インテリアデザイン

【一挙解説】なぜ日本のインテリア市場では「北欧」が人気なのか?

     
北欧インテリア

住まいのインテリアを考える上で『北欧』というワードを聞くと、みなさんはどんな空間を想像しますか?

おそらく、全体的に白っぽい空間を想像している人やナチュラルな空間を想像している方が多いのではないでしょうか。

実は、北欧のテイストは「これ!」と形が決まりきっていない、ふんわりしたものだったりします。なので、人によって北欧のイメージは様々なのです。だからこそ、多様なライフスタイルの日本人にとって好まれるテイストなのかもしれませんね。今回は、なぜここまで日本で北欧のインテリアが人気になっているのか、解説していきたいと思います。

北欧のヴィンテージインテリアが愛される理由

北欧インテリア

前述したとおり、北欧テイストには様々な顔があります。サマーハウスのような白を基調にした爽やかな空間や、ナチュラルな木目の床と壁にタイルをあしらった空間など様々です。いずれの空間にも、北欧のヴィンテージ感漂うインテリアアイテムは良いアクセントになってくれます。

また、北欧のインテリアはデザインはもちろんのこと、機能的なモノも多いのが特徴です。イギリスのアーツ・アンド・クラフツ運動、国際的な博覧会など19世紀から20世紀にかけてのデザインの潮流の中で数多くのクリエイターが育成され、1950~1960年代に優れた北欧デザインが次々と誕生していきました。

特にインテリアは限られた空間で常に目にふれても気持ちよく過ごせるよう、細部にまでこだわったものばかりです。時を重ねて木の質感がなめらかになっていくのも魅力です。

広大な敷地がある国と違い木材資源が少なかった北欧諸国で生み出されたものだからこそ、1本の木をいかに上手に使うか、ひとつの家具にどれだけの役割を持たせるかという創意工夫がなされたことが、長く北欧のインテリアが愛されてきた本当の理由です。

北欧インテリアのキーアイテム、「照明」と「椅子」

北欧のインテリアデザインは、ライフスタイルと密接に結びついています。北欧ではあまり外食をする習慣がなく、家族水入らずのディナータイムや友人とのホームパーティーを大切にします。その楽しいひとときの演出に欠かせないのが、そう、照明なのです。

北欧インテリア

また、暗くて、寒くて長い冬が続く北欧での暮らしでは、必然的に家の中で暮らす時間が長くなってしまいます。その時間を快適に過ごすために必要なのが、椅子。北欧の椅子は長時間座っていても疲れない快適な座り心地と飽きのこないしなやかなデザイン性を兼ね備えています。

北欧インテリア

日本のインテリアというと、和室をベースに考えれば椅子は不要、畳に座布団といったスタイルが定番です。最近流行っている和モダンのテイストもそこまで派手なインテリアは取り入れられず、自然素材で作られたシンプルなものが多いですよね。

一見合わなさそうな日本と北欧のインテリアですが、自然素材を好んでいたり、家で過ごす時間を大切にするというスタイルが共通しているからこそ、違和感なく受け入れられるのです。

北欧ならではの環境だからこそ出来た照明と椅子。北欧テイストを住まいに取り入れたいなら必須と言っても過言ではありません。この2つをこだわるだけで、北欧風デザインは飛躍的に良くなるかもしれませんね。

忘れがちな「カーテン」で、ひとつ上の北欧テイストに

とは言ったものの、北欧の人たちがこだわったのは照明と椅子だけではありません。カーテンも北欧ならではの環境でデザインされていったインテリアアイテムのひとつです。緯度が高い北欧地域では太陽の光がある時間が限られています。

そのため、出来るだけ室内に光を取り込めるよう冬の時期でも薄いカーテンを使用しています。その中で、カーテン(主にレース)のデザイン性が洗練されてきたのでしょう。

北欧インテリア

無地で白いレース生地が一般的な日本ですが、ワンランク上の北欧テイストへと近づけるならば、北欧ならではの柄が入った面白いレース生地をつけてみてはいかがですか?

最後に

いかがでしたか?ただ単に「北欧テイスト」と言われてもなかなかピンと来ない方が多いと思いますが、北欧の人がどんな暮らしをしているかを学ぶだけでもこれから北欧テイストを取り入れていくのに参考になるはずです。どのようなテイストを造っていくにしても、どのようなことにこだわって人々が暮らしているのか学びながら、その空間を作っていくことが大切だと思います。

 

合わせて読みたい

北欧インテリア人気テイスト「北欧」とは?今さら聞けない基本をおさらい!
みなさんは「北欧」についてどの位知っていますか?言葉だけは聞いたことがあるけど、実はどんな特徴があって、なにがオススメなのか詳...

無垢材のテーブル木ならではの良さを長く楽しむために。無垢材テーブルのお手入れ方法
木のあたたかみたっぷりの無垢材のテーブル。素敵ですよね。テーブルの買い替えを検討するときに候補にあがる方も多いのではないでしょ...

ファブリックの取り入れ方インテリアは生地で変わる。押さえておきたい"ファブリック"の種類
突然ですが、みなさんは「ファブリック」って何のことか知っていますか?「ファブリック」とは…ベッド、ソファ、テーブルクロスなどに使...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+