リノベーション

リビングをLDKにリフォームする、3つのメリットと実例

     
LDK_top

皆さんは家のどこで、どのように、どのくらいの時間を過ごしていますか?過ごす時間が長い場所は、リビングと個室という方が多いのではないかと思います。特にリビングは、近年、キッチン・ダイニング・リビングを1つにした「LDK」としてまとめられ、重点的に設計されることが増えています。
リフォームでも、独立したダイニングキッチンとリビングを1つの空間にまとめることがとても多いです!

過ごす時間が多く、家族が集まる場になるリビングは、せっかくリフォームするなら居心地の良い空間であり、自慢したくなるような空間、お客様を招待したくなるような空間にしたいですよね!例えば、旅先で宿泊するホテルや旅館の雰囲気を思い浮かべてみてください。雰囲気や、置いてある家具、小物…それぞれがひとつの空間を作り出しています。その中で過ごす時間は至福の時ではないでしょうか?こんな時間を家でも過ごしたいと思われる方は多いはずです!
今回は、リビングをLDKにすることのメリットや、理想のLDK作りのコツをお話しします!

LDKにするメリットって?

まず、LDKにする事のメリットを考えてみましょう。今ではLDKなんて当たり前のように設計されていますが、キッチン・ダイニング・リビングがそれぞれ分かれている住宅は多く存在します。その空間をひとつにする事によるメリットを3つ、ご紹介します!

1、広々と開放的な空間で生活

これは、前述した旅先のホテルや旅館も当てはまります。広々とした開放的な空間だからこそ様々な事が出来る空間を生み出すスペースを確保出来ます。

2、家族団らん幸せのLDK

様々な空間を生み出すことが出来る=その空間で過ごす人が増える。これもLDKの大きなメリットのひとつと言えます。
例えば、休日にお母さんはお菓子作り、お父さんは趣味の読書、子供たちは広々スペースでおもちゃを広げて遊んでいます。全員がそれぞれの存在を感じながら過ごす事で家族団らんのスペースを作り出せるので、LDKならこんな素敵な休日を実現出来ちゃいます!

3、たくさんの採光・採風

今までいくつかに分かれていた部屋をひとつにする事で、光と風が入る場所が増えます。太陽のひかりが差し込み、風が通り抜けるような空間で過ごす事でリラックスできる素敵なLDKになります!

たくさんのメリットがあるからこそ、近年ではLDKが多く普及しているんですね。空間作りの際にはこのメリットを存分に活かしたプランニングを心がけてみましょう!

理想の想いを形に

メリットを理解して頂いた上で、今度はプランニングになります。みなさんはどんな空間で過ごしたいですか?どんな空間を作りたいですか?どんな事でも構いません。どんな理想でも憧れでもいいので考えてみましょう!
『光の差し込む窓際で読書をしたい』『家事スペースで料理の勉強や、お菓子作りをしたい』『大人数でもくつろげるスペースが欲しい』
『観葉植物に囲まれたい』『ペットと快適に過ごしたい』『子供を存分に遊ばせたい』…etc
色んな要望が出てくると思います!この要望をクリアしていく事で、世界にひとつの最高のLDKに一歩近づくのだと思います。

そして、それに見合った材料の選定や、デザインを取り入れる事が必要になってきます。
自分自身が好きな物や、過ごしやすくなるための空間づくりの例をご紹介します!

CASE1 『家族とペットが快適に過ごしたい、蒔ストーブの火の温もりを感じたい』

LDK_1
例えば、ペットが快適に過ごす為に床を滑りにくい無垢材にし、ペットの体温調整の為にタイルスペースを設けます。そこに、火の温もりを感じる薪ストーブスペースを融合させる事で理想の空間に近づきます。
LDK_2
壁は、見切りを使ってクロスを上下にわける事で、ペットがクロスを汚しても、下半分の張替えで済むようにとメンテナンス性が考えられています。また、全体を茶色いモダンな雰囲気に仕上げたい思いと、全面茶色いと空間が重くなるのではないかという不安を、このクロスを張り分けによって解消できています。
LDK_3
見た目だけでなく生活する上での、機能面をよくする事も大切になってきます。

CASE2 『子供が自由に過ごし遊びまわれるようにしたい、リゾート感を出して家でくつろぎたい』

LDK_4
やはりお子様(ご家族)を想って家づくりをする方は多いです。このLDKも元々は和室2間にキッチンが別れている空間でした。それをひとつの空間にする事で、広々と開放的な空間になり、お子さんが走り回れます。また、テレビボード裏のスペースにはお子さんが遊べる畳スペースを作り、そこに黒板を設置。昼寝スペースにもなりますし、お母さんが洗濯物をたたんだりアイロンがけをしたりできる、家事スペースにもなります!
LDK_5
畳のスペースですが、普段生活する側からはテレビボードで隠れてしまうので、全体的にはまるで旅先のホテルのような、リゾート感を出すことが出来ています。普通の空間ではなくデザインを取入れる事でその要望が叶っています。
LDK_6
ウッドブラインドや天然石のタイル、ガス暖炉、照明の優しい明りにつつまれた空間が癒してくれます!そして、雰囲気に合った家具を入れる事で、この空間で過ごす時間が住む方の理想空間になっているのです。

 

夢や理想を現実にする

今回、LDK作りのちょっとしたコツをお話ししました。とにかくLDK作りをするのであれば、自分やご家族の夢や理想を実現させるチャンスだと思う事が
大切です。家に合わせて住むのではなく、人に合わせて家を作る事を心がけましょう!そして、住む人に合った最高のLDKに、最高の家具や小物、窓装飾を取入れる事で、世界でひとつだけの空間を作ることができるのです!みなさんの自宅のLDKはいかがでしょうか?夢や理想の詰まった世界にひとつだけのLDK作りが一歩進む手助けになれれば幸いです。

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+