インテリアデザイン

家の空間をデザインする!おしゃれなインテリアデザイン入門

     
amazing-interior-design-ideas-for-home-16

「インテリアデザイン」と聞いて、みなさんはどんなものを思い浮かべますか?

「インテリア」という言葉から、椅子やテーブルなど家具そのものや部屋を彩る雑貨を思い浮かべるかもしれませんが、そもそもインテリアという言葉は「室内装飾」という意味を持っています。リフォペディアでは、家具のデザインから室内デザイン、インテリアのコーディネート(配置など)を含む室内空間をデザインすることの総称としてお話していきたいと思います。

この入門記事では漠然とインテリアを選ぶのではなく、自分・家族を思うインテリアを考えるための土台作りをお手伝いいたします!

どうしてインテリアが大事なの?

最近はインテリアを題材にしたメディアが増えていますよね。DIYが流行っているのも影響しているのかもしれません。DIYが流行っているのは、つまりリフォームをしたい人が多いということ…家の不満改善を必要としている人が多いということです。

でも、例えば収納が少ないことが悩みの場合、ただ収納が増えるだけで良いのでしょうか?それだけであれば、適当な入れ物を買ってくれば物は入りますが、家・部屋は自分の生活の基盤となる場所です。

家族が集う部屋、疲れを取るためのくつろぐ部屋、それぞれに合ったインテリアを用い、それがそこで生活する人とうまく調和することで素晴らしいライフスタイルが描かれる基盤になってゆくのです。

interior-1

ライフスタイルを叶えるための内装装飾って?

一人一人生活のスタイルや生活リズムは違うため、インテリアデザインに「絶対こうだ!」という正解はないでしょう。お友達の家やモデルルームを見て素敵だな~と思っても、それがあなたのライフスタイルにマッチしたインテリアデザインかというと、そうでない場合もありますよね。

例えば部屋が暗いので明るくしたいな~と思っているとします。そんなとき自然光を入れるための窓を増やすことを思いつく人は多いと思います。ですが、ただ窓を増やせば良いとは限りません。そこに窓を作ってしまったら、今まで置けていた収納がなくなってしまうかも知れません。家具が置けなくなってしまうかも知れません。

例えば使い勝手を考えて壁向きのキッチンから対面キッチンにしたいと思っているとします。キッチンだけの使い勝手はよくなるかもしれませんが、部屋の形やサイズによっては人がくつろぐスペースが減ってしまったり、ダイニングからの動線が悪くなってしまったりするかもしれません。

インテリアデザインとは、ただお洒落!と思うだけではなく、それぞれのライフスタイルを考えて自分に合った間取りを考えることから始まるのです。

interior-2

インテリアデザインのコツ!

インテリアデザインはどうやったら良いのか…これをマスターするには少々勉強も必要になってきます。

それぞれの素材の特徴や美しく見える、その空間に合った色合いなど、意識して見につけないといけないことも沢山あります。

ですがすぐに実行できることは「自分がどんな部屋が好きか」というイメージをすることです。

例えば北欧風にしたい!と漠然に思うだけでも良いのです。

そのイメージができれば、どんな雰囲気のどんな素材のものを置けば良いかわかってきますよね。そこからかけ離れないものを選び使っていく。それだけで「統一感」を生み出すことができます。

interior-3

それでも、なんとなく好きな雰囲気があってもそれをなんと表現すれば良いのかわからないときは、インテリアの好みを診断してくれるツールなどもあるので試してみると良いかもしれません。まずは雰囲気と素材感を決めて「統一感」を出すことから始めてみてはいかがでしょうか。

「あなだだけの」インテリアデザインを!

インテリアデザインと一口に言っても、そこには様々な意味が含まれています。

それはただかっこいい、かわいい、きれいなだけではなく、そこに暮らす人がいるからこそ作り出されるものなのです。照明、カーテン、寝具に至るまで考えることは沢山ありますが、決して妥協しないでください!インテリアデザインはあなたのライフスタイルをあなただけの素晴らしいものにデザインしてくれる基盤になるはずです。

正解はありません。ぜひあなただけの大切な空間を作り上げていきましょう!

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+