リフォーム

空間づくりの名脇役!「窓」の種類を知って快適な住まいを手に入れる

     
窓の種類

お洒落な家を見たとき、「わあ、おしゃれだな~」と感じる要素はたくさんあると思います。壁紙の多様な使い方や、凝ったデザインの照明、薪ストーブ・・・等、様々なポイントがありますよね。

その中でも、皆さんにあまり知られていない大切な要素が、家になくてはならない「窓」です。窓はどちらかというお家の明るさや断熱等の機能面に目がいってしまいがちですが、実はたくさんの形状・色味・仕様があり少し工夫してあげるだけで、よりデザイン性の高い空間に変えてくれる名脇役になっています。今回は、たくさんある種類の中からいくつかを紹介していきます。

まずは窓(サッシ)の種類から

皆さんは窓の種類がいくつありますか?と聞かれたとき、何種類答えられますか?きっとそんなに多くは出てこないと思います。ここでは、数ある窓の種類の中からいくつか紹介していきたいと思います。

1.引違い窓

・・・この窓は昔からずっと使われている一般的な窓です。ガラスが2枚、3枚、4枚のタイプがあり横にスライドして開閉をします。設置できる箇所は幅広く凡庸的な窓になります。

引き違い窓

2.すべり出し窓

・・・すべり出し窓は横型と縦型の2パターンがあります。(家の内側から外側に開くことが出来る形状)横すべり出し窓は横に長い形状を取ることが出来、縦すべり出し窓は縦に長く設置することが出来ます。

すべり出し窓

すべり出し窓

3.FIX窓

・・・開閉することが出来ない採光のための窓です。いろいろな形状を取ることが出来、デザインを取り入れたい場合には欠かせない窓と言えます。

FIX窓

4.上げ下げ窓

・・・2枚のガラスを上下にスライドさせるタイプの窓です。壁の厚みの範囲で開閉することが出来るので、設置場所が限定されないことがメリットです。

上げ下げ窓

5.出窓

・・・窓が外側に突き出した窓で、奥行があるため、小物を置いたりすることが出来、室内側を広く使うことが出来ます。

出窓

その他にも、内外倒し窓、オーニング窓、開き窓、ルーバー窓、折りたたみ窓、天窓などまだまだたくさんの種類の窓が存在しています!これだけ見ても、たった窓1つで空間の仕上がりに大きな変化がでることが分かりますね。

では、具体的に窓と空間づくりの関係って?

上記で説明した窓が、実際にどのように配置・設置するとおしゃれな空間に仕上がっていくか3つの窓を例にとって紹介したいと思います。

1滑り出し窓

すべり出し窓は横に長く、縦に長く形成することが出来、場所の制限が少ないことから、洗面室やキッチンで使われることが多いです。メリットとしては

  • 縦に長い縦滑り出し窓の場合→縦のラインが強調されるので、お部屋の天井が高く見えるような錯覚が起こります。
  • 横に長い横すべり出し窓の場合→横のラインが強調されるので、空間が横に広く感じられる効果があります。

また、同じ寸法の窓を並べてあげることでスッキリ見えるので、空間もキュッと引き締まります。

すべり出し窓

2.FIX窓

・・・FIX窓は、はめ殺し窓とも呼ばれ開口することが出来ない窓です。主な目的は採光ですが、近年ではデザイン性もこのFIX窓に求められていると言えるでしょう。四角形はもちろん、丸形、三日月形など様々な形状があります。

FIX窓

3.折りたたみ窓

・・・折りたたみ窓は全開口することが出来る窓なため、リビングからつながるウッドデッキへの窓として配置し、オープンな空間を演出することが出来ます。

折りたたみ窓

 

ワンランク上の空間づくりを!

いかがでしたか?今まで窓(サッシ)については機能部についての紹介が多く、デザイン性は重視されることがあまりないというのが現実でした。現在リフォームをご検討中の方は、この機会にぜひ窓までこだわったお家にしてみてはいかがでしょうか?きっとワンランク上の空間が作れることでしょう。

 

合わせて読みたい

ブラインドカーテンがインテリアの主役?!窓装飾、選び方のススメ!
新築やリフォームをすると最後に悩むのがカーテンやラグ。部屋全体の雰囲気を損なわないようにするために、無地の主張しないような色を...

室内ドアのリフォーム室内ドアのリフォームで押さえておくべき基本的なポイントまとめ
みなさんは室内ドアのリフォームを考えたことはありますか?雰囲気を変えたいけど、まず何から始めていいか分からないという方も多いの...

日当たりと間取り日当たりが悪く暗い家にしないためには?間取りと日当たりの関係
日当たりがよく明るい住まいにするために、太陽光を取り入れ、明るい環境で暮らす事は快適な住まいの条件です。逆に暗く光が入ってこな...

 

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+