカタチが家のカタチ

最近はリノベーションという選択肢がメジャーになってきているせいか、あまり抵抗なくリノベーションする人が増えてきているようです。中古住宅を購入してリノベーションしてマイホームにする。それと同じように実家をリノベーションして助け合えるマイホームにする。どちらもいい選択ですが、実家をリノベーションするのは家に対する愛着がありますよね。家は家族とともに成長していきます。実家に思い出がない人なんていません。思いを繋ぐことが実家のあり方かもしれません。

今度はあなたが新たに家族と思い出を築く番ではないでしょうか。

【合わせて読みたい】→新築と中古どっちがいいの?決めるための4つのポイント

【合わせて読みたい】→元店舗や倉庫・ガレージ・納屋がリノベーションで住宅に生まれ変わる

【合わせて読みたい】→リフォームよりも大規模リノベーションを選ぶべき、3つのメリット

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+