お金・税金

今が買い時!リフォームに使えるローンと金利について解説します

     
リフォームのローン

リフォームは、老朽化に伴う水廻り商品の入替工事や、屋根・外壁の塗装工事などのメンテナンスリフォームから、家族構成の変化に伴う増築や二世帯住宅への変更工事などがあります。そしてリフォームを決断する理由は家庭によってさまざま。費用も数十万から規模が大きいものだと1000万以上になるリフォーム工事。

そのすべてを自己資金で補うのは大変ですよね?そのため多くの方がローンという選択肢をとっています。

しかし「ローンて難しくて面倒くさい・・」と思っている方が多いのではないでしょうか?そんなあなたにローンのあれこれ、簡単にお教えします!

リフォームに使えるローンって?

リフォームで使えるローンには「住宅ローン」と「リフォームローン」の2種類あります。

住宅ローンと聞くと新築だけ?と思いがちですが、リフォームにも利用できます。それぞれ特徴はありますが、住宅ローンは「有担保」、リフォームローンは「無担保」というのが大きな違いです。ふたつの違いを簡単にまとめてみました。

担保型(住宅ローン)

メリット

  • 金利が低く、返済期間が長い(最長35年)の為、月々の返済額を低くできる。
  • 借入額が多い。

デメリット

  • 担保(自宅等)の設定が必要で書類の数も多い。
  • 審査が厳しく、審査結果が出るまで時間がかかる。

無担保型(リフォームローン)

メリット

  • 担保、保証人不要。審査に通りやすく、審査結果が出るまで早い。
  • 書類の数が少なく、申し込みが簡単。

デメリット

  • 金利が(住宅ローンより)高く、返済期間が短い(最長15年)ので、額によっては月々の負担が大きくなる。
  • 借入額が少ない。(1000万未満)

 

では、どちらのローンを使えばいいのでしょうか?

いろいろな状況を判断する様になりますが、目安は「いくらの工事をするか?」になります。ですから、小規模、中規模のリフォームは無担保型  増築や二世帯改修のような大きい規模のリフォームは担保型というのが多くなります。

自分にぴったりのローンを選ぼう!

住宅ローン、リフォームローンは、さまざまな金融機関で取り扱っていて、金利のタイプも豊富です。

金利のタイプは「固定金利」「変動金利」「固定期間が選べる変動金利」の3つがあります。金利タイプを選ぶには金利動向だけではなく、自分のライフプランにあった金利タイプを選ぶことが必要になります。

将来、収入が減ったり、教育費がかかるなど、家計の収支の変化が予想される場合や、金利上昇によるローン返済額の増加に対応できるかにより金利タイプの選び方が変わってきます。

固定金利(全期間固定金利)

メリット

  • 借入後に金利が上昇しても借入時の金利による返済が確定。
  • 借入時に返済期間全体の返済計画が確定

デメリット

  • 借入後に金利が低下しても返済額が変わらない

変動金利(固定金利期間選択)

メリット

  • 固定金利期間中は返済額を確定できる。
  • 固定期間終了後に金利が低下すると返済額が減少

デメリット

  • 固定金利期間終了後に金利が上昇すると返済額が増加。
  • 借入時に固定金利期間終了後の返済額が確定しないので返済計画が立てにくい

変動金利

メリット

  • 借入後に金利が低下すると返済額が減少

デメリット

  • 借入後に金利が上昇すると返済額が増加。
  • 借入時に将来の返済額が確定しないので返済計画が立てにくい。
  • 借入後に急に金利が急上昇した場合、未払い利息が発生する場合がある。

 

返済途中で金利タイプを変更できるローンもありますので、変更ができるかどうか、変更に伴う手数料が発生するかどうかなど金融機関へ確認するのもよいでしょう。

かしこくローンを組んでゆとりのある返済計画を

難しいローンも自分に合ったローンを組めば強い味方になることが分かりますね!

かしこくローンを組んで、無理のない返済計画で素敵なお家を手に入れましょう!

リフォームのローン

 

【合わせて読みたい】→知ってお得!知って安心!こんなにあるリフォームの補助金・減税制度
【合わせて読みたい】→リフォームでも!省エネ住宅ポイントをゲットしよう(導入編)
【合わせて読みたい】→「新しい」ではなく「自分らしい」家に。リノベーションの本当の意味
【合わせて読みたい】→暮らし方は完全オリジナルであっていい!新築・建売を買う前に。

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+