インテリアデザイン

お部屋の雰囲気を決める!こだわりのインテリア照明の選び方

     
照明

突然ですが、お部屋の雰囲気を作る大切な要素とはなんでしょうか?

キレイな床や壁の内装、お洒落なインテリア、皆さんは何が思いつきましたか?もちろん内装やインテリアはお部屋の雰囲気を作る大切な要素です。また、人それぞれのこだわりも取り入れやすいと思います。

では、『照明』はどうでしょうか。何かと見落とされがちですが、実は『照明』ってお部屋の雰囲気を作るのにとても大切な要素なのです。今回はそんな『照明』についてお話をしたいと思います。

~照明を上手に取り入れるための基本テクニック~

照明

初めに、照明を上手に使いお部屋の雰囲気を作るための基本テクニックを紹介していきます。

①電球の種類

まず光源には様々な色味があります。一般の家庭では『白熱灯』と『蛍光灯』の色が主に使い分けられています。『白熱灯』の色は温かみのあるオレンジ色でくつろぎ感を出すことが出来、落ち着いた空間にピッタリ。また『蛍光灯』の色は青みのある昼白色で活動性をイメージさせるため、作業などをする場合に最適です。

光源の種類

 

②照射面による雰囲気作り

光源の高さや位置、天井、壁、床などどこに照射するかによって、部屋の雰囲気がガラッと変わります。一般的には天井・壁・床の3面をまんべんなく光を当てることにより、ふわっとしたやわらかい雰囲気にすることが多いです。また壁・床を照らし天井を暗くすると落ち着いた空間を演出することができ、逆に床を暗くすると天井が実際よりも高く見えて空間を広く見せることができます。

その他にも壁の一部だけを照らすことにより飾っている絵画などが強調され目にとまるポイントを作ることが出来ます。また、照明は高い位置から広い範囲を照らせば活動的に、低い位置に置いて下層だけを照らせばムーディーな雰囲気を作ることが出来ます。

~部屋別!照明取り入れテクニック①~

次にお部屋ごとに照明を取り入れる時の簡単なテクニックを紹介していきたいと思います。

①リビング

リビングにおいて大切なことは「くつろぎ感」を演出することです。また、リビングでは来客などを迎えることもありますよね。そのような多目的に対応するリビングはもっとも多灯照明にしたい場所となります。例えばメインとなる照明の他にスタンドライトを読書スペースに置いたり、お気に入りの絵を飾っていればピクチャーライトで照らしたり、飾り棚をライトアップしたり・・・と様々な演出ができ、良い雰囲気を作ることが出来ます。

照明

②ダイニング

家族で食事を楽しむダイニングでは、食卓テーブルを明るくすることが何より大切になります。食卓の料理を美味しく見せる光は、食欲を増進させる暖色の赤みのある白熱球色が最適です。また、最近の主流では小さめのペンダントライトを複数下げたり、レトロ風なペンダントライトをつける人が多くなっています。

照明

③キッチン

調理の場であるキッチンは、包丁を使うので安全面に配慮して手元に影が出来にくい蛍光灯色が理想的です。キッチンは清潔感が大切なのでシンプルなものが最適です。また、キッチンにちょっとしたぬくもりがほしい時には白熱灯色のペンダントライトなどをプラスすると良いかもしれません。

~部屋別!照明取り入れテクニック②~

④玄関

住まいの第一印象となる玄関。人と人とが出会う空間でもあり、充分な明るさであることが必要で多灯照明がオススメ。また、フットライトなども玄関収納の下に空間がある場合につけると素敵な雰囲気を演出することが出来ます。

照明

⑤寝室

寝室はまぶし過ぎずリラックスできる灯を選ぶのがポイントです。目線よりも低い位置に照明を配置したり、主照明は調光できるものを選ぶとリラックスできる部屋になるでしょう。

照明あなどることなかれ!

照明

いかがでしたか?今回のお話で少しでも照明に興味を持つことができたでしょうか?照明の色味・配置の仕方、テイストごとの選び方、ひとつひとつが空間を演出する大切な要素ですよね。たかが照明、されど照明。これをキッカケにお部屋の雰囲気に合う最高の照明をこだわって探してみてはいかがですか?そして自分だけの最高の空間を作ってみてください!

 

【合わせて読みたい】→案外かんたん!アンティークテイストの取り入れ方

【合わせて読みたい】→思ったよりカンタン!おしゃれなインテリアを叶える3つのポイント

【合わせて読みたい】→間接照明にこだわってオシャレな満足リノベーションをしよう!

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+