リノベーション

憧れの古民家リノベーションをしよう!

     
古民家リノベーション

近頃、古民家リノベーションが人気ですね。雑誌で特集が組まれたり、古民家カフェが流行ったり。意外と若い人たちの間で古民家に対する考え方がアツいような気がします。「古民家」は古くて寒くて住みたくない家、ではなく、もはやこぞって住みたい「憧れのマイホーム」のようです!

突然ですが、皆さんのお家は築何年になりますか?当たり前のことですが、同じ人間が2人いないように世界中どこを探しても、同じお家はひとつとしてありません。だからこそリフォームを考えるとき、そのお家住むご家族の悩みと一緒にお家の年齢も考えてあげる必要があります。

リノベーションを愉しむために【古民家編】でも述べたように、新築とリノベーションは同じ建築業でも考え方が異なります。

新築は0%(ゼロ)から100%までつくり上げるの工事に対し、リフォームは100%あるものを一度99%から30%ぐらいまで一度壊してから、120%・130%それ以上を目指す工事なのです。

ここでは古民家リノベーションの実例として、お家の年齢に合わせた「築50年以上古民家リノベーション」をご紹介させて頂きます!古民家ならではのメリットと一緒にご紹介します。

古民家リノベーション

 

古民家リノベーションのメリット 其の一

古民家をリノベーションするということは、体に優しいお家にすることができるということ。古民家は、現代病と言われている「シックハウス症候群」などの原因物質を含む材料をあまり使用していません。

またマンションや高気密住宅とは違い、自然風が建物全体に巡る構造になっています。そのため結露が発生しにくく、湿気が原因のアトピーやアレルギーになる可能性は低いと考えられています。

健康に優しい古民家

古民家は、家族がより健康的に安心して暮らすことができる、最適なお家のひとつなのです!リノベーションする際は、本来古民家が持つ特性を生かしつつ、現代のライフスタイルに合った家づくりをすると良いですね。

古民家リノベーションのメリット 其の二

古民家リノベーションのメリットとしてもう一つ挙げられるのが、新築にはできないデザイン・味わいを表現できるということです!よくあるハウスメーカーの新築は、ある程度パターンが決められていて、完全な注文住宅を設計するとかなりのお金が必要とされます。

しかしリノベーションは、既存の間取りなどにとらわれることなく、「世界にひとつだけの住まい」を造り上げることを可能とします。

新築には出来ないデザイン

古民家リノベーションでは、長年使われてきた柱や梁を表しにすることで、日本の伝統的な木造建築の持つ温もりや懐かしさ感じさせる一体感のある住まいになります。あえて最近の新築から姿を消している、日本特有の「畳」という文化を取り入れて、趣があるリラックス空間を持ってみてはいかがでしょうか。

新築の良さは「新しい」こと。しかし、壊さなくてもいいものを「残し・生かす」ことで、新築にはない味わいを出せるのがリノベーションなのです。

古民家リノベーションのメリット 其の三

ここからは少し現実的な話になりますが、リノベーションの最大のメリットとして挙げられることが「固定資産税が軽減できること」にあります。

固定資産税は築後年数により税額が決定するため、古民家を取り壊して新築を建てるよりも、税金を軽減できます。詳しくは中古住宅+リノベーション~低コストで理想の住まいを手に入れる~を読んでいただきたいです。予算に余裕ができたら、その分リノベーション費用にあてることができるため、金銭面でもリノベーションは魅力があるのではないでしょうか。

ただし、リノベーションを考える上で増築する場合、評価の見直しが行われるため、注意が必要です。固定資産税は自治体によって細かな部分での解釈に違いがあるため、専門家にご相談するのがいいでしょう。

日本人が「お家に求めること」

「新築」という固定観念がまだまだ日本人の考えのなかの大部分を占めていると思います。

ここでは、暮らしに合った快適で安心できる住空間として、美しさ・温もり・趣きを大切にした古民家リノベーションについて話をしてきました。冒頭でも述べたように、ひとつとして同じ住まいなどありません。家族の数だけ住まいがあります。

新しい住まいを求めるとき、将来を見越した住まいのひとつの案として「リノベーション=今までの生活から付加価値を見出す新しいライフスタイル提案」という方法があることを知っていただきたいのです!

ご家族それぞれ何に困っているのか、本当は何を必要としているのかを見つめ直し、素敵な住まいの夢を叶えるために、これをきっかけにどんな形でも一歩勇気を出して踏み出してみてはいかがですか?

【合わせて読みたい】→床の間が大変身!和室のおしゃれリフォームでつくる和モダン空間

【合わせて読みたい】→『和室から洋室』にリフォームする理由

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+