家づくり

借景がまさにアート!夢を贅沢に詰め込む、こだわりの別荘づくり

     
借景がアートのような家

ずっとマンション暮らしだったTさんが軽井沢に建てたのは、自然を絵画のように切り取り、家の景色の一部とした別荘だ。施主のTさんと建築家、佐藤さん。自然と融合した美術館のような家は、Tさんと佐藤さんのこだわりが詰まったアート作品だった。

全開口の大きな窓を開放すれば、50畳超のオープンスペース

借景がアートのような家

外観/木材とジョリパッドの吹付のコントラストが美しい外観。土を盛って地盤を1m上ることで、湿気の問題も解決

借景がアートのような家

テラス/天気の良い日は広々としたテラスでティータイム。テーブルセットを仕舞う収納も備えているので、置場にも困らない

借景がアートのような家

アプローチから見た外観/壁に凹凸を設けることで視覚的な変化をつけたデザイン

借景がアートのような家

借景がアートのような家

借景がアートのような家

 

施主であるTさんが別荘を建てたのは、軽井沢の木立の中にある土地。もともとTさんの祖父が建てた平屋があったのだが、建物が古いせいで寒く、土地を削って建てられているため湿気も多かったという。当初はこの建物をリフォームする予定だったが「孫が生まれたので、もっと有効的に使いたい」と最終的には新しい建物を建てることを決めた。今回この設計を担当したのが、東京のマンションのリフォームを行った佐藤さんだ。

「私が設計を担当した軽井沢の別の別荘を気に入っていただき、そのテイストで…というお話をいただきました」と話す佐藤さん。Tさんはずっとマンション暮らしだったこともあり、別荘には非日常的な空間を求めていたそう。充実したユーティリティスペースに、アイランドキッチン、軽井沢の自然を感じられる広いテラス…。そんなTさんのイメージを形にすべく、佐藤さんのプラン作りが始まった。

「最終的にプランが確定するまで、9回ほどプレゼンをしました」と当時を振り返る佐藤さん。1回目に提案したのは、道路に面した側にカーポートを置き、主寝室を北側に置くプランだったそう。これに対してTさんからは「やはり主寝室はやはり日当たりのいい南側にしたい」、「テラスに階段が欲しい」といった要望が。ここからはTさん自身のイメージも具体的になり、6回目のプランでようやく全体像が決定。そこから最終的な詰めに入っていったという。

思う存分意見を交換して完成したT邸には、佐藤さんとTさんの高い美意識が随所に生きている。外観は木材とジョリパッドの吹付。片流れのひさしにひさしの下を斜めにデザインして、視覚的な変化を演出した。室内に入ると、そこに広がるのは、32畳の広さがあるLDK。「とにかく景色を優先して設計しました」と佐藤さんが語るように、アイランドキッチンに立てば、どの方向を見ても美しい軽井沢の緑を堪能することができる。キッチンの正面に鎮座するのは、重厚な雰囲気の薪ストーブ。周囲は掘りごたつのように一段低くなっており、このストーブを囲んで団らんすることもできるのだという。

このLDKで薪ストーブと並んで印象的なのが、テラス側に備えられたのは、全開口の大きな窓だ。「景色を邪魔しないよう、扉を消してしまいたかったんです」と話す佐藤さん。この窓は網戸・雨戸、すべてが壁に収納されるようになっており、すべて開け放てば20畳あるテラスとリビングが一体となり、開放感も抜群。都会では味わえない、まさに別荘ならではのダイナミックな空間だ。

大和張りの天井、ブルーグレーの左官…。細かいこだわりが随所に

借景がアートのような家

寝室/寝室の壁は道路に面しているため、細い窓を取り付けた

借景がアートのような家

ロフト/ロフトは浮遊感を感じられるスペース。ここからも外の緑が眺められる

借景がアートのような家

 

借景がアートのような家

 

借景がアートのような家

外観/夜の外観。室内に灯りが灯るとより神秘的な雰囲気に

借景がアートのような家

 

このLDKの天井は、高さ6mの吹き抜けとなっている。見上げると、ここにも佐藤さんのこだわりが。「ただ板張りにしてしまうと、のっぺりした印象になってしまうので、大和張りという板を重ねて凹凸をつける手法を用いました。これで6m先の天井でも、ちょっとした変化がつけられるんです」。

佐藤さんと、Tさんの、家に対する並々ならぬこだわりはさらに続く。吹き抜けの天井には木製のシーリングが取り付けられているのだが、最初は木製のものがなかなか見つからなかったそう。Tさんがハワイのホテルでたまたま見つけた写真を佐藤さんに送ったところ、最後は佐藤さんがネットで輸入しているショップを見つけ、買い付けたのだという。
 
そして、このLDKの反対側に配されているのが主寝室だ。壁はお気に入りのベッドリネンに合わせたブルーグレー。これは塗料ではなく左官とのこと。壁肌を荒らさずこの色を出すのには、かなり苦労したという。その甲斐あって「ヨーロッパの雑誌で見た雰囲気にしたかった」という奥様の希望通り、まるでパリのアパルトマンのようにお洒落な空間が完成した。

窓から見える景色を邪魔しないよう、鉄骨でシンプルに作られた階段を登ると、そこにあるのはロフトスペース。ここは寝転んだり、自由に使えるスペースとして作ったそう。ただ広いロフトを設けるより、橋を架けるような感じにしたかったんです」と佐藤さん。ここを渡ると、まるで中に浮いているような浮遊感が味わえるのだという。

また、薪ストーブの位置に関しては「当初Tさんは、薪ストーブが景色を邪魔するのでは…と難色を示されていましたが、木々の緑と薪ストーブの佇まいが相まってさらに美しい景色になると思い、ストーブ置場を掘りごたつのように一段下げることを提案して納得していただきました」。と佐藤さん。お互いが妥協することなく、こだわりぬいて完成したT邸。Tさんも以前より頻繁にこの別荘に訪れるようになり、改めて軽井沢の景色の美しさに感動しているそう。「深緑の季節だけでなく、秋には隣の紅葉も借景として楽しめるんですよ」と佐藤さん。この家も軽井沢の自然と同様、四季折々で違った美しさを見せてくれるに違いない。

 

WebマガジンKLASICでは、建築家の方の設計された暮らしに合った素敵な注文住宅や、リフォーム、リノベーションの事例を発信しています。

転載元:http://www.klasic.jp/

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+