リフォーム

室内ドアのリフォームで押さえておくべき基本的なポイントまとめ

     
室内ドアのリフォーム

みなさんは室内ドアのリフォームを考えたことはありますか?雰囲気を変えたいけど、まず何から始めていいか分からないという方も多いのではないでしょうか?室内ドアのリフォームって何だか難しそう・・・

そんな方のために、室内ドアの交換方法や、様々な機能などをまとめてご紹介します。ここに書いてあるポイントを押さえておけば、どんなリフォームをすればいいかイメージがわくと思います。

そもそも室内ドアのリフォームってどうやるの?

室内ドアのリフォームといっても、どこまでリフォームするかによって方法が変わります。ざっくり3つの方法に分けてみました。

1、枠ごと交換をする

ドアには必ず枠がついています(わかりやすいように色を変えてあります)。

ドアの枠

今使っているドアが古い場合や、室内全体の雰囲気を変えたい場合は枠ごと交換がオススメです。ちょっと古くて、ドアの高さが低い・・・なんてときも一度枠を取って枠のサイズから変えることができます!(※構造によっては出来ないこともあるので、確認が必要です)

ただし、枠ごと交換をすると周りの壁、壁紙もダメになってしまいます。元々の壁紙と同じような柄の壁紙で補修することも可能ですが、若干の色味の違いはでてしまうので、部屋の壁紙を一緒に張り替えてしまうことが理想的です。

2、ドア本体のみ交換する

枠をそのまま残し、建具だけを交換する方法です。このリフォームをするメリットは周りの壁を壊すことなく建具を新しくできることです!工事期間や費用を抑えることができます。ただこちらにも欠点はあります。

(1)ドアが新しいのに枠が古いままなので少なからず違和感がある

色を合わせて作成しても、微妙な違いはどうしても出てしまいます。そんなときは新しいドアに合わせて枠を塗装する、ドアと同じ面材を枠にも貼るなどの方法で対応することができます。

(2)メーカー既製品は使えない、または高くついてしまうことがある

メーカーの既製品はだいたい規格サイズが決まっていますので、そのサイズと今ある枠のサイズが合わなければ特注する必要があります。でも、デザインによっては特注できない、規格サイズのものを使うより高くついてしまう、ということがあるので注意です!

3、面材の張り替え

ドアを綺麗にはしたいけれど、今のドアも気に入っているし、余計な工事を増やしたくない・・・そんな時におススメの方法が面材・カッティングシートの張替えです。経年劣化や日常生活の中でどうしても出てきてしまう汚れにはこれだけでも十分かもしれません。

カッティングシート

この方法も今使っているドアの表面がひどく傷んでいたり、今貼ってある面材やシートがうまく剥がれなかったりすると、施工できない場合もあります。写真のドアは元々が比較的新しいドアだったので、表面の濃い木目の面材を剥がし、新しく床の色に合わせて明るい木目のカッティングシートを貼りました。まるで交換したかのような仕上がりですね!

室内ドアにつけられる機能的なオプション

室内ドアリフォームの方向性が決まったら、次はドアにつけられるオプションについて触れておきましょう。せっかくリフォームするなら、少しは使い勝手や機能性をよくしたいですよね。そこでご紹介するのがこちら!

1、換気採光ルーバー

換気採光ルーバー

パッと見は細長い採光ルーバーの付いたドアなんですが、このルーバーを押すとくるっと回って、なんと換気窓になってくれる優れもの!

ルーバー

部屋を換気するためにドアを開けておきたいけれど、間取りによっては開けておくのが好ましく無かったり、常に開けておくのはちょっと・・・という方いませんか?そんなときにこの機能があると閉めたままの状態でも換気をすることができます。

暑い夏なんかは、窓を開けて外の空気を入れても空気の抜け道が作れず、自然風だけでは物足りないですよね。でも、窓を開けてドアのルーバーも開けておけば、風の通り道ができて部屋の温度も早く下げることができます。これなら冷房を使う時間が減るかもしれませんね!

2、ペットドア機能

ドアの下にペットが行き来できる開口を設けるオプションがあります。サイズや、付けられるドアデザインの制限はありますが、このようなオプションを備えているメーカーもあるので、既製品のドアでも対応できます。ドアを閉めていてもペットが自由に歩き回れるので、寒い冬でもいちいち開け閉めすることがなくてとっても魅力的なオプションですね!

ペットドア機能

3、表裏でデザインを変えられる

オプションではありませんが、押さえておくといいポイントとして、ドアは表と裏で色を変えられるということを覚えてきましょう。

廊下や他の部屋はダークトーンで統一しているけれど、子供部屋は床も建材も明るく統一したい・・・じゃあ建具は廊下と部屋、どっちに合わせればいいんだろう?こんなことで迷った経験ありませんか?そんなときは表と裏で色やデザインを変えてしまえばいいのです!ただしここで注意が必要なのは、枠の色です。表と裏どちらに合わせるのかなどはよく考えましょう。

ドアの表裏

もっとオプション機能を見たい!という方はこちらもチェックしてみて下さい!

室内ドアを交換するなら、覚えておきたいオプション機能5選!

ドアの色は何色にすればいいの?という方はこちらが参考になりますよ!

内装のデザインは色ひとつでこんなに変わる!

ドアリフォームはカスタマイズ次第で自分好みのドアに変身できます!

室内ドアリフォームについていかがでしたでしょうか?もしドアをリフォームしたいけどどうすればいいか分からなくてモヤモヤしているなら、まずはリフォームの専門家に相談してみましょう。リフォームの方法も含めて、どんなドアがいいかプロに相談してみることが、ドアリフォームの近道だと思いますよ!

【合わせて読みたい】→実は簡単にできちゃう!室内ドアリフォームのススメ(交換方法編)

【合わせて読みたい】→室内ドアを交換するなら、覚えておきたいオプション機能5選!

【合わせて読みたい】→誰でも簡単、「壁のDIYリフォーム」であなたの家が見違える!

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+