インテリアデザイン

今さら聞けないけど、北欧ってどこ?憧れの北欧インテリア入門編!

     
北欧インテリア

毎日過ごすお部屋をオシャレにしたいと思っている方はもちろん多いはず。でもどうすればいいのか分からない…まずは何から始めればいいの?そんな疑問をお持ちのあなたに。簡単にお部屋を北欧スタイルに近づける方法があるんです。きっと誰かを呼びたくなるお部屋作りに役立ちますよ。

1、北欧インテリアの“北欧”とは

今さら聞けない・・・「北欧インテリアって言葉は知っているけど、実はよく分かっていない…」そんな疑問をお持ちの方はいませんか?北欧インテリアとは、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランドの4国のデザインを指します。

北欧インテリア

実は、有名なデザイナーが多いのも北欧なんです。北欧インテリアの基本はシンプル&機能的。しかしその中でもそれぞれのお国の特徴があります。

デンマーク

…優れたデザインを職人が支える「物作り」の王国。[主な有名ブランド]ケーラー(食器・花瓶)、ルイスポールセン(照明)、ダンスク(キッチンウェア)、HAY(家具・雑貨)

スウェーデン

…テキスタイルや食器など大人かわいいデザイン。[主な有名ブランド]アルメダールス(テキスタイル)、リサ・ラーソン(陶器・雑貨)、イケア(家具・雑貨・テキスタイル)

ノルウェー

…近年再評価されているデザインパワー。[主な有名ブランド]キャサリンホルム(ほうろう製品)、ロロスツイード(ブランケット)、ストッケ(家具)

フィンランド

…ムーミンやマリメッコなどお国柄を主張するデザイン。[主な有名ブランド]マリメッコ(テキスタイル)、アルテック(家具・照明)、フィネル(キッチンウェア)

ご存知のブランドも多いのではないでしょうか。ではこれから、北欧インテリアのポイントを押さえながらどのようにお部屋をプランニングしていくのかご紹介します。

ポイントは3つ!色、照明、収納!

ベースはナチュラル&シンプル。

ナチュラル、シンプル

北欧は寒い地域なので家で過ごす時間が長く、空間作りを大切にしている人が多いんです。基本は、温かみのある木目のナチュラル感と、シンプルなデザイン。その中にアクセントになる色味を加えるだけで、グンとセンスアップした印象になります。北欧は冬の長い夜を楽しく過ごすため、明かりが大切な役割を果たしています。

日本のお家はシーリングライト一灯のみが多いので、キャンドルやスタンドを使って多灯の演出をするとくつろぎ感が増します。

キャンドルの明かり

実用品を見せて収納するのが北欧風。壁を使うことで部屋が広く見え、フックや棚を使ってディスプレイのように飾ればお部屋の一部となりどこに何があるのかもすぐに分かり使い勝手が良くなります。

壁の収納

 

アクセントに人気!流行ブランドのアレ

ドアや壁紙を変えるのは工事が必要になりますが、アクセントとなる小物を一つ加えるだけで気分も雰囲気も変わります。ここでは長期にわたって愛されているデンマークのブランド、ケーラーのご紹介をさせていただきます。フラワーベースやボウル、カップを扱っているブランドで、すべて機械を使わずに作られています。なので一つ一つ色や形に微妙に違いがあり、世界に一つだけの物が手に入ります。電子レンジやオーブンも使用可能です。

ケーラー

ぜひお家に飾って、使ってみてはいかがでしょうか。

大好きな空間で癒しの時間を!

どこか温かみがあり見ているだけでほっこりする色や形、その中にも洗練されている雰囲気が漂う北欧インテリア。意外にも簡単に生活に取り入れられることがお分かりいただけましたか?お好きなテイストのお部屋にして、自分にご褒美をあげているような毎日を過ごされてみてはいかがでしょうか。

【合わせて読みたい】→ほんとに家でキャンドル焚く人いるの?という貴方へ送るキャンドル入門

【合わせて読みたい】→憧れの北欧風おうちカフェでおもてなしするおしゃれな暮らし

【合わせて読みたい】→素敵な家カフェの作り方!「インテリア」×「雑貨」コーディネート術

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+