対面キッチン
リフォーム

憧れの対面キッチン!リフォームで作る対面キッチン基本の3パターン

ひと昔前は、北側の暗くて寒い部屋の壁際に置かれていたキッチンでしたが、現在では居室の中心にキッチンを配置するような間取りも増えているんです。実は、昨今ではキッチン本体もインテリアのひとつと捉える考え方が出来てきたのはご存知ですか?

これはLDK(リビング・ダイニング・キッチン)空間という、3つの用途の部屋をひとつにするという間取りが徐々に主流になっていったことが主な理由として挙げられます。そして、キッチンの中でも根強い人気があるのが”対面キッチン”。ひとくちに対面キッチンといっても、キッチン本体にいくつか種類があります。そこで今回は、それぞれのキッチンの紹介と、対面キッチンにした際のメリット・デメリットをご紹介します。

1.壁付型キッチン

壁付用のキッチンです。キッチンの背面が化粧されていない(見せて良い面ではない)ため、対面キッチンとして使用するには背面が隠れるような造作工事が必要です。

対面キッチン

<メリット>

  • 対面型キッチンに比べて、安価なものが多い
  • キッチン背面の造作部分の自由度が高く、オリジナリティがある

<デメリット>

  • フラットタイプの対面にするのが難しい
  • 背面が造作となるため、キッチン単体としての統一感がなくなる

対面キッチン

対面キッチン

 

2.対面型キッチン

こちらは、対面キッチン専用のものです。背面が収納やカウンターになっています。こちらの場合配置するだけで対面キッチンになるので、造作工事が不要です。

対面キッチン

<メリット>

  • メーカーによって、様々な種類がある
  • フラット対面が可能となり、より開放的な空間を作れる

対面キッチン

<デメリット>

  • 対面型キッチンに比べて、高価なものが多い
  • 既製品であるため、自由度は低い

3.造作対面キッチン

システムキッチンという上記のように全てがセットになっているものとは違い、ひとつひとつのパーツを自分で選んで作るものです。

対面キッチン

<メリット>

  • すべてのパーツを自由に選べるため、自分の家にあったサイズのものを作ることが出来る
  • 希望する用途に合わせて、機能を足し引きできる
  • 選ぶ材料によっては、費用を抑えられる

<デメリット>

  • 選ぶ材料によっては、費用が多くかかる
  • 造作となるため、メーカー保証などがつかない

キッチンで最高のLDKを!

さて、キッチンの選び方・作り方についてご紹介してきました。こだわるポイントは人により様々ですよね。現在、キッチンリフォームをお考えの方は、どのキッチンが自分に合っているのかを見極めてリフォームを成功してほしいと思います!

対面キッチン以外の配置については、こちらをご覧ください。

キッチンのプランニング理想のキッチンを手に入れる3つのプランニングアドバイス!
住宅設備をリフォームする際、最も悩むのはキッチンではないでしょうか。 トイレやお風呂は場所さえ決まればあとは機能とデザインを選...

 

合わせて読みたい

キッチンのデザインキッチンのデザインを選ぶコツ!
キッチンを選ぶとき、あなたはどこから何を基準に選びたいですか? 重視するところはそれぞれだと思いますが、実際にキッチンをカスタ...

キッチンリフォーム【実例】築20年のキッチンが大変身!ママも安心の間取りとは?
“築20年”の家と聞くと「家を建ててそのくらいなら、比較的まだ新しいのでは?」と考える人もいるかもしれません。実際のところ、私もそ...