リフォーム

無垢の床や漆喰の壁。からだにやさしい自然素材の家!

     
無垢材

みなさんはお家の中で使用されている自然素材といえば、何を想像しますか?

多くの方が「木(モク)」を思い浮かべると思います!

今現在、建築業界・リフォーム業界では「木」以外にもたくさんの素材が使われ工事されています。
単に、「無垢材」「加工材」といわれても、分からない方のために
今回はいくつかのポイントを絞って、『自然素材』についてお話していきます!

無垢と建材、ライフスタイルに合わせたフローリング選びを!

最初にお話させていただきいのが、「フローリング」についてです。フローリングの種類は数え切れないほどたくさんあります。
その中で、「どれがいいのか」と多々聞かれることがありますが、正直困ってしまうのです。
無垢のフローリングやメーカーさんが販売しているフローリング、どのフローリングにもメリット・デメリットは必ずあります。
ここでは「どれがいい」のではなく「どれが合うか」をポイントとして考えてみて下さい。

まずフローリングには大きく分けて、「無垢フローリング」と「複合フローリング」があります。
フローリングについてはこちらの記事でも詳しく書いています。→床材の選び方(フローリング選びのポイント編)

無垢フローリングとは、天然の木を床に貼れるように(施工できるように)切ったり・削ったりして加工したものになります。なので、無垢フローリング
は「木」そのもの100%で、一枚もので施工するようになります。

無垢材

複合フローリングとは、複数の合板を接着剤で張り合わせた合板の表面に、天然木の薄板を張りつけたり、木の模様をプリントした工場で作られた板状のものです。

では一体、多種多様なフローリングでも何が一体違うのでしょうか?

無垢フローリングと複合フローリングの違い

フローリングには、多種多様な性能があります。ここではフローリング選びのメリット・デメリットをお話したいと思います。

無垢フローリングのメリットとして一番に挙げられるのが、「質感」だと思います。本物の木の温もりを、肌で感じることができ、また時間がたつことで「経年美化」といわれる味わいが増すこともあげられるでしょう。

一方でデメリットとして一番に挙げられるのが、、キズに弱いことが上げられます。
また季節の変わり目や湿気などの影響により、天然の木だからこその膨らんだり・縮んだりで反りや割れが起こる可能性があります。

複合フローリングのメリットとして、ホワイト系からブラック系、薄い木目から濃い木目まで様々なバリエーションがあるので、お部屋の雰囲気に合せやすいのが特徴です。 また、傷や汚れに強いなどの機能性を備え、部屋を選ばず、キッチンなどの水回りで使用できるフローリングもあります。

難点といえば、無垢フローリングに比べると若干踏み心地が硬く、自然の風合いが出にくい点があげられます。

sizensozai3

どのお部屋をどの雰囲気にしたいのかによって、フローリング選びも多種多様です。
自然な木の温もりを感じる無垢フローリング・好きな色合いに合わせられる複合フローリング
家族に、暮らしに合ったフローリングを探してみるのも楽しいかもしれませんよ!

現代病を防ぐ?!天然素材の「漆喰」

皆さんのお家の壁の材質は何でしょうか?壁紙?砂壁?珪藻土?
施工性やコストから近年、壁紙(クロス)のお家が増加してきています!

しかし近年、漆喰が注目を集めつつあります。漆喰よりも先に珪藻土が塗り壁として注目を集め、
その後、珪藻土よりも塗り壁としての歴史が古い漆喰が見直されるようになりました。ここでは
漆喰にスポットを当ててお話しさせていただきます。

注目されているポイントとして

まずはじめに『環境に優しい』ことにあげられます。
漆喰は、数千年数万年前の古代の海の貝やサンゴ礁の死骸が固まってできた石灰岩からできています。
なので住宅が最終的に解体されることになっても大地に還っていくことが環境に優しいポイントに挙げられます。

次に、『健康にやさしい』ことが挙げられます。
現代の日本人はその5~6%がシックハウス症候群、もしくはシックハウス症候群予備軍と言われています。
シックハウス症候群とは何か。建物に使われている石油を使った新建材からホルムアルデヒドなどの
VOC(揮発性有機化合物)がもれだして人体に悪影響を与えます。
先ほども話ししましたが現在、日本の住宅の95パーセント以上の内壁が塩化ビニールクロスです。
この塩化ビニールクロスそのものにも塩ビクロスを貼るための接着剤にもホルムアルデヒドなどのVOC数百種類が含まれ、
部屋にいる間、寝ている間ずっと吸い続けている現実があります。
漆喰には、このVOCを吸着・分解する力があるのです。

漆喰には『調湿性』の機能も持っています。お部屋の湿度を調節してくれます。
漆喰が塗られた部屋に入ると空気が澄んでいると感じるのはこの調湿性のためです。

無垢材

壁紙には、コストが安く・お部屋の雰囲気に合わせやすいという長所があります。
コスト的にすこし高上がりにはなってしまいますが、漆喰をお部屋のアクセントとして加えてみるのもいかがでしょうか?
家族の健康の部分も視野に入れ、リフォーム計画を進めてもいいかもしれませんよ!

自然素材と暮らすライフスタイル

皆さんは、「こんな暮らししてみたい!」「こんな雰囲気にしたい!」などどんな妄想をしていますか?
一概に自然素材がいい!建材がいい!とはいえませんが
自然の素材のぬくもりを感じながら、家族の健康も考えリフォーム計画をたてるのも素敵です!

無垢材

 

【合わせて読みたい】→日本人なら木の家に。和モダンにもぴったりの木材の種類を教えます!
【合わせて読みたい】→床材の選び方(フローリング選びのポイント編)
【合わせて読みたい】→健康は良質な眠りから。寝室環境と寝具を整えて健康的な毎日を!

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+