家づくり

間取りや機能を再確認! 60代の暮らしに向けた家づくりとは?

     
老後のリフォーム

60代はライフスタイルが大きく変わる時期。「子供が独立して夫婦二人の生活になった」「仕事を定年退職した」「老朽化した住宅設備機器もそろそろ取り換えたい」。

こんな理由から、今後のために思い切って家をリフォームしよう!というシニア世代の方が年々増えています。実は、戸建てでもマンションでも、リフォームの施主となる割合は60代が38.2%と、50代の27.7%に大きく差をつけて、年代別でトップになっているのです。(一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会の平成24年の調査による)

今回は、老後を迎える前に家の間取りや機能を再確認する場合に役立つポイントをいくつかご紹介していきます。安心・快適な暮らしの準備をするための参考にしてみてはいかがでしょうか?

将来の生活に困らない、利便性に特化した家づくり

老後のリフォーム

①間取り

「家族や来客が多かった頃の細かい間仕切りはもう必要ない」という場合には、出来れば普段は広々とゆったり暮らし必要なときだけ間仕切りが出来るように、建具などを上手に使って柔軟な間取りを計画されるのがおすすめです。

また、なるべくシンプルな間取りで動きやすく、掃除がしやすいというのも歳を重ねてゆかれる上では大切なことです。ご夫婦お二人で暮らされる方は、ゆるい間仕切りでお互いの気配を感じられるような設計の工夫が大事です。

さらに、間取りを改善することは、宅内での怪我の防止にも繋がります。複雑な動線(動く経路)や動線が重なり合う場所が狭いというのは危険です。無駄なようですが、毎日よく行き来する廊下などはゆったりとスペースを確保することが大切なのです。

老後の間取り

②バリアフリー

もちろん床の段差は出来るだけ解消しておきましょう。段差があると、ちょっとしたことでつまずいたり将来もし車椅子を使うことになった時には障害になってしまいます。

「バリアフリー」とは、障害となる壁を取り除くという意味で使われます。 建築では、床の段差をなくすことをいう事が多いのですが、それだけではなく 「空気」のバリアフリーも大切です。

③断熱性能

たとえば、部屋は暖かいが、いったん部屋を出て寒い廊下を通って、 さらに寒いトイレやお風呂で着衣を脱がなくてはならないとなるとその温度差が身体に堪えます。出来れば、家の中の場所によって温度差が少なくなるよう、家全体で断熱性を上げることをお勧めしています。

④手すり

手すりの設置も大切です。今は必要なくても将来のことを考えて あらかじめ取り付けておいたり、取り付け位置に下地を入れておいたりすることをお勧めしています。

老後のリフォーム

⑤収納

収納は、皆様がお悩みになる箇所です。収納はただしまえるだけでは不十分です。しまい易く取り出しやすい、という事が大切です。そして、モノを使う場所の近くに収納するということも重要です。使いやすい収納で、スッキリ暮らすこともある意味「バリアフリー」ということです。

⑥住宅設備機器

60代のリフォームの住宅設備機器においてもっとも重要なことは、「お手入れが簡単」ということです。例えば、キッチンだと食器洗浄器やIHクッキングヒーター、浴室では 浴室暖房乾燥機、トイレでは、ウォシュレットなどです。最新の設備が必ずしも必要ではありませんが、便利な機能もたくさん出てきています。

また、開けた時が重いドアなども、操作が軽いものをお勧めです。 ドアノブなどは、大きめで力の掛けやすいもの、弱い力でも無理なく使えるものを選びましょう。

⑦耐震性能

一戸建てのお住まいのお客様の場合、築年数によっては、今の耐震の基準を満たさない建物があります。これからも長く安心して暮らすためには、耐震性をアップさせる計画も必要です。

そして、建物、特に木造の場合は雨を侵入させないことが重要です。これらのように、老後に備える為の快適性・利便性を重視したリフォームを検討される方が多いですが、それだけでなく自分らしい暮らし方を形にする空間作りもプラスして考えたいものですね!

