インテリアの色の考え方
インテリアデザイン

色ひとつで部屋の雰囲気がこんなに変わる!おすすめ配色教えます

みなさんは自分の好きな部屋のコンセプトがありますか?家はそれぞれ間取りや広さや環境、また家族構成やその空間にかけられる予算など、様々な条件が違います。

そしてコンセプトのように自由に選べ、コンセプトと同じくらいとても重要なものがあります。それは色です。今回は部屋の様々な色のコーディネート方法を紹介します。

内装デザインのルールを知りたい方は▶︎これを守れば大丈夫!内装のデザインで失敗しないための4つのルール

内装リフォーム検討中の方はコチラ

開放的な空間も落ち着いた空間も色で変えることができます

あなたはその空間に何を求めていますか?「開放的で広い空間にしたい。」「落ち着いた空間にしたい。」など、求めるものは用途やライフスタイルによって様々だと思います。

明るい空間にしたいと思っているなら白を基調にした内装材がおすすめです。白は膨張色なので空間を広く見せてくれます。部屋を少しでも広く見せたい場合は白を基調にしてみましょう。

また広さには問題がなく、「落ち着いた空間を演出したい」と思っている時は黒や焦げ茶色等のダークトーンを基調にしましょう。空間が引き締まり、あなただけのリラックススペースをつくることができます。

天井・壁・床の色で空間の印象を変えることができます

部屋を広く見せたくても、全部真っ白に統一するわけにはいきません。そこで行わなくてはならないのが天井、壁、床の色選びです。要所要所の色使いを考えることで、空間の広さや効果をさらに変えてくれるのです。

たとえば、こんな部屋があるとします。

白い部屋

この部屋に色付けをして見てみましょう。

1.床の色を変える

床に濃い色、天井・壁は明るい色にします。

床を濃い色に

床に重みが出て、天井が高く見える効果があります。簡単ですが間違いがないので、一般的によく見られる配色ですね。

床も、天井・壁も明るい色で。

床も明るい色

床も明るくなると、濃い色に比べて全体的に少し広く見える感じがしますね。ですが、こちらも天井・壁より床が濃いので、効果としては同じです。

比較

2.天井の色を変える

天井にのみ濃い色を持ってきた場合です。

天井のみ濃い色

天井を濃い色にすると、天井が低く感じます。そのため、圧迫感は出るのですが落ち着いた空間を演出することができます。

天井も床も濃い色に

床の色も濃くするとさらに落ち着きにある空間になります。

3.1面だけ壁の色を変える

つづいて部屋の奥行について考えてみます。現在の視点から奥の1面だけ、壁の色を変えてみます。

壁の一面だけ色

壁の色が淡い色の場合と、濃い色の場合です。いかがですか?

色の濃い方が、奥行があって広く感じられますよね。

天井も

天井を合わせると上のようにまとめられます。

天井も壁も床も濃いと、部屋が平たく細長いように感じます。天井と床が明るくて壁だけ濃いと、上下左右に広がりをもちつつさらに奥に長い部屋のように感じられます。

狭い空間には下から上に、濃明のグラデーション!

どうしても狭く見える空間があります。まず思い浮かぶのはトイレではないでしょうか?トイレを広く見せたいと思ったことはありませんか?そんな時も色の効果に頼ってみましょう。

下の絵を見てください。

トイレの壁の配色

前にお話したように、少しでも奥行がほしい!という時は奥の1面に濃い目の色を使うのがおすすめです。また柄が入ったクロスや板目、エコカラットを使うとアクセントができてお洒落になります。一般的に狭い空間は床、壁、天井の順番で濃い色から明るい色へとグラデーションにすると広く見えるといわれています。

トイレの配色その2

色味はちょっと極端かもしれませんが、奥1面に濃色があるときより、全体的に広く感じられます。トイレに限らず広く見せたい部屋があったら、この色使いを思い出してください。

色をうまく使って欲しい空間を手に入れよう!

部屋の広さや形などどうにも変えられないこともあります。しかし私たちの目は色によって様々な錯覚を起こしてくれます。この錯覚をうまく使えば限られた条件でも理想的な空間を手に入れることができます。色を活用して、素敵な空間づくりをしていきましょう!

内装リフォーム検討中の方はコチラ