ミニコラム

梅雨に入る前に知っておきたい!お風呂場とキッチンのカビ対策法

     
カビ対策

暖かな陽気が続いていますが、もう少しすると主婦の大敵!「梅雨」がやってきます。梅雨の時期のジメジメとしたあの感じ、嫌ですよね。湿気で髪の毛は広がるし、洗濯物はなかなか乾かない。

ただでさえ憂鬱になるのに、さらに頭を悩ませるのがこの季節に増える「カビ」!梅雨時は冬の5~6倍も増え、空気中を沢山のカビの胞子が浮遊しているといわれています。繁殖したカビを放置しておくと私たちの体にも害を及ぼします。

では、梅雨の時期のカビの繁殖を防ぐには、具体的にどんな対策をとれば良いのでしょうか?今回は、これからの時期、特にカビが発生しやすい水廻りスペース「お風呂場」と「キッチン」について、対策法を紹介していきます。

そもそも、カビはどうして発生するの?

カビ対策

そもそも、どうして家の中でカビは発生するのでしょうか?カビが発生する要因としては、大きく分けて「湿度」「温度」「栄養」の3つが挙げられます。四季のある日本の気候や風土の特徴から見て、これらの要因を100%なくすことは難しいとされていて反対にこの3つの条件が揃ってしまうと一気にカビは増えていくのです。まずは、この3つの要因について見ていきましょう。

要因①「湿度」

一般的にカビが活発に増える湿度は70%以上、日本の梅雨の時期の湿度は、大体70%~80%と言われているのでまさにカビが増えるのにピッタリな時期なんです。湿度の面から見てみると、カビの発生を防ぐには“湿度を60%以下に保つこと”が重要ですがこれにプラスしてカビが付着する材質の“水分量”にも注目する必要があります。

例えば、部屋の湿度が低くても柱、壁などの建材に常に水分が含まれている状態であれば結果的に湿度が高いということになり、カビが発生しやすくなります。

要因②「温度」

カビが発生しやすい温度は20℃~30℃くらいと言われていて、25℃前後になるとカビの繁殖が活発になります。

要因③「栄養源」

カビも生き物なので、栄養のあるものを好みます。中でもいちばんの栄養源は食品類ですがカビにとってはほこりや繊維や木材なども栄養源の1つです。こうなると、食品を扱うキッチンや、体の垢や石鹸カスなどが多くあるお風呂場にカビが多く繁殖するのも納得ですね。

梅雨の時期、お風呂場のカビの繁殖を防ぐには?

カビ対策

次は、家の中でも特にカビが繁殖しやすい場所別に対策法を見ていきましょう。

まずは「お風呂場」。梅雨の時期のお風呂場は湿度も高く体の垢や石鹸カスがあるので、カビにとってとても過ごしやすく繫殖しやすい環境です。カビが発生しないようにするには「乾燥させる」「低温にする」「栄養を与えない」 この3つがとても重要です。

お風呂場の場合、みなさん既にやっているとは思いますが「窓を開ける」もしくは「換気扇を回す」ことが大切です。入浴後は水蒸気によって浴室の中の湿度が高くなるのでカビが発生しやすくなります。入浴後は空気を入れ替える為に窓を開けて、窓がない場合は常に換気扇を回しておくのも良いですね。

ちなみに私はアパート住まいですが、日中家にいない間は常にお風呂場の換気扇を回しています。アパートの管理会社の人が言ってたのですが、換気扇の電気代は1日中回していても大してかからないそうです。また、少し面倒ではありますが、入浴後、体をふいた後のタオルなどで浴室内の壁や天井の水滴を拭きとることも対策としては有効です。

そして、お風呂場の温度を下げるために入浴後に水のシャワーを壁、床にかけるのも良いでしょう。これだけでもカビの発生を予防する効果は十分あります。

カビが繁殖する要因「栄養源」を与えないためには、石鹸やシャンプーを使った後はお風呂場の壁も一緒に洗い流すことを心掛けましょう。こうすることでカビの栄養を取り除くことができます。この他忘れてしまいがちなのが、浴槽のふたやスノコ、いす、桶など。これらの物にもカビは発生しやすいので、まめに洗剤で洗うようにして、水気を切って乾燥させておきましょう。

ちょっとしたことでカビは防げます!

カビ対策

いかがでしたか?カビの予防はそう難しいことではありません。お風呂上りに浴室をさっと拭くとか、換気扇を回すとか、キッチンで料理をした後はささっと拭いて水分を取るとか、ちょっとしたことで防ぐことができます。「乾燥」「低温」「栄養を与えない」を心掛けて快適な生活を送りましょう。

 

合わせて読みたい

シックハウス症候群5分で分かる!シックハウス症候群の原因と対策とは?
みなさんは「シックハウス症候群」という言葉をご存知でしょうか?お家の室内空気汚染に由来する様々な健康障害を総称して「シックハウ...

無垢材無垢の床や漆喰の壁。からだにやさしい自然素材の家!
みなさんはお家の中で使用されている自然素材といえば、何を想像しますか? 多くの方が「木(モク)」を思い浮かべると思います! 今...

部屋干し天気が悪くても安心!洗濯物を快適に部屋干しする方法
みなさんは洗濯物を普段どこに干していますか?天気が良い日はやっぱり外に干したい!という方は一般的に多いと思いますが春には大量の...

 

 

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+