一緒に住む家族。みんながストレスフリーに過ごせる間取りが重要

老後のリフォーム

シニア世代が住まいに求めるものとしてニーズが高いのが、趣味の部屋。これは、いわゆる自分のための“専用空間”のことです。夫婦2人の時間が長くなるとはいえ「1人の時間を大切にしたい」「たまには1人になれる空間もほしい」というのが本音ではないでしょうか?

実は、男性よりも女性(奥様)の方が、間取りを考える時にこのような考えを持つ傾向が強いようです。さらに、男性が定年後は家庭に腰を据えて夫婦の時間を過ごしたいと考えるのに対して女性は、継続的に友人との交流や社会との接点を持っていたいと強く望んでいる場合が多いのです。リフォームを検討する場合には、このような家族によって異なる志向を互いによく理解しておくことが大切ですし仮に二世帯同居であれば、子世帯にもよく知ってもらうことが満足できる家づくりの前提条件になっていきます。

夫婦でひっそり暮らすより、多くの人が集まる家に!

老後のリフォーム

子供や孫が遊びにくる。そして賑やかな団欒が始まる。そういった姿を包み込む空間が本当の意味での贅沢な空間かもしれません。

老後のリフォーム

例えば・・リビングダイニングはゆったりとした面積を確保しましょう。ダイニングで使うテーブルは食卓テーブルよりも床に座ってわいわい食事が出来るような足の短いテーブルがおすすめです。(堀コタツにしても暖かく良い雰囲気がでます)

なんだかんだ言っても、今後の維持管理のしやすさが大事

老後のリフォーム

子供が独立し、自分も定年を迎え、これからの時間をどう過ごすか・・・60代のリフォームは、第二の人生と密接に関わってきます。一緒に暮らす安心感や経済的なメリットを求めて、子供との同居を考える人もいれば利便性を優先して、都心部のマンションへの住み替えを考える人もいます。

いずれにしても、長い老後のために住まいで重視するのは「維持管理のしやすさ」でしょう。家屋敷の手入れは、意外と体力を使うもの。この年代になると、実感します。戸建の場合は、外壁材や屋根材を耐久性の高いものにしたり、除雪の負担を減らすためにロードヒーティングや融雪槽を取り入れるといったリフォームがあります。

また、便利さと安全を考慮して、火を使わないオール電化など、設備面の一新も外せません。維持管理のしやすさではマンションに軍配が上がりそうですが、維持管理費や修繕積立金といった諸費用そして修繕箇所や工事時期、頻度などを総合的に判断して選ぶべきでしょう。

耐震・断熱・省エネの性能に特化したリフォーム【再築の家】 詳しくはこちら→【再築モデルハウス】完成までの現場レポート!

自分の人生経験を踏まえた住まい計画を!

いかがでしたか?何はともあれ家づくり(リフォーム)は、「まだまだこれから!」という元気なシニア世代にとって、将来の生活を画期的に楽しくする大きなチャンスです!

間取りプランを作ったり、素材を選択したりするにあたっては、今までの人生の経験や感じてきたことを最大限に生かしていきましょう。新しい家をいかに楽しくするかを考えると、発想がどんどん広がっていきますよね。今までとは少し違った、これから先の新しいライフスタイルを作りましょう!

 

合わせて読みたい

スキップフロアーコンパクトな中に、驚きの大収納も欲しい部屋も、全部ある!
川沿いに建つ、ランダムにあけられた窓が印象的なI邸は、間口4.5m、奥行き12m、約10坪の狭小住宅。しかしそのコンパクトな外観...

家事動線家事が楽になる!家事動線を考えた間取りの取り入れ方
家事をする時って、“〇〇と一緒に/〇〇をしながら”やることが多いですよね。洗面室とキッチンを何度も行ったり来たり…なんてこともある...

家具と間取りリフォームするならまずはここから。家具と間取りの密接な関係
皆さんはお部屋のリフォームをしたいと決めたとき、どのような部分に興味を持ちますか? ほとんどの方が、まずは「間取りから変えたい...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+