和室にブラインド
インテリアデザイン

和室の障子は維持が大変!それなら和室×ブラインド!

畳が敷かれた和室でのんびり過ごす時間は、”日本人でよかった”と感じる瞬間ですよね。

しかし和室のある住宅は年々減少しています。実はリフォームの中で最も多いのも、和室を洋室にしたいという依頼なのです。その大きな理由の一つが、畳や障子のメンテナンスの難しさ。なかでも障子は、お子さんやペットが破いてしまったり、時間がたつと障子紙が黄ばんでしまったりして綺麗な状態はキープするのは難しいですよね。定期的に張り替えようにも時間や手間もかかってしまうことから、和室離れが進んでいるのです。

和室の足枷になってしまう障子の存在ですが、実は障子以外にも和室にマッチする窓装飾はたくさんあるんですよ。
なかでもおすすめは和室をモダンな雰囲気にしてくれる「ブラインド」です。
今回は和室に合うブラインドの種類をご紹介したいと思います。

障子に近い和紙調のブラインドで違和感のない空間に

まずは「プリーツスクリーン」です。
プリーツスクリーンは基本的に窓枠内に収まり、カーテンのような左右のたまりがないので、スタイリッシュですっきりした印象になります。

和室にブラインド

なかでも、障子のようにやわらかい光をお部屋に取り入れてくれるのが和紙調の生地です。
繊維のきめの細かさが、光を通して立体感や陰影を演出してくれます。
もしリビング以外の寝室などに和紙素材のブラインドを取り入れたい場合は、遮光性の高い生地とレース生地を組み合わせると良いでしょう。
和の雰囲気を壊さず調和の取れた印象になるので、高級感も演出してくれますよ。

和室にブラインド

とにかく空間に馴染む木製ブラインド

和室ならではの落ち着いた雰囲気を崩さず、おしゃれな旅館にいるような気分にさせてくれるのが「木製ブラインド」です。

和室にブラインド

木製ブラインドは比較的遮光性が高いので、天候や時間帯に合わせて差し込む光を適度な明るさに調節することができます。
また木製の色味や素材感は日本風のインテリアととても相性がいいので、モダンな中にも侘び寂を感じられる空間になるのです。

木製ブラインドは色だけではなく、奥行も選べるので、自由度が高くオリジナリティ溢れるお部屋にすることができますよ。
窓枠の納まりや他の部屋とのバランスも考慮していろいろ試してみてもいいですね。

和室にブラインド

ブラインドは「ローコストハイデザイン!」

さらに、和室にブラインドをおすすめする理由はそのコストです。


和室にブラインド

一般的に障子を作る場合、敷居と鴨居は大工さんに障子は建具屋さんに発注するので、その都度費用が発生します。
歴史ある茶室のような和室を作るにはこういった専門家に依頼して部屋を仕上げていくのが正攻法なのですが、もちろんそれなりのお値段はかかってしまいます。
それに比べて、ブラインドやロールスクリーンはどこでも手に入る上に、窓枠に取り付けるだけなので簡単に設置することができるのでお手軽なのです。

和室にブラインド

和室でも自由に組み合わせを楽しんで

「ブラインドは洋室で使うもの」といった固定概念を外した和室のブラインド選び、いかがでしたか?
和室だから”障子”でなくてはいけないなんてルールはありません。
個性溢れるブラインドを選んで、和との調和のバランスをぜひ楽しんでくださいね。

和室をおしゃれに
ありがちな和室をおしゃれにリフォーム!畳や襖の選び方講座

もう悩まない!物置となっていた和室をおしゃれで居心地よい空間に!