リフォーム

知ったらきっとこだわりたくなる。リビングドア徹底解剖!

     
リビングのドア

リビングドアって1日で何度も開け閉めしたり、何度もそのドアを通って外へ出かけたり、他の部屋へ移動したりする、室内ドアの主役と言える存在ですよね。

リビングドアのデザインが家全体のドアのベースになっていたり、暗くて寒くなりがちな廊下と、明るく暖かいリビングとを仕切ったり採光したりする役目も担っていて、リビングドアのデザインや性能が住まいに与える役割はとても大きいものがあります。実際に、リビングドアを無垢の重厚な素材でつくったり、ステンドグラスやアンティーク調のガラスを入れたり、海外製のドアノブを取り付けたりと、自分の好きなドアをオリジナルでつくることも人気があります。

今回は、そんなリビングドアを徹底解剖してみます!きっと皆さんもご自宅のリビングドアが気になってしまうことでしょう!

あなたのおうちのドアはどのタイプ?

一口にドアと言っても、開口部の大きさや使用する素材によってドアの呼び名は変わってきます。大きさの違いでは、一般的に使われる畳半畳程の幅に設置することが多い片開きドア、そこに小さなドアを加えた大きな開口の親子ドア。また無垢の素材で作ったドアを框戸、合板を表面に張り芯が空洞の構造をフラッシュ戸と呼び、トイレのドアのように鍵などの機能性を加えることも出来ます。ドアを設置する場所の目的やサイズ、部屋の雰囲気によって、そこに合うドアが設置されています。リビングドアって、室内のドアの中で一番豪華だったりカッコ良かったりしませんか?リビングドアも玄関ドアと同じように、重要な存在感を放っています。

ドアの種類については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。実は簡単にできちゃう!室内ドアリフォームのススメ(デザイン編)

広がるリビングドアのデザイン

ドアの見た目を決めるうえで大切なポイントの一つが、あかり取りのデザインや大きさです。光を多く取り入れたいのであればガラス面を大きくしましょう。

リビングのドア

和の雰囲気に合わせたいのであれば、格子が多いデザインがおすすめです。

リビングのドア

ガラスの種類も、透明や曇りガラス、紙調ガラスなど、部屋の目的や雰囲気に合わせて様々な選択が可能です。

リビングのドア

また、ドアの色もデザインを決めるうえでとても大切です。一般的にはドアの色合いは、フローリングの色味などど合わせて全部屋統一するの一般的でしたが、あえてリビングドアのみビビットな色合いを採用してアクセントにすることもあります。

リビングのドア

選択一つで部屋の印象を大きく変えることが出来るのがリビングドアになります。

リビングドアを彩るアイテムたち

リビングのドア

ドアに付随するアイテムとして、ドアノブや丁番などの金物があります。ドアノブの形や素材でドアの印象も変わり、アンティーク調のドアノブでノスタルジック感を出したり、シルバーのスタイリッシュなドアノブを使いモダンでスッキリとした統一感を出したりと、印象を左右するうで大事なアイテムになります。普段隠れてなかなか見えない丁番までこだわりだすと、おしゃれなカフェや高級なリゾートホテルに来たような雰囲気も味わうことが出来るでしょう。

ドアって大事!

プライバシーとパブリックの線引きのためだったり、エアコンの効率を高めるためだったりと、本来ドアがもっている役割ももちろん大事ですが、ドアのデザインを少しこだわるだけで、その部屋をお気に入りの空間にするための重要な要素になります。なかなかドアだけを新しく交換する機会は少ないかもしれませんが、住まいをリフォームする際はドア(特にリビングドア)にこだわってみると、永く愛着が持てる住まいに出来るんじゃないかと思います。

 

合わせて読みたい

青いドア実は簡単にできちゃう!室内ドアリフォームのススメ(交換方法編)
みなさんは室内ドアのリフォームを考えたことはありますか? 「廊下が暗いから明かりを取りたい」「長く使っているから建て付けが悪く...

色使いこれだけ考えればいい!色使いを知ってインテリアに取り入れよう!
内装のリフォームをするとき、みなさんが悩まれるのは「色使い」ではないでしょうか? 壁紙やカーテン、それに合う家具の色。自分には...

ドアのオプション室内ドアを交換するなら、覚えておきたいオプション機能5選!
前回、前々回と室内ドアの交換方法、デザインの選び方についてご紹介してきました。ドア交換の準備は着々と進んでいますでしょうか?今...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+