モザイクタイル
インテリアデザイン

やってみる価値あり!一気に差が付く「モザイクタイル」の見せ方

 

そもそもモザイクタイルって?

モザイクタイル

一般にタイルといえば、壁や床の保護、あるいは装飾用に多数張りつける板状の建築資材を指します。近年まで普及している多くのタイルは、酸やアルカリなどの薬品による変質もしにくく、熱や水などの耐久性にも優れ、無機質の建築仕上げ材料として優秀な性能を持っています。色彩や形状も様々で、その工事方法も多数存在し、他の仕上材にはない豊かな特徴があるのです。

その中でも空間にちょっとしたアクセントで使われるタイルがモザイクタイルです。タイル1枚の見える面積が50c㎡以下の場合はモザイクタイルに分類されます。感覚的に分かりやすくいうと正方形タイルの1辺が5cm以下のものです。サイズが小さく、狭い箇所や部屋の部分的に貼る場合に用いられます。

部屋のどこに貼るべき?~水廻りにモザイクタイル編~

モザイクタイル

モザイクタイルを貼るのにおすすめなのが洗面室やトイレといった水廻り。もともとタイルは水の耐久性が高いので水廻りの空間に適しています。職人さんに一から作ってもらう造付けの洗面台やトイレなどでは、水跳ねによる汚れや壁の腐食などを防ぐための一つの策として、水を受けるボウル廻りの壁に貼るのですがオススメです。狭い面積・空間でも微調整もしやすいモザイクタイルだと綺麗に決まります。洗面台では特に正面に立つと自然と視界にタイルが入ってきます。そのタイルがお気に入りのタイルであればあるほど、洗面台に立った時の時間が楽しくなること間違いなしです。

個性が光る~ニッチにモザイクタイル編~

モザイクタイル

次にオススメなのが、壁の小窓“ニッチ”と呼ばれる場所です。他の壁と揃えてクロスで仕上げるのも統一感が素敵ですが、ここはあえて違う素材のタイル使い、よりお洒落で人目を引く空間のアクセントポイントにするのはいかがでしょう?クロスとタイルの異素材を使った効果により、飾る雑貨や小物をより素敵に見せてくれること間違いなしです。

少しの工夫で大きな差!~タイルの合わせ技編~

また、モザイクタイルは他のタイルとの合わせも無難に仕上げることができます。大きなタイルを貼っている壁の中に、線になるよう小さなモザイクタイルを貼ったり、単調な模様を複雑に変えたりするのもオススメです。同じタイルでも大きなタイルにガラスのような小さいタイルを貼るのか、はたまたツヤが無くマットなタイルを使うのかで与える印象がガラッと変わります。組合せは無限に広がりますね。

モザイクタイル

モザイクタイル

モザイクタイル

モザイクタイル

 

 

空間の仕上げ~こだわりの目地編~

そしてタイルとセットで考えなければいけないのが目地です。目地はタイルとタイルのつなぎ目のことです。

一般的によく見かけるのは白や黒、グレーの目地が多いのですが、目地の色によっては同じタイルを使っても全く違った印象を受けます。最近の目地は色も豊富ですし、効能も様々です。油などの汚れが染み込みにくい目地もあれば、疎水性に改善された目地などもあります。タイルの色に合わせて、空間の雰囲気に合わせて、部屋の用途に合わせて目地にもこだわってみるのもオススメです。

モザイクタイル モザイクタイル

タイル、取り入れてみませんか?

いかがでしたか?タイルは変色や経年劣化などが起こらず、長く楽しめる素材です。タイル自体のメンテナンスは必要ないのですが、付着汚れなどによってせっかくお気に入りで耐久性が高いタイルでも汚れてしまします。使用場所や汚れの種類に適したお手入れ方法でタイルの美しさを保てるようにしましょう。

 

合わせて読みたい

オシャレなタイルおしゃれリフォームの必需品!わたし好みの空間を叶えるタイルまとめ
ここ最近、リフォームしたお家にタイルが使われているのをよく見かけます。貼られている場所はリビング、キッチン、洗面所、玄関など部...

サブウェイタイル人気No.1サブウェイタイルで叶う、ワンランク上のインテリア
リフォームやリノベーションを考えている方にとって、素敵なインテリアこそとても興味深いところですよね。「壁紙や家具はどんなデザイ...