平屋
家づくり

日本人なら平屋でしょ!間取りや費用から考える平屋が人気の理由。

夢のマイホームを考える時に一番迷うのが間取りです。平屋か2階建てか、子ども部屋はいくつか、和室は必要かなどなど考えることは山盛りですよね。

しかし熟考して完成した理想のおうちも、実は10年20年経つと「子どもが家を出て2階が物置状態になっている」「階段の上り下りがきついという意見が多いのです。
「家=2階建てというのはもう過去の話かもしれません。長く安心して暮らせる住まいとして平屋が注目されているのです。

今、平屋がアツい?

平屋

かつて日本住宅は平屋が主流でしたが、狭い土地を有効に活用するために2階建や3階建の家やアパート、マンションなどが多くなっていったのです。昔は当たり前だった平屋が貴重な存在になったわけです。

住環境研究所の調査では、「老後の理想の住宅」として平屋を希望する人が46.9%にのぼりました。※【2010年9月22日公開 株式会社住環境研究所】アンケート調査「老後の理想の住まい」より

確かにお客様から「2階をなくしたい」「2階が物置になっている」という話はよく耳にします。元気で若い頃は問題ないかもしれませんが、高齢のご夫婦は階段無しやバリアフリーや、多様なライフスタイルを満喫できる家を求めるのはごもっともです。平屋なら2階にエアコンを取り付けないので光熱費を抑えられる点も人気の理由と言えるでしょう。

平屋に住むメリットとは?

平屋にももちろんデメリットはあります。
「1階だと周りからの視線が気になる」とか「奥の部屋は日当りがあまり良くない」という点が主なデメリット。この解決方法はのちほど紹介するのでご安心ください。
逆にメリットを解説すると

1.移動が楽

2階がないので階段を登り降りする必要がなく1階だけで用が済みます

2.家族内でのコミュニケーションがとれる

2階があると子どもも親も自分の部屋で過ごす時間が長くなり、会話も少なくなってしまいます。1階ならワンフロアーなので家で孤立する場所がなく、家族が自然とリビングに集まりやすくなりますよ。

3.スペースが有効活用できる

階段がない分、間取りをコンパクトにして収納を増やすことも可能です。せっかく2階を作っても使わなかったら無駄な空間になってしまうのはもったいないですよね

4.リフォーム費用を抑えられる

もし外壁などのメンテナンスが必要でも建物が低いので複層階の建物に比べて安く済みます

5.風通しがいい

2階は上下階で空気が循環しにくいですが、平屋住宅の場合は窓を開ければ空気が家全体にいきわたり、風通しは最高です

6.開放的な家になる

天井を高くとることができ、開放的な印象になります

どのような間取りにすれば?

平屋のデメリットに「奥の部屋の日当たりがよくない」があると記載しましたが「天窓」という対策があります。天窓が部屋の中央にあるだけで大分明るくなるのです。

平屋の採光

平屋の間取り

また、間取りを考える上でもう一部屋欲しいという場合は天井を高くとれることを利用してロフトを設置するのがおすすめ。ロフトは日当たりもよいので子ども部屋に最適な空間になります。

平屋にロフト

できます!2階建てを平屋に減築リフォーム

2階建ての一般的な住宅も、子供の独立と夫婦二人の年齢を考慮し2階を取っ払って「平屋にリフォーム」した方もいます。

平屋にリフォーム

平屋にして、天井を屋根なりに上げたことで、天井高のあるとても広々としたLDKができました。天井を高くすることで空間に余裕が生まれるのが平屋の大きな利点と言えます。

平屋リフォームの詳しい記事はこちらから→【実例】平屋って憧れ!2階の減築リノベーションで叶う理想の住まい

住みやすさを重視した夢の平屋へ

夢のマイホームが完成しはいいけれど、導線が悪く無駄なスペースだらけの住みづらい家にならないように「家は2階建て」という概念を取り払い、平屋という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。ぜひ将来のことも考えて後悔のない住みやすいマイホームを手に入れて下さい。