インテリアデザイン

和室のおしゃれ計画!和室と床の間、もう物置なんて言わせません

     
おしゃれな和室

お家にひと部屋はあるであろう和室。いつの間にか物であふれかえって物置部屋になっていませんか?畳はすり減って色あせ、障子は穴があいたまま。床の間なんて新築当時の趣はどこへやら。日本の住宅に欠かせなかった和室は、いつの間にか使いにくいお部屋になってしまったようです。

今回そんな悲しい和室をちょっと視点を変えておしゃれな空間に大変身させる方法を大公開しちゃいます!現代のライフスタイルに合った和室の在り方をぜひ見て下さい。

畳をデザイン性の高いものに替えよう!

皆さんは畳にどのようなイメージがありますか?

  • 古くさくて.洋風のわが家に合わない
  • ダニやハウスダストが気になる
  • 色は緑しかない
  • メンテナンスが面倒

など様々あると思います。

こんな悩みを一気に解決してくれる優れものがあります!それがセキスイ畳「美草」という商品です。従来の畳のイメージとはかけ離れた優れた機能性に、洗礼されたデザインをプラスした高機能の畳です!

セキスイ畳「美草」

セキスイ畳「美草」

セキスイ畳「美草」のここが凄いというポイント

  1. 色褪せしにくいから、いつまでもきれい。い草の場合3年から5年ごとに表替えを行います。しかし「美草」なら劣化しにくいので頻繁な表替えは不要です。
  2. 水や汚れに強く、お掃除もカンタン。天然イ草に比べて、100%に近い汚れの取れやすさなのでお手入れやお掃除がカンタン
  3. ダニやカビが発生しにくいから、健康的で安心
  4. シックハウス症候群に関わる物質は使用しない安心素材
  5. 滑りにくく、クッション性もあるので子どももお年寄りも安心
  6. デザイン性に優れたカラーバリエーション

美草の機能

いかがでしょうか?今使っている畳をデザイン性の高いものに変えてあげるだけで和室がおしゃれで機能性の高いお部屋に大変身しちゃいます!

床の間をおしゃれにする変身術

みなさんは床の間をどのように使用していますか?

何となく物を飾ったりするスペースということは分かるけど、お正月やお雛様などの限られた時期にしか使わない。気が付いたら和室が物であふれかえり、いつしかそれが床の間にも及んで、もはや床の間の風格が失われている。そんなご家庭が目に浮かびます。

そもそも床の間って何に使うところなのでしょうか?和室には必ずと言っていいほどある床の間。そもそも床の間とは・・・日本建築で座敷の上座の、ゆかを一段と高くした所。壁に掛け物をかけ、床に花・置物などを飾る。簡単に言うと掛け軸などを飾って眺める場所ということですね!それならこんな床の間はいかがでしょうか?

床の間

純和風のつくりが現代の暮らしに合わないのなら、床の間を現代に合わせればいいのです!素材や照明をデザイン性の高いものに替えてあげれば、床の間が持っている本来の風格がよみがえりますね。

でも飾りスペースだけにしておくのはもったいないから、床の間を収納スペースとして活用したい!そんなあなたには・・・

1、クローゼットとして作り直す

床の間をクローゼットとしてつくりかえることは難しいリフォームではありません。また床の間はだいたい畳1枚分の大きさがあるので、奥行が十分確保できます。棚割りを工夫すれば簡単に収納力をアップすることが可能です。

2、棚や間接照明で簡単おしゃれに造作の棚を作る

もともと床の間は物を飾るところでしたね。棚を壁面に作ってあげるだけでおしゃれな空間に変身しちゃいます。そのままパソコンを置いたりして、書斎としても使えるので便利ですね!

床の間をおしゃれに

床の間についてもと知りたい!という方はこちらをチェックして下さいね。床の間が大変身!和室のおしゃれリフォームでつくる和モダン空間

和室と床の間のおしゃれ計画まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段は物が溢れて雑然としてしまい、和室の良さを活かせていなかったあなたのお宅も、ご紹介した方法であれば印象がガラッと変わり使い勝手の良い和室になるはずです。自分で変身させてみたい!という方はDIYの参考にしてみて下さいね!

和室を洋室にリフォームしたいなぁと考えている方は、こちらをチェックしてみるといいですよ!『和室から洋室』にリフォームする理由

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+