お金・税金

マイホーム購入「これだ!」と思ったときに買える事前準備をしよう!

     
マイホーム購入

マイホームの購入は人生で一度あるかどうかの大きな買い物です。

いいかなと思った土地や住宅が出てきたときに、あなたはすぐに決断できますか?踏ん切りがつかず、購入しようと決めたときにはなくなってしまっていた・・・という経験をした方も少なくないはず。欲しいと思ったその時にすぐに決断するには、事前準備が重要です。自信を持って満足のいくマイホームを手に入れられるよう、不動産のプロがマイホーム購入のポイントを教えます!

購入までの流れを確認

一生に一度の大きな買い物、良い物件が出たからといって焦ってバタバタしてしまい、誤った決断をしてしまったら元も子もありません!

まずは一般的な購入までの流れを確認しましょう。購入までの手続きは以下のような流れで進みます。ちょっと難しいかもしれませんが、大事なことなのでしっかり抑えておきましょう。

1.購入相談(情報収集)・資金計画の作成

探し始めのタイミングで、まずは不動産屋さんに相談してみましょう。不動産の相場を知り、自分の希望するエリアの相場と予算が合っているかどうかを聞いてみましょう。合わせて予算の組み方、住宅ローンについて相談できる不動産屋さんもあります。直前になってあわてないように自分の予算を決めておくことも大切です。予算については次の章でくわしく説明します。

2.住宅ローン事前審査

自分がいくらくらいまで借入できるのか、まずは金融機関で審査をしてみましょう。借入できる金額が分かると物件もより選びやすく、マイホームを手に入れるという実感がわいてきますよね。

3.物件の見学・購入申込み

気になる物件が出てきた不動産屋さんと一緒に物件を見に行きましょう!自分だけで行くよりも、不動産屋さんと一緒に見に行った方がより詳しい情報を聞くことが出来ます。そこで「購入したい!」という物件が出てきたら購入の申し込みをします。これは売主さんに購入の意思表示をするものであり、契約条件の交渉をするためにも必要な手続きです。

4.重要事項説明・売買契約

自分の購入する物件について不動産業者から詳しい説明を受けます。契約内容をよく読んで、分からないところがあればすぐに質問しましょう。大きな買い物なので、納得した上で署名捺印をしましょう。

5.住宅ローン本審査

契約後速やかに金融機関で住宅ローンの本審査を行います。中古住宅を購入し、リフォームを行う場合は工事内容や工事金額を確定しなければならない場合もあるので、売買契約前に再度流れを確認しましょう。

6.ローン契約

本審査が承認となれば、正式に金融機関とローンの契約(金銭消費貸借契約)を行います。

7.残金決済・引渡し(不動産登記)

物件の残代金の決済が終ればいよいよ物件のお引渡しです!所有者を売主から買主の名義に変える登記もその日のうちに行われます。

購入するのにお金はいくら必要?

流れを確認したところで、決めるべきはずばり購入予算。「考えていた予算よりは少しオーバーしてるけど、自分の思い描いていた物件が!!これに決めよう!!」

・・・その決断、ちょっと待った!

マイホーム購入

マイホームの購入は家族との生活を豊かにするための一つのカタチであり、大事なのはそこでの”暮らし方”です。

「毎月の住宅ローンの返済で生活が精いっぱい。車も買換えたいし、旅行にも行きたいけど、そんな余裕はないなあ・・・」そんな生活は嫌ですよね。

では、資金計画をどうやって立てるべきなのか?自分の貯金から住宅購入に充てられる資金を確認し、住宅ローンのシミュレーションを行いながら借入できる金額と返済できそうな金額を調べましょう。予算が決まったら忘れてはならないのが物件の購入代金以外の諸経費。物件の購入には様々な諸経費が発生します。詳しくはこちらの記事をチェックしてみて下さい→「あと200万円必要です」と言われないためのマイホーム諸経費講座

諸経費分を差し引き、物件にかけられる金額を決めるのです!余裕を持った資金計画が立てられれば、新居に好きな家具や小物を飾ったり、貯金をして家族旅行に出かけたりすることもできます。せっかくなら購入後の暮らしも豊かなものにしたいですよね。

ここはいいけどここがダメ・・・「優先順位」をつけよう!

予算が決まり、購入価格がイメージできたところで楽しみにしていた物件の見学です!

マイホーム購入

不動産屋さんから色々な物件を紹介してもらい、どきどきわくわくしながらいざ見に行くと・・・「エリア的には文句なしだけど、もう少し土地が広いといいのにな」「南向きで日当たりばっちり!でも収納が少ないのが気になる」「前に見た物件の方が間取りが好きだった。でも立地はこっちの方がいい」などなど、良いなと思う物件でも迷いが出て決めきれなかった方もいるのではないでしょうか。

家の優先順位

それは自分の条件に優先順位をつけていないから。

土地の広さ、道路、周辺施設、駅までの距離、間取り、外観等々・・・何を重視するのかは見学しながら気づくこともあるかもしれませんが、これも事前に準備しておくといいポイントです。見学前に不動産屋さんと相談したり家族と話し合ったりしながら条件を整理し、優先順位の高い条件で合う物件が出たときは購入に踏み切りましょう!

意外な落とし穴

物件も決まってあとは契約して引渡しを待つのみ。土地の購入であればどんな家を建てようか想像したり、住宅の購入であればどんな家具を置こうか、どんな風にリフォームしようかとイメージする、楽しい時間が待っています。

最後に抜けがないか確認しましょう!

・自分の親など相談すべき相手に報告はしましたか?

→せっかく自分たちが納得して決めた物件が、契約直前になって親の猛反対を受け直前になってキャンセル・・・これもよく聞く話です。予め相談をしておけば、資金援助の話も出てくるかも?!マイホームを購入したいと思ったら、まずは相談してみましょう。

・健康状態は大丈夫ですか?

→住宅ローンを組む際に、銀行の担当者から聞かれるのが「最近病院に通われたことはありますか?」という質問。住宅ローンを組む際はローン専用の生命保険の加入が必要になります。返済能力に問題がなくても服用している薬で借入を断られてしまう場合もあるのです。健康状態の良い悪いはこんなところにも影響が出てくるんですね。

将来の生活を見据えた計画を

土地建物の大きさや周辺環境、住宅ローンの組み方についても、目先の事だけを考えて安易に決めてしまうのは危険です。住宅購入は大きな買い物ですから、軽い気持ちで「買っちゃおう」とはならないと思います。将来の様々なライフイベントを想定し、住宅購入に向けて進めていきましょう。

現在はインターネット上にたくさんの不動産情報が掲載されているので、そこで自分の条件をもとに検索し、情報を簡単に得られるようになりました。しかしスムーズにマイホーム購入を進めるためには、探し始めのタイミングで信頼できそうな不動産屋さんに相談してみることをお勧めします。物件情報を知らせてもらうだけでなく、資金計画や条件整理をサポートしてもらい、納得のいくマイホームを手に入れましょう!

【合わせて読みたい】→ローンの進め方、新築も中古物件購入も同じと思っていませんか?

【合わせて読みたい】→難しいリフォームのローンについて解説します!

【合わせて読みたい】→空き家問題は深刻!でも実は不動産を購入するチャンス!?

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+