リフォーム

トイレのリフォームをするなら、気を付けるべき3つのポイント

     
トイレのリフォーム

「トイレなんて安ければOK!」「器具の交換だけで十分かな~」なんてお考えありませんか?実はそういった安直な考えが落とし穴!

トイレのリフォームをお考えの方から出てくる、今のトイレへの不満の数々。

「先のことを考えて機能を充実させておけば良かった」「せっかくだから内装もきれいにしておけば良かった」「収納も作っておくべきだった・・・」など様々な失敗や不満の声を聞いてきました。

だからこそ、今回はトイレのリフォームをする際に気を付けるべき3つのポイントをお教えします。みなさんのトイレリフォームを成功へと導ければ!と思います。

ポイント1.毎日使う場所だから、掃除のしやすさが大事!

みなさん、日々のおトイレ掃除・・・大変だからとって手を抜いてはいませんか?一昔の前のトイレだとすーぐサボったリングや排水の水垢が黒くなってげんなりしてしまいますよね・・・。掃除するといってもフチ裏やタンクと便器の間であったりトイレの形状は複雑でお掃除も大変ですよね・・・。

しかし、今のトイレはそんなあなたのお悩みを解決してくれる夢のようなトイレばかりなのです!そのいくつかをご紹介したいと思います!

エントリーNo.1 Panasonic ~アラウーノ~

ご存知の方も多いPanasonicのアラウーノ!一番の特徴は何と言っても“泡”の力!!

流すたびに「泡」と「水流」で便器内をしっかりお掃除してくれます。泡自体もミリバブルとマイクロバブルの2種類を生成し、激落ちのパワーを発揮します!また、使用する洗剤は市販の洗剤でOKなので特別な買い物も不要で楽ちんな優れものです!

アラウーノ

泡で流すだけでなく、泡で受け止めてくれる!心の広いトイレなのです!泡のクッションがトビハネを軽減してくれ、トイレ周辺の床や壁の汚れが発生しにくい機能もついています!

アラウーノ

エントリーNo.2 LIXIL ~サティス~

LIXILのトイレはなんとプラズマクラスターが内蔵されていて、発生したイオンがトイレを隅々まできれいにしてくれます!匂いの原因になる見えない菌も除去してくれます。

サティスサティス

さらに、トイレで一番お掃除のしにくい便器とタンクの隙間も楽々お掃除の出来る便利なリフトアップ機能が備わっています!奥の奥までお掃除できるので、気分も爽快間違いなしです!

サティス

こういった日々のお掃除が楽になるトイレを選ばれることが大切です!

ポイント2.狭いトイレだからこそ、収納の作り方が大事!

一般的に数ある種類のお部屋の中で、トイレは一番狭い空間になります。その上、掃除道具やトイレットペーパー、女性用品等トイレに必要なものは以外と多いですよね・・・。トイレットペーパーを窓枠に置いたり、掃除道具や消臭剤を奥の見えなさそうなところに置いたり、狭い割に何かと物が散乱してしまうという経験はありませんか?そういったお悩みでお困りの方はきっと多いはず!!

しかし、そんなお悩みはちょっとしたトイレ用収納で解決しちゃいます!!現在、各メーカーではたくさんのトイレ用収納が発売されています!

トイレ収納

既存の壁に直接取り付けることの壁付けタイプの収納であられば施工が楽々!

トイレ収納

トイレ上部に取り付ける吊戸タイプは狭いトイレ空間のデッドスペースを有効活用できる賢い収納!!

しかし、後付だと狭くなるし、吊戸だと圧迫感が出て嫌だというご意見も多々あります!そんな時におススメしたいリフォームのポイントが実はあったのです!

それは、壁埋め込み型の収納です!見た目は壁付の収納と変わらないのですが、取り付け方が若干違います・・・。その違いは、一般的な木造の住宅には必ずある“壁の厚み”を利用するのです!トイレの横に面するお部屋とのちょっとした壁の間に埋め込むことで、壁付の収納より奥に収めることが出来るので、狭いおトイレでも出っ張らずに収納を設置することが出来ます。

トイレ収納

トイレ収納

トイレはお家によって様々な大きさ、形があります。ご自宅に合った収納を取り付けることが大切です。

ポイント3.お気に入りの場所にするために、トイレ空間をデザインしよう!

トイレという空間は、床・壁・天井の内装材、トイレ本体、収納、窓、照明、扉と狭い空間でも様々な要素で構成されています。しかし、その大元を占めているのは、トイレ本体と手洗い(収納)、内装材です。これらの組み合わせの違いにより、あなたのおうちのただのトイレを、大好きな「トイレ空間」に変えるということが可能なのです!

トイレ本体の大きな違いはタンクがあるかないかです。現在人気の高いタンクレスのトイレであれば狭いトイレ空間を広くすっきりと演出することが出来ます!

また、手洗いがトイレ空間に備わっているかも重要です!トイレのわきにコンパクトな手洗い器が備わっていれば、まるでホテルのトイレのように変身させることもできます!

トイレのデザイン

内装材の選択も重要です!床材には主にクッションフロアやフローリング、タイルなどがあります。壁や天井にはクロスを使うことが多いですが、今のクロスは種類も豊富なので、明るいクロスを選んだり、少し渋めのクロスを選んだりシーンは様々です。また、壁にタイルを貼ったりして少しアクセントを付けてあげるのもいいかもしれません。

トイレ内装

何度も言うようにトイレはお家で一番狭い空間です。リビングなど広い場所ではタイルのような材料をデザインのアクセントにしようと思うと大量の材料が必要になりますが、少ない材料でおしゃれに出来るのがトイレの良さです!こうしたたくさん種類のある内装材から自分好みの材料を選んで、日本で、世界でたった一つの自分らしいトイレにリフォームしてみてはいかがでしょうか?

快適なトイレライフ

トイレは毎日家族の皆が使う場所です。トイレの選び方一つで面倒なトイレ掃除が楽になったり、収納一つでお客様に急に貸してと言われても平気な顔をしていられたり、さらには、内装の選定一つで居心地の良い世界に一つだけの空間にすることが出来ます!

トイレのリフォームを通して、より価値のある生活を送ってみてはいかがでしょうか?

【合わせて読みたい】→トイレのリフォームをするならどっち!?タンク式かタンクレス

【合わせて読みたい】→リフォームする前に知っておきたい、トイレが好きになるコツ

【合わせて読みたい】→大掃除の前に!家の気づきにくい汚れチェックリスト【水廻り編】

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+