子供部屋の壁紙
インテリアデザイン

年齢別!子ども部屋を彩る壁紙選びのコツ

子ども部屋をおしゃれにしてあげたい!かわいくしてあげたい!と考えることありませんか?
でも「どんな壁紙が良いかわからない……」「子どもが大きくなった時に嫌がらないかな……」と不安がよぎって結局無難な柄を選ぶのはもったいないですよ。せっかくならお子さんに喜んでほしいし、お友達を呼びたくなるようなセンスある部屋を用意してあげたいのが親心というものでしょう。

今回は遊び心のある壁紙の選び方を伝授しますので是非お子さんのお部屋のコーディネートに役立ててください。

壁紙リフォームを検討中の方はコチラもご覧ください

壁紙選びのポイントとは「お子さんの成長」

お子様のお部屋の壁紙を選ぶ上で大きなポイントになるのは「時期」です。
一般的に壁紙は約10年前後で貼り替え時期を迎えると言われています。つまり、子どもが小さい時期に貼るのであれば多少派手な柄の壁紙でも問題はないでしょう。
逆にお子様が中学生以上の年齢であればその後の成長も考えてあまり派手すぎない落ち着いた壁紙を選んであげた方がいいということです。
では、この2つの時期に分けて実例を見ていきたいと思います。

幼少期の壁紙選びは遊び心と機能性重視で

幼少期から小学校低学年くらいの、子どもが小さいご家庭はのちのち貼り替えが必要になってくるのを見越して、思い切った派手な壁紙やカラフルな壁紙を貼ってみると個性が出て面白いかもしれません。

子供部屋の壁紙

キャラクターや可愛らしい大きな柄の壁紙は、この時期だからこそできる選択です。
挑戦はしたいけど派手柄を全体に貼るのは抵抗があるという方は、部屋の一面だけにワンポイントとして取り入れるとガチャガチャせずおしゃれな印象になるのでご安心ください。

子供部屋の壁紙

貼る場所を限定することでクドくなくなりますし、落ち着いた印象にもなっています。また、小さい子のお部屋なのでデザインだけでなく、キズや汚れに強い機能性に優れた壁紙を選んであげると安心ですね。

高学年以降は変化に万能な配色を

この時期での壁紙選びはお子様が高校生や成人した際のことも考慮する必要があります。派手すぎの柄や、子どもっぽい色味のものを選んでしまうと居心地が悪く、部屋を嫌いになってしまう原因になりかねません。そこでおすすめしたいのは、落ち着いた色のアクセントクロスです。

子供部屋の壁紙

こうした色味の壁紙にしてあげることで、成長してから家具のテイストが変わったとしてもチグハグにならず、すっきりまとまったお部屋にすることができ、いつまでも愛着の持てるお部屋になることでしょう。

壁紙リフォームを検討中の方はコチラもご覧ください

長い期間お気に入りの部屋であるために

壁紙はお部屋の印象を支配するので、選ぶ時にはとても迷ってしまいますよね。まして自分ではなく、成長とともに好みも変化していく子どもの部屋は責任重大です。
今回見ていただいたのはほんのごく一部で、壁紙の種類は色・柄・素材の違いで何百とあります。もし壁紙に迷ったら、お近くのお店で実際に見てみることをおすすめします。柄や質感はネットで見たものと実際見たものでは感覚が結構違うものですよ。
あまりの選択肢の多さに目移りしてしまうかもしれませんが、親御さんが試行錯誤して選んだ壁紙なら、お子さんもきっと喜んでくれることでしょう。

子供部屋もおしゃれに♪人気インテリアショップで見つけた勉強机4選

子供部屋をリフォームしたい!プロに学ぶアイデアまとめ