リフォーム

システムキッチンだからこそ!おすすめの便利オプション3つ!

     
キッチンのオプション機能

キッチンのリフォームをするとなると、今の主流はシステムキッチン!性能よく、お手入れも簡単ですが、どれも似たり寄ったりな形で、違いがよくわからない。カタログもページ数や情報量が多すぎて、何を選んでいいやら・・・。

かといって、オーダーメイドのキッチンにしたら、予算も合わないし、何をどう選んでいいかも分からない・・・せっかくリフォームするなら、自分好みの使いやすいキッチンにしたいですよね。

キッチンって頻繁に交換するものではないので、自分の家以外のキッチンのことってあんまり知る機会がありませんよね。最新のキッチンってどんな感じなの?何ができるの?今までと何が違うの?などなど、分からないことだらけの方が多いと思います。今日は、そんな不満や疑問を感じている方に最新のシステムキッチンはどんな感じなのか、どんなオプションでカスタマイズができるのか、ご紹介します!

キッチンのオプション

 

キッチンと一体感を演出するカップボード

キッチンリフォームの際、キッチン本体に目を奪われがちですが、ぜひ目を向けていただきたいオプションの1つがカップボード!「今使っている食器棚があるから必要ないかな・・・」と考えている方いませんか?カップボードと一口に言っても、食器やコップをしまうだけのものばかりではありません。一部ですが、おすすめのカップボードを2つご紹介します!

①家電収納タイプ

家電収納タイプ

※画像はLIXILのカップボードです。

どこのご家庭にも必ずある炊飯器や最近多くのご家庭で見るようになった電気ポットやコーヒーメーカー。生活には欠かせないもの、便利なものではありますが、キッチンでどこに置くか悩みがち・・・・。そんな生活家電をすっきり収納できるタイプのカップボードです。わざわざ棚を引き出さなくても使えるよう、蒸気排出ユニットをつけることもできます!

※メーカーによっては、標準で蒸気排出ユニットがついていて、外せない場合もあります。

②マルチスペースダストワゴン付き

ダストワゴン付

※画像はLIXILのカップボードです。

なるべく人目につかないところに置きたいダストボックスを収納できるタイプ。一見すると、下は収納スペースのように見えますが、ここにダストボックスが収納できます!※間口によって収納できる個数が変わります。専用のダストボックスが幅75cmでは2個,幅90cmでは3個収納できます。

扉がついているので見栄えもすっきり。上の引き出しは、こまごまとした調理器具を入れておくのにもってこいです。ダストボックス用品を入れておくのも良いですね!この組み合わせだけでなく、①の家電収納タイプと組み合わせることもできますので、使い勝手にあわせて選んでみてください。

これらのカップボードは収納だけではなく、作業台として活用できる高さのカウンタータイプのものもあり、何通りもの組み合わせが出来ます。また扉柄を合わせることで、キッチン本体との統一感も出て、すっきりとした印象になります。

1台5役!?なIHグリル

グリルといえば、みなさんどんなものを思い浮かべるでしょうか。おそらく、網で魚を焼く下記のようなものを思い浮かべませんか?

キッチンのグリル

魚焼きにしか使っていない、もしくは、お手入れが大変だから全く使っていないなんて方もいらっしゃいます。全く使っていない方は、キッチンのリフォームの際にグリルはなしで収納にしてしまう場合もありますが、ちょっと待ってください!最近のグリルの中には、お手入れ簡単で、料理の幅も広がるスグレモノがあるってご存知ですか?

それは・・・・、焼き網なしのIHクッキングヒーターです!ここでは、Panasonic製のIHクッキングヒーターを例にお話します。

※Panasonic以外のキッチンでも、お選びいただけます。

何が5役なのかといいますと・・・

  1. 魚焼き(魚料理)
  2. 肉料理
  3. 野菜料理
  4. ご飯もの
  5. お菓子

魚を焼くだけではなく使われていた方もいらっしゃるかと思いますが、お菓子まで作れるなんて今までのグリルからは想像もできませんよね!このPanasonic製のIHクッキングヒーターの秘密は、遠赤外線・近赤外線と深溝です。余計な油を落として、遠近赤外線で外はパリッと中はジューシーな仕上がりで、毎日のお料理が楽しくなること間違いなし!

IHクッキングヒーター

こんなところも!?便利な収納スペース

お料理中によく使うけど、収納場所に困るのがこまごまとした調味料。もちろん、引き出しの収納力を考えると問題なくしまえるのですが、扉や引き出しを開け閉めせずに、さっと取り出せてさっとしまえたら良いなとは思いませんか?

ただ、目の前においてしまうと、作業スペースが減る上に、雑然とした印象に・・・。そんなときに便利なのが、オートダウンウォールです。

オートダウンウォール

※画像はLIXILの商品です。

一見すると吊戸棚に見えますが、スイッチ1つで目の前まで下ろしたり、必要がないときは上に収納できるので、邪魔になりません。

また、届かないから使わないということで、吊戸棚をつけない方がいらっしゃいますが、そうすると上の空間がなんだか無駄なスペースに思えませんか?もちろん、キッチン自体の収納力は上がっていますし、開放感を優先するのなら、上の空間には何もつけない方が良いかもしれません。ただ、せっかく活用できる空間があるのなら、フルに使って、より使い勝手の良いキッチンにしないと勿体無いです!

また、調味料などを収納するタイプだけではなく、下記のような食器乾燥庫タイプというものもあります。シンクの脇に食器かごや水きりプレートを置いて、そこに洗った食器を並べるのも良いのですが、そうすると、広いシンクの4分の1ほどが埋まってしまいます。シンクを広々と使いたい方には、こちらのタイプもオススメです!

食器乾燥庫

※画像はLIXILの商品です。

見て・触れて・体感がおすすめ!

これまで、システムキッチンでもできるカスタマイズとして、オススメのオプションについて紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?

ここでご紹介したオプションはほんの一部です。このような仕様の数々は、各メーカーが使いやすいように日々改良を進めています。リフォーム会社に勧められるもので、なんとなくで決めると後悔することにもなりかねません。一番分かりやすくオススメなのが、実物が置いてあるショールームに行って、実際に使い勝手を体感してみることです。

カタログだと、オプションのサイズ感や動線の良い悪いが判断しにくく、実物を見ないで決めるとリフォームした際に、想像と違う!なんてことにもなりかねません。また、見た目は似ていてもメーカーごとで仕様の違いもありますので、ショールームに足を運ぶのが、より自分好みのキッチンにカスタマイズするポイントです!ぜひ、納得のいく自分のキッチンを選んでくださいね。

【合わせて読みたい】→キッチンのデザインを選ぶコツ!

【合わせて読みたい】→理想のキッチンを手に入れる3つのプランニングアドバイス!

【合わせて読みたい】→物があふれるキッチンまわりを、毎日快適に変える上手な収納の極意!

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+